サービス

サービス

2千円で気になるワードの“つぶやき”をAIが解析!新ソーシャルメディア解析ツールが登場

297 views

ソーシャルメディアの台頭により、商品やサービスなどを取り上げた記事だけではなく、その先の消費者の反応までを把握することが重要になってきています。このような背景の元、Twitterに投稿された情報を人工知能(AI)が解析して可視化するというクラウドサービスが登場しました。

 

 

Twitter上での拡散状況を可視化

新サービス「Reaction Monitor(リアクションモニター)」は、気になるキーワードのTwitter上での拡散状況に関して、年齢層・性別・感情やその変化・共起したキーワードなどを可視化することで、マーケティングリサーチ、PR効果測定、自社や競合他社の調査などに活用できるソーシャルメディア分析ツールです。

 

自社名、製品名、ブランド名やタレントの名前など、どのようなキーワードでもつぶやき分析を行うことができます。Twitter上に投稿されたキーワードを含んだツイートを人工知能が瞬時に解析。投稿者の年齢層・性別、感情(「ポジティブ」「ネガティブ」の割合)やその変化、共起したキーワードなど、さまざまな解析結果が、グラフや図などで可視化して提供されます。

 

システム基本利用料(固定費)は無料。1キーワードあたり2,000円(税別)の従量課金制で、オプションサービスとして、コンサルタントによる分析レポート(有料)も提供されます。

 

Reaction Monitor

 

Reaction Monitorの活用例

 

■キーワードにかかるインサイトの把握

自社製品、ブランド、一般的な単語やタレントの名前など、どのようなキーワードでも分析可能。分析対象キーワードを含むツイート数の推移や、その話題を見ることにより、具体的にどのような話題が多くの人の興味関心を集めているのか、知ることができます。

また、関心層や、話題の傾向などの概要を把握することができます。

 

■競合他社とのイメージ比較

自社製品名と他社製品名を分析対象キーワードとすることで、それぞれのTwitterでの出現状況を比較。より客観的な視点で消費者インサイトを探ることが可能。他社の状況に関して、今まさにヒットしている施策についての手がかりを得ることができます。

 

■プレスリリース・イベント効果の分析

プレスリリースやイベントなどを実施した際に、その名前や内容に関するキーワードを分析対象とすることにより、それらの話題の拡散状況を把握。以後のの改善や、広報・マーケティング戦略の立案・見直しに活用できます。

 

サービスについて詳しくは以下のサイトで。

 

Reaction Monitor

http://www.re-moni.jp/

関連記事

おすすめ記事