デザイン

デザイン

【マーケティング考】モバイル広告の最新注目トレンド!「リターゲティング」のすすめ

123 views

モバイル広告料の上昇に伴って、リターゲティング広告に注目が集まっています。

つまり、まったく新規の客をターゲットにするよりも、むしろ一度なんらかのアクセスのあった人に広告を出すマーケティング手法です。

この記事では、このリターゲティング広告について解説していきたいと思います。

 

モバイル市場の近況

 

データ通信料は2016年以上の勢いで上昇しています。

理由としては、

①トラフィックソースの獲得競争

②モバイル市場独特の巨大企業同士の競争

③マーケットの進化

の3つが挙げられます。

特にモバイル市場に進出する企業の増加に対し、デバイスの売り上げが追いついておらず、これが新規のユーザ不足につながっています。

こうした状況を踏まえると、モバイルデベロッパが既存のユーザベースに注目するのも納得です。

 

どんな時にリターゲティングが必要か

 

イニシャルユーザを獲得する段階ではリターゲティングは必要ありません。

UA(user aquisition:顧客獲得)活動の増加に伴ってユーザ一人当たりの獲得コストが上昇し、費用対効果の面で行き詰ると、既存ユーザを「呼び覚ます」必要が出てくるのです。

そうなると、リターゲティングの出番です。

1-sFTpL9FJolS3od_SKBGWjg

ところが往々にして、デベロッパの多くは新規のユーザ獲得に注力しがちです。

 

モバイルリターゲティングの課題

 

デベロッパがリターゲティングを軽視してしまうのには、いくつか理由があります。

 

まず、リターゲティングは簡単なタスクではありません。

トラッキングを行ったり、ターゲットのクライテリアを絞り込んだり等、やらなければならないタスクが非常に多く時間もコストもかかります。

また、こうしたタスクは定期的に繰り返す必要があります。様々なソースと連携していかなければ目標を達成できません。

アプリがリターゲティング対象のデバイスに既にインストールされている場合はディープリンクを活用する方法もありますが、これには詳細で綿密なトラッキングが求められるため、これにはデベロッパがトラッキングプラットフォームに対して深い理解を具えていることが必要になります。

ディープリンクが必ずしも思い通りの働きをしてくれるとは限りません。キャンペーンが成功しないケースもあるでしょう。

 

さらに、リターゲティング広告を企画する難しさも課題のひとつです。

ユーザセグメントを詳細に分析するなど、新規ユーザの獲得よりも複雑な条件を考慮しなければなりません。

 

それでもリターゲティングの時代がくる

 

現在のリターゲティングは理想とは程遠いものかもしれませんが、この手法が今後、現在のマーケットが直面している課題に対するソリューションを提供してくれることは、確かと思われます。

環境とツールさえ整えば、かなりの成長が期待できるはずです。

一度、方法を考えて見ることも無駄ではないでしょう。

 

(※本記事は、Retargeting is expected to be the leading trend in mobile ad-tech in 2017を翻訳・再構成したものです)

関連記事

おすすめ記事