話題

話題

PR

痛ましいながらも失敗は成功のもと!スペースシャトル打ち上げ失敗例ワースト10

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、10 Worst Space Shuttle Launch Failures
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

182 views

読了時間 : 約3分45秒

宇宙の研究は、ビッグバン理論のあらゆる側面を研究するための重要なものです。それは実に困難な作業であり、高度な宇宙探査技術を必要とします。世界には数多くの宇宙研究機関があり、多くの宇宙ミッションが成功裏に完了しています。その一方で、数千の宇宙ミッションのうち、数百は失敗しています。

 

初期の宇宙船のほとんどは、技術の貧弱さゆえに墜落しており、どの宇宙機関も過去の失敗から学んでいます。中には、致命的な結末で失敗し、多くの人々が犠牲になったものもあります。この記事では、歴史上最も悲惨なスペースシャトルの打ち上げ失敗例をいくつかご紹介します。

 

10. アポロ1号、1967年1月27日

写真出典:Wikimedia

 

アポロ1号は、アメリカの宇宙飛行士による初の月面着陸ミッションでした。この宇宙船は1967年2月21日に打ち上げられる予定でしたが、結局飛行することはできませんでした。最終打ち上げ日の3週間前、宇宙船は火災に見舞われたのです。3人の乗組員全員が、打ち上げリハーサル中にキャビンで死亡しました。調査チームは、内部の機器に複数のアーク放電が発生していた証拠を発見しました。これは史上初の宇宙へのミッションであり、宇宙技術に大きな影響を与えました。

 

9. ソユーズ3号、1968年3月27日

写真出典:Wikimedia

 

ソユーズ3号は、ソビエト連邦が1968年10月26日に打ち上げた宇宙試験飛行ミッションです。打ち上げの7カ月前、ユーリ・ガガーリン【宇宙飛行士】とウラジーミル・セリョーギン【テストパイロット】が、操縦中のジェット機が発射場近くに墜落したことにより、死亡しました。彼らはソユーズ3号のミッションの準備中に亡くなったのです。長い間、事故の正確な理由は誰にも分かりませんでした。最近(2011年4月)になって、事故の原因は気象観測気球の欠陥であったという報告がなされています。

 

8. ヴァンガードTV3、1957年12月6日

写真出典:Wikimedia

 

ヴァンガードTV3は、人工衛星を地球の低軌道に打ち上げるアメリカ初の試みでした。1957年12月6日にケープカナベラルで衛星の打ち上げが計画されていました。スペースシャトルのエンジンが始動すると、衛星は上昇を始めました。2秒後、衛星は推力を失い、地上に落下しました。その後、燃料タンクが爆発し、発射台が破壊されました。事故の正確な原因は不明ですが、タンク燃料の圧力低下が原因と考えられています。現在、この衛星の残骸はスミソニアン航空宇宙博物館に展示されています。

 

7. X-15高高度極超音速実験機、1967年11月15日

写真出典:Wikimedia

 

1967年11月15日、マイケル・ジェームズ・アダムスはX-15機を離陸させ、テスト飛行を行いました。数分後、高度81kmに達したとき、突然機体が故障し始めました。上空70kmで機体内部の空気力学的圧力が上昇し、マッハ5(時速6000km以上)の危険なスピンに入ったのです。研究者によると、彼はおそらく地上80kmで死亡したということです。

 

6. アポロ6号、1968年4月4日

写真出典:Eet

 

アポロ6号はアポロ計画の2番目のミッションです。サターンVを打ち上げるための、最後のアポロテストミッションでした。打ち上げは順調だったものの、それ以外は計画通りにはいきませんでした。発射から2分5秒後、ロケットはポゴ振動【燃焼の不安定性によって引き起こされる液体推進剤ロケットの自励振動】によって損傷したのです。

 

燃焼の不均一による推力の不均衡が原因でした。ロケットはなんとか宇宙に到達しましたが、5基のエンジンのうち3基が停止し、ミッションを完了することはできませんでした。エンジン点火装置の燃料ラインの破裂が失敗の正当な理由と考えられています。

 

5. ジェミニ9-A号、1966年2月28日

写真出典:Etsy

 

訓練の日、ジェミニ9-A号の乗組員が、宇宙船の着陸に失敗して死亡しました。悪天候の中、着陸しようとしていたのです。墜落したのは、空港近くのマクドネル・エアクラフト社の工場でした。緊急着陸で乗組員は2人とも死亡しました。この事故について真実の説明はないものの、スペースシャトルの打ち上げミッションには大きな影響を与えました。

 

4. ソユーズ1号、1967年4月24日

写真出典:Astronautix

 

ソユーズ1号はソビエト宇宙計画の1日の宇宙飛行ミッションです。地球周回軌道を18周することに成功した後、技術的な問題に見舞われました。パラシュートの故障により地上に墜落し、乗組員のウラジミール・コマロフが死亡しました。これは宇宙飛行史上初の死亡事故でした。複数の情報筋によると、墜落の原因はパラシュートの故障であると報告されています。

 

3. サリュート宇宙ステーション、1971年6月30日

写真出典:Wikimedia

 

ソユーズ11号は、最初の宇宙ステーション、すなわちサリュート宇宙ステーションにおける唯一の有人ミッションでした。宇宙ステーションから宇宙飛行に再突入する準備中にキャビンが開き、乗組員たちは死亡しました。これは、地球大気圏外で人間が死亡した最初で唯一のケースでした。3名の乗組員、ゲオルギー・ドブロヴォルスキー、ヴィクトル・パツァエフ、ウラディスラフ・ヴォルコフの遺体を見つけるために、回収チームが宇宙に派遣されました。報告書によると、3人全員が窒息死(呼吸に問題があった)だったということです。

 

2. チャレンジャー号、1986年1月28日

写真出典:Wikimedia

 

スペースシャトル・チャレンジャー号は、打ち上げから73秒後に吹き飛ばされました。世界中の多くの人々がテレビで生中継を見ていました。宇宙船は完全に破壊され、7人の乗組員全員が死亡したのです。宇宙船の部品の半分以上は、現場から回収されることはありませんでした。調査チームは、ブースターから燃料タンクに高温のガスを通すOリングに欠陥があることを発見しました。

 

1. コロンビア号、2003年2月1日

写真出典:Wikimedia

 

スペースシャトル・コロンビア号の事故は、いちばん最近の、そして最も致命的な宇宙打ち上げ失敗のひとつです。このスペースシャトルは大気圏再突入中に破壊され、乗組員7名全員が死亡しました。打ち上げ時、発泡断熱材が燃料タンクから剥離していたと推定されています。調査チームは、構造破壊につながった熱保護システムの損傷を発見しました。スペースシャトルはバラバラになり、遺体は現場のいたるところで塊となって回収されました。

おすすめ新着記事

おすすめタグ