話題

話題

歴史上最悪な25件の航空事故について振り返る

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、25+ Worst and Deadliest Airline Disasters in History
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

105 views

読了時間 : 約7分9秒

事故は日々、突然起こるものですが、そこまで致命的なようには思えないでしょう。航空輸送は、すべての輸送媒体の中で最も安全な形態と見なされています。

 

一方、航空事故はまれですが、完全に致命的です。これらの致命的な事故を防ぐために技術をより高度にし、将来の空の旅をより安全にするのに日々整備や改善がされています。航空事故のほとんどは70年代から90年代の間に発生しています。テロによる航空事故は記事に含んでいませんが、以下に過去最大の航空事故について記させて頂きます。

 

26.ラウダ航空004便

1989年9月23日、バンコクからウィーンへの定期便が、飛行中に2つに分割されました。223人全員(10人の乗組員を含む)が空中で死亡しました。この事故は、元F1チャンピオンのニキラウダが原因追求につとめたことで注目を集めました。逆推力がクラッシュの原因であると考えられています。

 

25.チャイナエアライン611便

2002年5月25日、チャイナエアラインのボーイング747はそのルートから外れ、離陸後わずか20分で台湾近くの海に墜落しました。206人の乗客全員と19人の乗組員が墜落事故で亡くなりました。チャイナエアラインに就航した最後のボーイング747旅客機でした。175人の乗客の遺体だけが回収されました。

 

24.大韓航空801便

画像引用:ウィキメディア

 

大韓航空801便は、アントニオ国際空港への旅行中の1997年8月6日に墜落しました。グアムの合衆国領土への墜落でした。254人中228人が死亡しています。重傷を負って墜落を生き延びたのは26人の乗客だけでした。墜落の理由は明確ではありませんが、7000万ドルの金額が死者の家族に支払われました。

 

23.エールフランス447便

写真提供者:abcnews

 

2009年6月1日、エールフランス447便は、リオデジャネイロからパリに向かう途中で姿を消しました。数分後、飛行機は大西洋に墜落。ボード上で12人の乗組員を含む228人全員が死亡した事故でした。ボーイング330航空会社に関連した2番目で最も致命的な航空機事故でした。調査の最終報告には、墜落の理由の証拠がありません。

 

22.スイス航空111便

スイス航空111便は、ジョンケネディ国際空港からスイスのコイントリン国際空港への定期便でした。1998年9月2日、岸から8km離れた大西洋に墜落。14人の乗組員を含む229人全員が墜落事故で亡くなりました。それはマクドネルダグラス旅客機の最高の死者数でした。

 

21.TWAフライト800

画像引用:ウィキメディア

 

1996年7月17日、TWA800はレオナルドダビンコ空港に接近していました。トランスワールド航空またはTWA800が空中で爆発し、大西洋に墜落しました。4年間の調査の結果、事故の原因は燃料タンクの爆発であると結論付けられました。212人の乗客全員と18人の乗組員がボード上で死亡しました。

 

20.ガルーダ国際線152便

ガルーダ国際線152便は、スマトラ島のスカルノハッタ空港とポロニア空港間の国内線でした。1997年9月26日、航空機はメダンの山に墜落しました。経験豊富なパイロットによる操縦でしたが、1997年の暴風雨によりコントロールが出来ない状況でした。234人全員が墜落で死亡し、48人の死体は特定されず、集団墓地に埋葬されました。

 

19.1996年エアアフリカ墜落

画像クレジット:  snipview

 

エアアフリカ墜落事故は、1996年1月8日、航空機がN’Dolo空港の滑走路をオーバーランしたことで市場に突入し、事故が発生しました。航空機は市場で237人を殺し、500人以上を負傷させています。6人の乗組員全員が墜落を生き延びましたが、航空機墜落によって非乗客の死者を出した最大の事故であります。

 

18. MH 370

マレーシア航空のフライトまたはMH370は、クアラルンプール空港から北京国際空港への定期旅客便でした。2014年3月8日、航空機は航空交通管制でシングルを失い、離陸後1時間以内に姿を消しました。航空機は、14カ国からの227人の乗客と12人の乗組員を含む239人を乗せていました。2014年3月8日以降、飛行ゴミの証拠はなく、墜落現場もまだ発見されていません。もし事故として発見された場合、これは最近の歴史の中で最も致命的な航空事故の1つになります。

 

17.アロー航空1285便

墜落現場で見つかった迫撃砲の砲弾: ウィキメディア

 

アロー航空1285便は1985年12月12日に墜落しました。それはフォートキャンベル空港への接近中でした。離陸直後、同機は滑走路で約半マイル燃えています。墜落により、8人の乗組員を含む256人全員が死亡しています。調査報告によると、事故の原因は爆発の可能性があるが、爆発の原因は不明である。

 

16.ニュージーランド航空901便

1979年11月28日、ニュージーランド航空901便が山に衝突し、搭乗していた257人全員が死亡しました。この事故はエレバス山の災害としても知られています。最初の報告では、事故はパイロットのミスが原因であると結論付けられました。一方で他の調査報告では、災害前夜に飛行座標が変更され、乗組員はそれを知らなかったと報告されています。

 

15.ナイジェリア航空2120便

ナイジェリア航空2120便は、サウジアラビアからナイジェリアへのチャーター旅客機でした。1991年7月11日、離陸直後に機体が墜落し、機内で261人全員が死亡しました。調査報告書では、2本のタイヤが最小圧力限界を下回っていると結論付けました。同機には火災センサーが装備されていなかった。滑走路を走っているときに、電気系統とともにタイヤが発火した模様。

 

14.チャイナエアライン140便

画像引用:lessonslearned

 

チャイナエアライン140便は、中国の定期旅客機でした。1994年4月26日、パイロットのミスにより滑走路に墜落した。271人のうち、15人の乗組員を含む264人が船上で死亡した。着陸直前に、パイロットが離陸ボタンを押すと、離陸時に翼の位置が変わり、機体が地面に墜落した。

 

13.アメリカン航空587便

画像引用:noaaニュース

 

2001年11月12日、アメリカン航空587便がニューヨークのクイーンズ近くのベルハーバーに墜落しました。乗船していた260人全員が地上で他の5人とともに死亡しました。事故は9.11の攻撃からわずか2か月しか経っていなかったので、誰もがこれがテロ行為である可能性があると考えました。しかし、その後、NTSBは、航空機の舵に問題があることを確認しました。

 

12.大韓航空007便

大韓航空007便は、ニューヨーク市からソウルへの手配便でした。1983年9月1日、航法システムの不備により、フライトはわずかに北にずれて北朝鮮に入りました。旅客機は日本海のモネロン島近くのソビエト迎撃機によって撃墜されました。246人の乗客全員と23人の乗組員が殺害されました。当初、ソビエト連邦は飛行機に関する知識を否定し、彼らをスパイするために飛行機を送ったとして米国を召喚しました。飛行機についてはまだいくつかの論争と欺瞞の理論があります。

 

11.パンナム航空103便

画像クレジット:ウィキメディア

 

パンナム航空103便は、フランクフルト空港からデトロイト空港への定期便でした。1988年12月21日のテロ攻撃により破壊されました。機内では259人全員が機内で死亡し、地上では11人が死亡しました。手荷物エリアが何時間も壊れていた間、爆弾の入ったバッグがフランクフルト空港に置かれました。爆弾を航空機に置いた人についての証拠はありません。飛行機の破壊に関しては多くの理論があります。

 

10.アメリカン航空191便

引用:ウィキメディア

 

アメリカン航空191便は、オヘア国際空港からロサンゼルス国際空港への定期旅客便でした。1979年5月25日、シカゴからの離陸からわずか数分後に飛行機が墜落しました。乗客258人、乗組員13人、地上2人を含む、合計273人が死亡しました。この最悪の事故は、飛行機の不適切なメンテナンスが原因で発生し、その結果、制御が失われたのが原因のようです。

 

9.イラン航空の墜落事故

イランの航空事故は2003年2月19日にイランのケルマーンの近くで発生しました。航空機はザーヘダーン空港からケルマーン空港に飛んでおり、特殊部隊であるイスラム革命防衛隊のメンバーを乗せていました。悪天候で着陸している間、パイロットはコントロールを失い、飛行機は墜落しました。257人の乗客と18人の乗組員を含む275人全員が殺されました。これは、イランで最も致命的な航空機事故です。

 

8.イラン航空655便

イラン航空655便は、テヘランからドバイへのイラン民間便でした。1988年7月3日、航空機は米海軍のミサイルによって撃墜されました。274人の乗客と16人の乗組員を含む290人全員が殺されました。米国政府は、民間航空機を攻撃戦闘機として誤って識別したと述べました。和解後、米国は犠牲者の家族全員に6200万ドルを支払うことに同意したが、イランに謝罪することはなかったようです。

 

7.マレーシア航空17便

画像クレジット:abcnews

 

マレーシア航空17便は、アムステルダムからクアラルンプールへの旅客便で、2014年7月17日に墜落しました。この事故で283人の乗客全員と15人の乗組員が死亡しました。アメリカの諜報筋によると、ロシアは地対空ミサイルを使って飛行機を撃墜したが、ロシアはウクライナ政府を非難している。最終報告書は2015年半ばに発表されたようです。

 

6.サウディア163便

サウディア163便は、パキスタンのクエイドエアザム国際空港からサウジアラビアのジェダ国際空港への定期旅客便でした。1980年8月19日、リヤド空港からジェッダ空港への離陸後、同機が発火した。同機がリヤド空港に緊急着陸した後、287人の乗客全員と14人の乗組員が死亡した。これは、墜落事故を伴わなかった最も致命的な航空災害の1つです。

 

5.エアインディア182

エアインディア182は、1985年6月23日に爆弾によって破壊されたボーイング747旅客機でした。大西洋に墜落し、307人の乗客と21人の乗組員を含む合計328人が死亡しました。容疑者のほとんどはシーク教徒のコミュニティのメンバーであり、インドのパンジャブでの1984年の暴動の復讐のためにインド軍に対する攻撃を計画しました。彼らに対する強力な証拠がなかったので、すべての容疑者は無罪であるとわかりました。

 

4.ターキッシュエアラインズ981便

ターキッシュエアラインズ981便は、トルコのイスタンブールからロンドン国際空港までの予定でした。飛行は1974年3月3日にフランスで墜落したマクドネルダグラスタイプの航空機でした。墜落の理由は、減圧により貨物ドアが制御を失ったことのようです。335人の乗客と11人の乗組員を含む合計346人が死亡しました。

 

3.チャルキダドリ衝突

写真:ロイター

 

チャルキダドリ衝突は、1996年11月12日に、インドのハリヤーナ州のチャルキダドリ村で発生しました。関与した2機の航空機は、ニューデリーからサウジアラビアへのルートであるサウジアラビアの航空会社と、カザフスタンからニューデリーへのルートであるカザフスタンの航空会社でした。衝突は航空機の349人全員を殺し、それを最も恐ろしい空中衝突にしました。それはインドで起こった最も致命的な航空事故でした。

 

2.日本航空123便

画像引用:lessonslearned

 

日本航空123便は、東京国際空港から大阪国際空港への日本航空の定期便でした。1985年8月12日、壊滅的な水力障害と整備ミスにより、東京近郊の高天原山で墜落しました。15人の乗組員全員と509人の乗客のうち505人が墜落事故で亡くなりました。これは、日本のこれまでに発生した最も衝撃的な事故の1つでした。

 

1.テネリフェ島の災害

テネリフェ空港の災害は、1977年3月27日に発生した史上最悪の航空会社の災害です。これは、スペインのロスロデオス空港での2台のボーイング747旅客機間の致命的な衝突でした。グランカナリア空港での爆弾攻撃の後、ロスロデオス空港に向けられた便はほとんどありませんでした。

 

墜落は、(ロスロデオス空港での)大量の航空会社の交通と濃い霧によって引き起こされました。その事故で飛行機の中で583人が死亡しています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ