サービス

サービス

『第10回 キッズデザイン賞』受賞。出産を“女性のイベント”から“夫婦&家族のイベント”へ換えるアプリがリリース

434 views

『第10回 キッズデザイン賞「子どもたちを産み育てやすいデザイン部門」』を受賞した“夫婦で共有できる妊娠記録・妊娠日記アプリ「トツキトオカ」”の提供(無料)が2016年7月10日より開始されました。

 

「十月十日(トツキトオカ)の妊娠期間をもっともっと楽しもう!」をコンセプトに開発された「トツキトオカ」は妊娠期間の夫婦のコミュニケーションをサポートすることに重点を置いた機能が満載の妊娠記録・日記アプリで、開発元のアマネファクトリー株式会社によると現状(2016年7月11日現在)では夫婦で連携できる唯一のアプリとのこと。

 

約280日・十月十日(トツキトオカ)の妊娠期間中、 お腹の赤ちゃんの様子や妊婦の体調を記録するだけでなく、それを夫婦で共有しながら、 妊娠記録・日記を一緒につくって楽しめるところがポイントです。

また、お腹の赤ちゃんの様子をイラストで表現。妊娠週数に合わせて成長する赤ちゃんはアプリを開くたびに仕草が変わるのがなんとも可愛く、オリジナルの名前をつけることもできるので、毎日続けるモチベーションを高めてくれます。

 

sub2

 

妻と夫の各々がもつ不安と不満を、コミュニケーションで解消

 

「妊娠アドバイス」では妊娠月齢にあわせた赤ちゃんの成長や妊婦の体調変化・過ごし方が紹介されますが、夫向けのアドバイスも掲載されており、夫はわからないなりに妻の体調を慮り、声をかけたり配慮した行動をとることができます。また夫から妻へのエールカードを送る機能がついているので、面と向かっては言いづらい励ましや応援も素直に表現することができます。こうした「ちょっとした気遣い」は妊婦さんにとってはとても大事なことで、ただでさえ体調が劇的に変化して不安な思いを抱く妊婦に「一人じゃない」という安心感を与えてくれます。

 

「認識記録・妊娠日記」では妊婦の体調記録や検診記録ができるほか、二人で(三人で!?)●●へ遊びに行ったなど、妊娠期間の思い出を写真ととも記録保存・夫婦で共有できます。

「苦しいのに夫は何もわかってくれない…」「もっと協力してほしい…」という妻の不満や不安。「妊娠中の妻に何をしてあげればよいかわからない…」「自分だけ蚊帳の外で疎外感を持ってしまう…」という夫の不満や不安。この両方を解消し、妊娠・出産を妻の一大イベントから、「夫婦のビッグイベント」に変化させるきっかけを作るのがこのアプリというわけです。

 

さらに、今年の夏リリースの予定で、妊娠期間280日の夫婦の記録をまとめてオリジナルブックにすることができる「トツキトオカブック」のサービスを準備中とか。ブックレットにしておけば、子供が成長していく過程で妊娠・出産という夫婦のイベントが「家族の思い出」へとさらに昇華していくことでしょう。

どんな思いで自分を産んでくれたのか。今まで知る由もなかった両親の愛と苦労を子供が直接知り、命や自分、家族への価値感を高めるよい機会につながればこれ以上うれしいことはありませんね。

sub1

 

夫婦で共有できる『妊娠記録・日記』アプリ「トツキトオカ」

iPhone版:https://itunes.apple.com/jp/app/id995864179
Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.amanefactory.totsukitoka&hl=ja

 

「トツキトオカ」公式サイト:http://www.totsukitoka-apps.com/

 

アマネファクトリー株式会社:http://www.amanefactory.co.jp/

 

キッズデザイン賞Webサイト:http://www.kidsdesignaward.jp/

関連記事

おすすめ記事