その他

その他

PR

AIで作った新しいスポーツSpeedgate

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Speedgate | World’s First Sport Invented By Artificial Intelligence
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

143 views

読了時間 : 約1分46秒

・研究者は、リカレントニューラルネットワークを使用して、新しい身体型ゲームを開発しました。

・ネットワークは何千ものゲームを分析し、ルールやロゴなど、新しくスポーツのあらゆる側面からアイデアを生み出しました。

 

RankRedでは、自動運転車や電子機器、自然言語処理、動画の認識・編集などに採用されている人工知能についての記事をよく書いています。今回、研究者はこれまでとは違うものを発表しました。AIを使って、新しいスポーツを発明したのです。

 

AKQA(1994年に設立された民間企業)の開発者は、機械学習の技術を駆使して、Speedgateという名前の楽しいゲームを開発しました。これは、AIが想像し、人間が動世界初のスポーツです。

 

Speedgateは、チームワークとパスボールで得点を競う、楽しくて体を動かすゲームです。誰でも簡単にプレイでき、運動不足の解消にもなります。

 

ニューラルネットワークを構築する

学習しやすく、身体的に魅力的なゲームを作るために、400以上のスポーツ、7,300以上のスポーツルール、10,000以上のブランドイメージに対して、深層畳み込み生成逆説ネットワークとリカレントニューラルネットワーク(フィードバックループを持つ人工神経ネットワークの一種)を訓練しました。

 

彼らはNVIDIA Tesla GPUを使用して、ニューラルネットワークと推論をトレーニングしました。このネットワークは、ゲームプレイやルールからロゴに至るまで、この新しいスポーツのあらゆる側面についてアイデアを生み出すことができました。

 

ネットワークでは、Speedgateの公式ロゴがいくつか出てきました。開発者はそれらに目を通し、ロゴの形や配色などからインスピレーションを得ました。従来のテキスト中心のスタイルを超えた、まさに好例と言えます。

 

また、開発者は、GPU技術によって、より短い時間で多くのユニークな機械学習の貢献を達成し、最終的に最高の結果を得ることができたと認めています。

 

スポーツの最終形

1,000以上の結果を分析し、10個のアイデアに絞り込み、そのうちの3個をフィールドでテストしました。ほとんどのスポーツで、爆発するフリスビーゲームや水中パルクールなど、わかりやすい説明がありました。また、熱気球の中で綱渡りしながらボールを往復させるというものもありました。

 

そして、ラグビー、クリケット、サッカーの要素を取り入れたユニークなSpeedgateが生まれました。

 

First Sport Invented By Artificial IntelligenceSpeedgate

ルールは簡単で、各チーム6人で、フィールドの中央またはエンドゲートにパスまたはキックでボールを入れることができます。フィールド中央の円を越えてはいけません。ボールは3秒ごとに移動しなければいけません。

 

プレーヤーは、ボールを蹴ってどちらかの方向からゲートを通せば2点、チームメイトが得点ボールをキャッチしてすぐにまた蹴って通せば3点入ります。興味がある人は、自分でリーグを立ち上げる方法と、スピードゲートのルールが公開されています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ