話題

話題

将来は鎮痛剤が不要に?痛みを軽減する遺伝子発見

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、A Woman Who Feels Virtually No Pain Due To Novel Gene Mutation
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

482 views

読了時間 : 約1分46秒

・スコットランドの71歳の女性は、恐怖や不安をほとんど感じず、傷は通常よりも早く治癒する。
・彼女は、不安や痛みの原因であると考えられている遺伝子活性を低下させる特定の遺伝子型を持っている。

 

聴覚障害者や盲ろう者が、聴覚と視覚を中心に組織された世界での生活にどのように適応しているかについての話をよく耳にします。しかし、他の重要な感覚を失っている方の話はあまり聞きません。

 

痛みを感じなくなったことを想像したことがありますか?実際にスコットランドに住む女性でそういう方が存在します。 71歳のジョーキャメロンは恐怖や不安をほとんど感じず、怪我をしてもいつも早く治るのです。

 

65歳のとき、彼女は股関節の変性関節疾患を患っていましたが、彼女は痛みを経験しませんでした。翌年、彼女は手に痛みを伴う手術を受けましたが、手術後の痛みは報告されていません。彼女は歯科手術後も、生涯にわたって鎮痛剤を服用したことはありませんでした。

 

彼女がそうなった経緯とは??

最近、Devjit Srivastava博士はキャメロンの痛みの感受性を診断し、彼女が不安と痛みの原因であると考えられている遺伝子活性を低下させる特定の遺伝子型を持っていることを発見しました。

 

オックスフォード大学とロンドン大学ユニバーシティカレッジの研究チームは、遺伝子検査を実施し、2つの重要な突然変異を発見しました。

 

1.偽遺伝子の微小欠失(まだ広範囲に調査されていない);研究者はそれをFAAH-OUTと名付けた。
2.FAAH(脂肪酸アミド加水分解酵素)酵素を扱う隣接遺伝子の変異。

 

FAAH遺伝子は、記憶、気分、および痛みの感覚の中心となる内在性カンナビノイドシグナル伝達に関連しています。一方、FAAH-OUTは、以前は機能しない遺伝子であると考えられていました。ただし、FAAHの発現に影響を与える可能性が高いです。

 

FAAH遺伝子を持たないマウスは、恐怖消去記憶を強化し、創傷治癒を促進し、痛みの感覚と不安を軽減しました。キャメロンは同様の特徴を経験します。彼女はまた、キーのような通常のことを忘れることが多いと述べました。これらは、エンドカンナビノイドシグナル伝達の増加とすでに相関している記憶喪失の兆候です。

キャメロンが60代後半まで自分の状態に気づかなかったのは、非常に驚​​くべきことです。彼女は自分が感じる痛みがどれほど少ないかについてあまり心配していませんでした。

 

この研究は他の方々にどう役立つのか

研究者は現在、キャメロンと協力して、偽遺伝子へのより多くの洞察を得るために細胞サンプルでさらなる実験を行っています。キャメロンのような人々は、研究者が痛みの感覚に対する遺伝子変異の影響をよりよく理解するのを助けることができるので、臨床研究にとって価値があるかもしれません。

 

鎮痛剤を服用する代わりに、患者の50%が手術後に重度から中等度の痛みを経験します。これらの発見は、これらの患者(世界中で毎年300人以上の患者が手術を受ける)に救済を提供するだけでなく、創傷治癒を加速する可能性があります。

おすすめ新着記事

おすすめタグ