マーケティング

マーケティング

【5Gを駆使したOTT/CTVと広告】その先に見えるもの

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、5G-powered future of OTT entertainment and advertising: What is on the horizon?
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

823 views

読了時間 : 約2分57秒

スマートホームブームは、「コネクティビティを強く求める」声の増加において、重要な役割を果たしています。5Gサービスの開始が迫る中、コネクティビティとコンテンツの消費は次のレベルに向かっているように見えます。

 

人口増加とモバイルデバイスの増加が5Gの採用を急速に推し進めるする原動力となりつつあります。エリクソンは、2025年末までにモバイルデータトラフィックが5倍に増加すると報告しています。5Gは、多数のデバイスへの対応を確保するとともに、ユーザーがデジタルコンテンツを扱う際に直面する問題に対応することが期待されています。

 

これは、特に連続して動画コンテンツを視聴することに関連しています。5Gは、コンテンツの転送を強化、よりスムーズで連続的なものにし、遅延をなくすことを約束しています。さらに、5Gが家庭により良い接続性をもたらす可能性を秘めていることから、消費者は5Gをより熱心に採用するようになると思われます。

 

5Gが変革と新たな機能をもたらすもう一つの大きな分野は、OTTです。現在、米国の家庭の80%が少なくとも1台の接続テレビデバイスを持っており、この数は増え続けています。さらに、総視聴時間は近年大幅に増加しており、現在、米国の視聴者は週に約40億時間のOTTコンテンツを消費しています。OTT/CTV環境はすでに多くの面で雪だるま式の成長を遂げていますが、5Gは広告関連を含め、さらに必要不可欠な機会をもたらします。

OTT産業への影響

 

より速く、より良い次世代の接続は、エンターテインメント業界内の多くのアプリケーション領域で技術的な進歩を促進します:スポーツの体験ためのVRビデオ、音楽を聴くためのHMDや電話から、マルチゲームストリーミング、OTTプラットフォームを介したコンテンツとの対話まで、明確に、5Gの即効性を見ることになるでしょう。

 

まず第一に、5G接続があれば誰でも高帯域通信機器への莫大な投資なしにコンテンツ制作者になることができるようになります。動画コンテンツ制作者は、これまで以上に高品質の視聴者にアクセスできるようになります。また、5Gの速度と機能は、広告主にとって全く新しい世界を切り開くことになります。広告待ち時間を約1ミリ秒レベルで削減し、広告主が見込顧客に対し、コンテンツのストリーミング中に、バッファリングの終わりを表示できるようにすることが期待されています。

 

5GネットワークがOTT業界にもたらす最も注目すべき変化の1つは、固定ワイヤレスアクセスベースの映像伝送です。その他に考えられる改善点としては、動画配信の延長や、家庭の大画面に高品質の動画を届けることが挙げられます。視聴者数の拡大に比例してこれらの大画面が増えると、OTTキャンペーンの需要も高まるでしょう。

 

その上、帯域幅の可用性と信頼性の向上により、バス、電車、または外出先のどこにいても、タブレットやスマートフォンでフルHD、さらには4K-8Kストリーミングで動画を視聴することが可能になります。

 

 

変革に向けての

 

しかし、5Gのポジティブな成果はすぐに目に見えるものではありません。5Gが世界中で採用されるようになってから、5Gの本当の効果を実感するまでには、ある程度の時間を要するでしょう。その上、5Gが約束した高速化、カバレージの向上、画面上で前例のないコンテンツの品質などに関しては問題は無いでしょう、しかし、プライバシーという強化が必要なデリケートな領域もあります。

 

視聴者は、コンテンツへのアクセス性をよりコントロールしたいのと同じくらい、自分のデバイスのプライバシーとセキュリティの向上を求めています。しかし、現在のユーザープライバシーでは、悪質なサイバー犯罪者がセキュリティの万全では無いテレビを介して、ユーザーのデバイスにアクセスできる余地があるとして、それらの抜け穴をなくすための対策が講じられる必要であることが分かっています。

 

通信事業者、OTTストリーミングプラットフォーム、コンテンツ制作者、広告主など、5Gエコシステムに関わるすべての人にとって、プライバシーは最優先事項であることは明らかです。

 

プライバシーの問題に対処する必要性に加え、明日の5Gの互換性のために、今すぐにでも取り入れなければならないことがあります。厳密には、メディア業界の主要プレーヤーは、新しい制作技術とメディアフォーマットの試行を行い、マルチキャストの限界を探り、5Gによって生み出されたデータ入力に基づいて、より正確なターゲティングのモデルを作成する機会を探っています。

 

 

次に何が来るのか

 

5Gが本格的に展開された後のインターネットTVの状況を正確に予測するのは、現段階では早計です。しかし、5Gは今後も視聴者をストリーミングに誘い込み、映像コンテンツを消費するの主要なソース化すると思われます。

 

したがって、OTT/CTVは、データストリーミングの速度、信頼性、ビデオ配信機能の拡張など、5Gの導入によって最も恩恵を受ける分野の1つであると思われます。より堅牢なデジタルソリューションへと移行し、5Gが施行される前に準備をするには、今が絶好のチャンスです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ