話題

話題

第2次大戦の空爆、衝撃波が宇宙まで到達

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、World War II Bombs Sent Shockwaves To The Edge Of Space
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

160 views

読了時間 : 約2分1秒

・科学者たちは、第二次世界大戦で使用された重爆弾による衝撃波が宇宙の端で検出されたことを明らかにした。

・これらの衝撃波は、上層大気のイオン化の電子濃度を下げるほど強力であった。

 

研究者たちは現在、成層圏の温暖化、地殻変動活動、雷雨、宇宙天気、太陽変動などの自然の力が地球の電離層にどのような影響を与えるのかを調査しています。地球近傍空間を分析する技術の最近の進歩にもかかわらず、各力の個々の影響を検出することは依然として困難です。

 

自然の力に加えて、人口爆発は地球の上層大気に影響を与える上で重要な役割を果たします。最近、英国のレディング大学の研究者は、ヨーロッパの都市に投下された重爆弾によって発生した衝撃波が、英国上空の電離層(高度1,000キロメートル)にまで到達するものだったことを明らかにしました。

 

人工爆発物が宇宙の端にどのような影響を与えるかを見るのは驚くべきことです。各爆撃は300回以上の落雷のエネルギーを発生させました。研究者たちは、スラウ(イギリスの町)上の電離層のF2層の反応を測定することにより、地球の上層大気への地上のかく乱の影響を研究しました。 そのような応答を測定するために、彼らはスーパーポーズエポック分析と呼ばれるデータ分析技術を使用しました。

 

電離層応答記録

研究者はラジオ研究センターから毎日の記録(1943-1945年)を集めました。彼らは、上層大気のイオン化の電子濃度を知るために、高度100〜300 km(地球の表面上)に一連の無線パルスを送信しました。

 

電離層の特性は太陽活動の影響を大きく受けますが、現代の技術ではそれらのすべてを正確にモデル化することはできません。GPS、電波望遠鏡、警告レーダーなどの技術が電離層に影響を与えることはわかっていますが、第二次世界大戦中の無線通信への影響の程度は明らかではありません。

 

研究者は、電離層の電子濃度が、ヨーロッパでの152機の重爆撃の衝撃波のために大幅に減少したことを発見しました。 これは、向こうの上層大気を加熱し、イオン化の枯渇を増加させた可能性があります。

 

第二次世界大戦中のそのような攻撃の継続的な性質と生き残ったデータを入手する可能性の低さは、これらの爆発物の影響が自然の影響から与える影響と別々に判断することを非常に困難にしました。

 

記録によると、4エンジンの飛行機は、グランドスラムという名前の10,000kgの地震爆弾を含む重い爆弾を搭載していました。一部の航空機は推奨高度を超えて飛行したにもかかわらず、衝撃波によって損傷を受けました。

この研究では、このような反応を生み出すのに必要な爆発物の最小質量は明らかになりませんでしたが、100トンを超える高爆発物を使用した襲撃により、スラウ上空の電子濃度が低下することが観察されました。

 

1メートルトンのトリニトロトルエン(TNT)は、4.184×109ジュールの爆発エネルギーを運びます。これは、大きな稲妻のストロークとほぼ同じエネルギーです。 雷は季節サイクルで発生するため、同様のプロセスが、電離層F領域の電子濃度で観測された季節異常の原因である可能性があります。

 

今後

人工爆発に対する電離層E層の反応を調査することで、このプロセスに関与するメカニズムに関するより多くのデータが得られます。著者らは現在、戦争中の数百回の小さな爆発の影響をよりよく理解するために、以前の大気情報を必要としています。これは、最終的に、地球の上層大気内で応答を引き起こすのに必要な最小量のエネルギーを特定するのに役立ちます。

おすすめ新着記事

おすすめタグ