サービス

サービス

独居老人を孤独死から守る「見守りコンセント」登場。IoTがつなぎ直す人と人の新たな関係

152 views

IoTの技術が、また人の暮らしを豊かにする製品を生み出しました。

株式会社パワーエレックは2016年7月27日にIoT製品「見守りコンセントWiFi-Plug」の販売を開始します。

独居老人宅の家電を「見守りコンセントWiFi-Plug」に差し込むだけで家電の消費電力を24時間連続監視し、最先端の高機能クラウドサーバーでデータを解析して、不自然な電力使用パターン(長時間ON/OFFなど)を検知した場合、即に親族へプッシュ通知とメールでお知らせします。

 

600万人にのぼる1人暮らしの高齢者問題を「IoT×クラウド」の力で、新しいコンセプトの見守り製品サービスとして、誰でも手軽に利用できるように国内最安値の価格で提供します。

本体は発売記念の期間限定価格8,880円(税別)で販売。サービス利用料は月額360円で、国内最安の見守りサービスを目指します。

 

既存の製品との違いは、以下のとおり。独居老人の安全を見守りたい家族や関係者をあらゆる面でサポートします。

 

mimamori3

 

 

■サービス概要図

mimamori2

 

 

 

 

■機能紹介

 

不自然な電気使用パターンを検知して、プッショ通知とメールでお知らせ

1人暮らしの老人宅家電の長時間ON/OFF等、不自然な電気使用パターン検知して親族へプッシュ通知とメールでお知らせします。(見守り通知メールの受信は最大6件まで追加可能)

 

消費電力で見守るため、高齢者のプライバシーを守ります

高齢者宅家電の消費電力をリアルタイムで可視化(P2P通信)、モニタリングができるので、より確実な安否確認を実現します。

 

過去の消費電力で生活パターンを分析

過去2年間の使用電力をクラウドサーバーへ保存するため、生活パターンの分析やデータ解析など、多様化できます。

 

アプリの「おまかせ設定」で見守りを確実に

WiFi-Plugは家電の消費電力を正確に測定できるので、見守り対象の家電(TV、エアコン、ポットなど・・・)に応じて自動設定できます。また任意による自由な設定も可能です。

 

電気火災と家電事故から守る、緊急時スマホで家電を遠隔OFF

電気火災や家電事故などの重大な事故につながる大電力(1200w/h)を連続使用した場合、プッシュ通知とメールで親族へお知らせして、外出先からスマホアプリで家電を遠隔OFFすることができます。(※2)

 

WiFi中継機能で見守りの用途を広げます

見守りコンセントWiFi-Plugは無線中継機能を内蔵しているため、Webカメラや人感センサー、スマートロックなど、他のデバイスにも繋がり、シニアサービスを多様化します。

 

市販の無線ルーターで大丈夫

専用端末や工事は一切不要です。WPS対応の無線ルーターがあれば、今すぐご利用できます。

 

 

 

■販売店舗
Amazon        :http://amazon.jp/dp/B01EH34FXI/

公式Online ストア  :https://powerelec.stores.jp/items/576a169a00d331e7560019e2

関連記事

おすすめ記事