マーケティング

マーケティング

「ビジネスパーソン」の6割がショッピングサイトにアクセスしている意外な場所とは?

188 views

スマートフォンの普及により「いつでも/どこでもWebサイトが閲覧できる環境」が整ったとはよく言われますが、これの裏を返せば「ユーザーはどういう環境でコンテンツに接触しているかわからなくなった」とも言えます。

 

そんなモヤモヤにヒントを与えてくれそうな調査レポートが 株式会社メトロアドエージェンシーから発表されました。

 

ビジネスパーソンのショッピングサイト利用環境とは?

同調査レポートによると、鉄道利用時におけるビジネスパーソンの「ショッピングサイト」閲覧状況は下記です。

 

・ビジネスパーソンの6割が駅・電車内でショッピングサイトを閲覧

・「週1以上の閲覧 39.8%」、「月1以上の閲覧 51.9%」

・平日1日のショッピングサイトへの平均アクセス時間は26分

・1割の人は1日1時間以上アクセスしている

 

結構ビジネスパーソンの皆さんが電車・駅でショッピングサイトを楽しまれている状況が見て取れます。

さらに実際「購買」行動を起こしている割合を見ると、

 

・全体の47.7%が電車・駅構内にて購買経験あり

・「週1以上の閲覧 7.7%」、「月1以上の閲覧 29.0%」

・平均購入金額は「10.470円」

 

となっているようです。また「閲覧/購買」経験ともに若年層になるほど高くなる傾向が見られたそうです。

 

ちなみに電車・駅構内でどんな商品を「閲覧」しているかと言うと、

 

leisure

 

全体では「衣料品 47.5%」が最も多く、男性は「家電・AV機器 55.7%」女性は「衣料品 62.2%」となりました。

 

また実際に電車・駅で「購入」にいたったアイテムは、

 

buy

 

全体では「本・マンガ 26.6%」が最多で、男性は「本・マンガ 27.6%」女性は「衣料品 29.6%」でした。

 

同レポートでは、「帰宅後にパソコンやスマホなどで購入することがある(65.8%)」であることから、「駅や電車内で商品を“見て楽しみ・検討”し」、「自宅で“購入”する」ケースが多いと分析しています。

 

このことを踏まえると、ビジネスパーソンにとって「駅・電車内」はそのショッピングサイトに置かれている商品との「ファースト・コンタクト」の場として少なからず活用されていることがわかります。

 

さらに言うと、電車内でユーザーは着席できていると限りませんので、じっくりと商品詳細のテキストを読ませるより、画像や明確なコピーを効果的に用いて自宅に帰ってからも商品名が「想起」できるような戦略の方向性が見えるのではないでしょうか。

 

ビジネスパーソンをターゲットとしたマーケター・ECサイトオーナーはぜひご参考ください。

 

 

 

▼本レポートの全文はこちらからご覧になれます。

http://www.metro-ad.co.jp/service/marketing/report/detail/id=371

 

 

■調査概要

調査方法:インターネットリサーチ

調査地域:1都3県(東京、埼玉、千葉、神奈川)

調査対象:東京メトロを週3回以上利用する20~50歳代の電車通勤者

回収サンプル:合計600サンプル

男性勤め人 :未婚150S、既婚150S、女性勤め人:未婚150S、既婚150S

調査期間  :2016年3月28日(月)~3月31日(木)

 

株式会社メトロアドエージェンシー

http://www.metro-ad.co.jp/

関連記事

おすすめ記事