マーケティング

マーケティング

SNSマーケティング戦略のポイント【今年はTwitterよりInstagramに注力すべき…?】

392 views

ソーシャルメディアでのブランドマーケティングはもはや定番ですが、なかなか目立つことができず、有名ブランドの影に隠れてしまうものも多いでしょう。ソーシャルメディアで大きなインパクトを与えるのに必要なのはがむしゃらな努力ではなく効率なのです。

 

2017年における最新のソーシャルマーケティング事情を紹介しますので、これを参考にあなたのマーケティングを最適化させてください。

 

 

 

2017年のソーシャルメディアの姿

Clutchの調査によれば、小規模ビジネスの24%はソーシャルメディアを使用しておらず、8%は将来も使うことはなさそうだと回答しています。ソーシャルメディアを使ったマーケティングが当然のようになっていることを考えれば驚きの数字です。

これは、ソーシャルメディアによって期待できる売り上げやコンバージョンの向上を過小評価していたり、ターゲットとなる顧客がソーシャルメディアをあまり使っていないと決め付けていることが要因となっているようです。しかし調査では69%の人々が何らかのソーシャルメディアを活用しており、たとえ小規模ビジネスにおいてもソーシャルを活用しない手はないと言えます。

 

 

 

・適切な時間を使おう

ソーシャルメディアに費やす時間は多すぎても少なすぎても効果は薄くなります。費した時間と努力のわりに売り上げが伸びないこともよくあります。こうした失敗を避けるには、次のことに気を付けてください。

 

  1. 1.各アカウントを分析して時間配分を決めましょう。絶対の法則はありません。分析した結果FacebookよりTwitterの方が効果が高そうだと判明したら、早急に変更を行いましょう。
  2. 2.常にホットなプラットフォームに追従しましょう。たとえばTwitterはその将来が不安視されている一方、最近はInstagramが急激に成長しています。トレンドを把握し、一番盛り上がっているプラットフォームには必ず参加してください。
  3. 3.結果を分析して調整しましょう。ソーシャルメディアは変化の激しい世界です。エンゲージメントを分析し、柔軟に変更を行いながら調整を続けてください。

 

 

 

・効果を最大化するには

同じ時間努力をするのなら、そのリターンは大きな方がいいですよね?ソーシャルメディアでもこれを目標にしてください。ユーザーがシェアしたくなるコンテンツを提供することでより多くの人々に情報を届けることができます。そのためには、次のアドバイスに従うといいでしょう。

 

  1. 1.ユーザー好みのコンテンツを作りましょう。内容を調整して、ユーザーが求めるものにします。彼らはコンテンツが自分たちのために作られていると感じると、それを家族や友人とシェアしてくれるようになります。
  2. 2.アドバイスや解決法を提供しましょう。ユーザーはよくある問題の解決法やアドバイスを求めてウェブを検索しています。ターゲットとなるユーザーが抱えるよくある問題を把握し、こちらから解決法を提供してください。
  3. 3.ウェブサイトとソーシャルメディアを紐付けて、コメントやシェアを簡単にできるようにしましょう。ハッシュタグをつけることでより便利になります。

 

 

ソーシャルメディアを上手に活用するブランドは、ユーザーの求めるものを的確に提供しています。限りある時間と労力を効率よく使い、ユーザー好みのコンテンツを提供するよう努めてください。常に調査と調整を続けて、あなたのブランドにぴったり合う手法を見つけましょう。

 

 

 

※本記事は、A Realistic Look at Social Media Marketing in 2017を翻訳・再構成したものです。

関連記事

おすすめ記事