マーケティング

マーケティング

【進むクラウドのコモディティ化】BigQuery Omniはデジタル広告業界のソリューションとなるか

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、How digital advertisers can navigate the updated cloud solutions from Google
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

611 views

読了時間 : 約3分39秒

Googleは先日、データにマルチクラウドアナリティクスをもたらすソリューション「BigQuery Omni」を発表しました。このソリューションにより、デジタル広告主は、Google Cloud、Amazon Web Services(AWS)、Azureにまたがってデータを分析できるようになります。さらに、ユーザーがBigQueryのユーザーインターフェースから離れる必要がないため、費用対効果が高いと言えます。

 

BigQuery Omniは、Googleが昨年運用を開始した、Anthosを初めて利用したものです。Anthosを使うと、サービスをパッケージ化して、どのクラウド上でもシームレスに実行することが可能になります。つまり、GoogleはAnthosを利用し、AWSのマシン上でBigQueryを実行しているということです。BigQuery OmniがAnthosを活用している今、私たちはクラウドに一歩ずつ近づいています。

 

業界ではクラウドのコモディティ化を活用したソリューションを開発し続けていますが、ガバナンス、ユーザーの複雑さ、サービスレベルアグリーメント(SLA)を誰が所有するのかなど、多くの課題が残されています。

 

これらの最近の変化により、デジタル広告主は、手動でデータをあちこち移動させる代わりに、単一のツールを使用してデータを調べることができるようになりました。このソリューションが一般的な広告主にとって、興味深いものであるかどうかは、発生する追加コストに対する関連データの量によって異なります。

 

 

コストと効率性

 

 

BigQueryが導入されたとき、データウェアハウス形式でデータにアクセスするためのプロセスが作成されたため、データを迅速かつ低コストでスケーリングできるようになりました。今やBigQuery Omniは、パブリック・クラウド間で保存されたデータを分析するのと同じ方法をとっています。

 

この特定のプロセスを説明するために、データがAWSに保存されており、広告主がデータ分析を実行したいと仮定します。Omni以前の広告主は、データのインポートを定期的に実行し、データ移行の整合性を確認し、2つのリポジトリ間で同期しを行い、更新をスケジュールするためのシステムを設計・開発・運用しなければなりませんでした。

 

このため、時間をかけてプロセスを維持・監視したり、クラウドから出るデータ量が通常ボリューム単位で課金されるため、ネットワークの転送コストがかかったりと、無駄なコストが発生していました。

 

BigQuery Omniを使用すると、一貫性がすでにあるため、追加の開発コストが不要になります。また、ネットワーク転送コストも削減され、クエリ結果のみがネットワークを通過し、クエリ結果は通常、処理されるデータセット全体よりも小さくなるため、ネットワーク転送コストも削減されます。

 

 

データマネジメント

 

新しいBigQueryインターフェースでは、データの取り扱いがより効率的になります。広告主は、Google BigQueryを通じてGoogle Cloud、AWS、Azureに保存されているデータにアクセスできるため、データをコピーしたり、他のクラウドソリューションから移動したりする必要がありません。ユーザーはBigQuery Omniの結果をプラットフォーム内に保存できるため、クラウド間の移動が不要になります。

 

企業がクラウド・プロバイダーにコンタクトを取る際には、セキュリティ、プライバシー、コンプライアンス、サービスの継続性などの保証内容を詳細に分析します。異なるプロバイダーにまたがるサービスの保証が必要な場合、事態はさらに複雑になります。

 

例えば、企業がセキュリティ監査を実施したり、認証を見てみたい場合、複数のクラウドから情報を探すのは困難でしょう。BigQuery Omniの場合、かなりの部分がAWS上にあるか、GCPにあるか、またはBigQuery Omniにある可能性があります。

 

おそらく、BigQuery Omniのユーザーは、すでに各クラウドプロバイダーと契約を結んでいるでしょう。このハイブリッドセットアップはどのように適合するのでしょうか?広告主はハイブリッドサービスのSOC 2レポートの完全版を取得するために誰に依頼しなければならないのでしょうか?交渉された特定のリベートを考慮すると、処理速度の面ではどのようなことが期待できるのでしょうか?

 

企業は、セキュリティ監査やその他の証明書を見てみたいと思うでしょう。マルチクラウドサービスの使用を検討する際には、契約の所在を把握しておきましょう。BigQuery Omniと契約する場合、要件の大部分はAWS上にあり、顧客としては、ユーザーが直接すべての詳細にアクセスできない可能性があります。

 

 

ガバナンス

 

BigQuery Omniは、ガバナンスに関するユーザーの複雑さを緩和する方法をすでに提供しています。標準のクエリ言語(SQL)と同じBigQuery APIを使用することで、ユーザーはデータのサイロを打破し、ビジネスのインサイトを1か所で分析できるようになっています。残念ながら、これは解決の糸口に過ぎません。

 

企業のデータが異なるクラウドに保管されている場合、クラウドごとに異なるチームが存在する可能性が高く、各チームは、おそらく独自のプラクティスや慣習を持っており、必ずしも一貫性があるとは限りません。

 

データセットをOmniにオープンするには、ツールやプロセスの一部に慣れていないユーザーのために、公開されているメタデータやドキュメントの調整が必要です。

 

全体的に、GoogleのBigQuery Omniのようなクラウドソリューションは、BigQueryユーザーがAWSでホストされているデータにアクセスして安全に分析するのを支援することを目的としており、間もなくAzureも含まれる予定です。これは、少なくとも最も一般的なニーズのために、クラウド・プロバイダーの競争が、実際のパフォーマンスの戦いから、使いやすさと高レベルの機能比較へと移行しつつあることを示すもう一つの兆候です。

おすすめ新着記事

おすすめタグ