プログラミング

プログラミング

日本最大級のハッカソンイベント「Yahoo! JAPAN Hack Day 2017」最優秀賞に輝いたのは?

193 views

80チーム、320名が参加した日本最大級のハッカソン「Yahoo! JAPAN Hack Day 2017」が週末行われました。最優秀賞に輝いた作品とは?

 

ヤフー株式会社は、日本最大級のハッカソンイベント「Yahoo! JAPAN Hack Day 2017」を2月4日(土)、5日(日)に開催しました。

 

クリエイターたちが24時間でアプリやIoTハードウェアなどの「動くプロトタイプ」を開発し、プレゼンテーション、デモ展示を実施しました。

 

最優秀賞は、レゴブロックで作った迷路がVRでゲーム体験できるアルカナラボの「まよいの墓」!
201702071654

 

最優秀賞を勝ち取ったチームアルカナラボにはHack Dayの象徴であるポリゴンローズを模ったトロフィーと、副賞としてシリコンバレーツアーが贈られました。

 

審査委員長であるヤフー株式会社 執行役員 チーフモバイルオフィサー 村上臣氏から受賞のポイントが語られました。

 

VRを使ったゲームですが、ただのゲームではなくて、レゴブロックで迷路のコースを作ってカメラで画像認識したものがそのままゲームになっていて、しかもゲーム中にタブレットでいたずらをしてコースを変えることができるというものです。VRゲームは孤独な部分があって、周りの人は見ているだけでつまらないところを、VRの中に外からちょっかいを出せるようにしたという点が非常に新しいですし、誰でも使えるレゴブロックでコースを作るという点もすごく工夫されていました。24時間でそれをすべて作り切って、かつ楽しく遊べるものにしたという総合力が、審査員の間で最優秀賞にふさわしいという評価になりました。欲をいえばレゴブロックを動かしてリアルタイムにちょっかいが出せると最高です。多分やろうとしたんだろうなと思いつつ時間もありましたので。継続開発でそこまでやってもらえるとかなりいいものになると思います。今後も期待しています」

 

代表者は「全く予想していなかったので、マフラーも巻きっぱなしですけど、本当にうれしいです。村上さんも言われた通り、本当はレゴを動かして邪魔できるようにしたかったのですが、影やテカりの問題で24時間以内に収まらなかったので、次はどんどん進化して遊べるようにしたいと思います」などとコメントを寄せました。

 

学生部門の最優秀賞は温度で服を選んでくれるIoT作品!
201702071653

 

学生部門ではUEC InSillicoの「Tokichiro」が最優秀賞を受賞しました。

 

村上審査委員長「ハンガーがモーターで温まって、かわいいサルが気温に応じた適切な洋服を選んでくれるという作品でした。今IoTといわれる、モノとネットサービスを融合した作品が時流をとらえていましたし、非常に凝った部分がありました。天気に応じて動く作品はハッカソンでよく見るのですが、新規性として、ヒーターと反射率の分析で、服の保温性まで選んでくれるというのがすごく新しく、そこまでこだわって作ったのは私も初めて見ました。その部分が審査員の中で非常に評価が高く、学生部門 最優秀賞となりました。本当におめでとうございます

 

PCの前にいるあなたも審査員になれる!もうひとつの特別賞Happy Hacking賞!

 

審査員の審査とは別に、会場での一般の方の投票とオンライン投票、出場チームによる投票、出場チーム自身にて公開されるYouTubeとニコニコ動画の1か月の再生回数により審査されるHappy Hacking賞が設けられています。

 

審査期間は3月4日(土)まで。最優秀賞獲得チーム以外で競います。結果は3月20日(月)に発表予定だそうです。

 

競合クリエイターたちの新たな開発を審査してみては?

関連記事

おすすめ記事