マーケティング

マーケティング

iPhoneの広告の時計が10:10ではなく、必ず9:41になっている理由。

485 views

AppleがiPhoneやiPadを紹介するとき、必ず時間を「9:41」に設定していることをご存知でしょうか?

普通ショーケースに並べられる時計は10:10ですよね。街で見かける時計の広告はほとんどが10:10で統一されているかと思います。この理由は、ほとんどの時計には12時の位置にメーカーのロゴが入っているので針が邪魔にならないようにしているという説や、時計盤の左右対称のデザインが美しく見えるという説など諸説あります。

しかし、Appleの公式のiPhoneの画像は9:41になっているのです。

 

実はある時期までは9:42でした。

故スティーブ・ジョブズが2007年に初めてのiPhoneを発表した時間が9:42だったのです。それ以来9:42はAppleにとっての歴史的な時間として製品広告の画像で利用されることになります。当時のAppleでは、プレゼンが開始した約40分後に空気をガラッと変えるような発表を行うことが多かったそうです。

 

9:42はその3年後に9:41になります。それは、ジョブズが始めてiPadを紹介した時間でした。2010年以来Appleは9:41をiPhone、iPad、そしてMacにまでフィーチャーしています。

9:41はAppleにとって思い出の時間だったのですね。

 

一方、Apple Watchに関しては必ず「10:09」を採用しています。多くの企業が10:10を使っているのに、10:09を使う理由は何なのでしょうか? 考えられている説としては、他社よりも1分早めることで、Appleが時代を先取りする意思を暗に示しているというものや、単純に10:10よりも対称性が高いというものがあります。

確かに細かいところにこだわりを見せるAppleらしい理由かもしれません。

 

 

この記事は「This is why it’s always 9:41 in Apple product photos」を翻訳・参考にしています。

関連記事

おすすめ記事