サービス

サービス

Pepperが鍵になる? 法人向けPepperの顔認証のソリューションが続々登場。

506 views

一般販売モデルPepper(家庭用)には家族の顔を認識する顔認証システムが搭載されています。家族登録をおこなうと、Pepperが名前を呼んでくれたり、伝言機能を利用することができるようになっています。一方、法人向けの顔認証サービスに関しては現在「coming soon」の状態です。

 

WS000000

画像引用元:Softbank HP

 

法人向けPepperに顔認証機能が搭載されるようになると、受付のスムーズ化や個人対応の接客など、利用の幅が大きく広がると考えられます。

 

本日、Pepperの法人向け顔認証機能に関して新たなソリューションが一気に2つ発表されました。

 

顔認証で鍵の開閉をおこなう

スマートロックの開発をおこなう株式会社ライナフは、Pepperを活用した鍵の開閉システムを開発しました。これまでスマートロックというと、スマートフォンアプリや電話を使った鍵の開閉が主流でしたが、今回ライナフが新たに開発したシステムは「Pepperを使った顔認証による鍵の開閉」です。Pepperと会話し、顔が認識されるとスマートロックが開錠されます。

このシステムはシニア向けの見守りサービスとしても応用が期待されています。Pepperと会話しながら鍵の開閉をおこなうので、ボタン操作を全く必要としないスマートロックになります。また、鍵の開閉が一定期間なければ、事前に登録をしていた関係者に連絡がいくといったサービスもあり、シニアだけでなく、子どもの見守りシステムとしても利用できるでしょう。

自宅に限らず、オフィスや店頭に置くことで違った使い方も考えられます。
 

顔認証で性別や年齢を推定する

通貨処理機など、通貨の認識・識別技術を開発しているグローリー株式会社がみずほ銀行とともに提案するPepperの新たなアプリケーションは、顧客目線でここに銀行があれば便利だと思われる様々なロケーション(コンビニ、駅、病院、介護施設など)にPepperを設置し、銀行業務をおこなうというものです。

みずほ銀行八重洲口支店で9月1日から1ヶ月にわたって開催される展示では、グローリー株式会社の顔認証技術を活用した、ユーザーの年齢と性別を推定するシステムを構築しているとのこと。

顔を見ただけで年齢と性別を推定することができれば、ビッグデータの収集方法としてはかなり効率の良いものとなるでしょう。

 

いまは様々な企業が個別にPepper向けの新しいアプリケーションを開発しています。

次々と新しいソリューションが生まれてくるので、日々のPepperの進化には目が離せません。

 

 

▼株式会社ライナフ

http://linough.com

▼グローリー株式会社

http://www.glory.co.jp/

関連記事

おすすめ記事