話題

話題

Appleがリオ五輪に合わせて公開したマヤ・アンジェロウの詩「The Human Family」の意味。

315 views

 

2014年にこの世を去ったアメリカの詩人、マヤ・アンジェロウ。

一昨年の彼女の逝去には多くの人が悲しみに包まれました。

彼女は自叙伝「歌え、翔べない鳥たちよ」で最もよく知られており、マーティン・ルーサー・キングと共に公民権運動に参加した人物として、今なお世界中から尊敬を集めています。

 

Appleがリオ五輪に合わせてリリースしたiPhoneの新しいCMでは、iPhoneで撮影した写真や動画がマヤ・アンジェロウの朗読と共に紹介されています。

 

 

「The Human Family」という詩は、人間の多様性の素晴らしさを謳ったものです。

最後はこう締めくくられています。

 

“We are more alike, my friends, than we are unalike.”

みなさん、私たちは違っているところよりも、似ているところのほうがたくさんあるのですよ。

 

最後に3度繰り返し読まれるこの文章は、たとえ人種、肌の色、目の色、宗教が違っていても、ひとりひとりが違う人間であることは当たり前。それよりも似ているところを見つけてみましょう、という想いが込められています。いまこの時代にも強く心に響く詩だと思います。

 

このCMはリオ五輪の開会式に合わせて流されるそうです。

 
 
以下、引用された部分の「The Human Family」です。

I note the obvious differences in the human family.
Some of us are serious, some thrive on comedy.

I’ve sailed upon the seven seas and stopped in every land.
I’ve seen the wonders of the world, not yet one common man.

I know ten thousand women called Jane and Mary Jane.
But I’ve not seen any two who really were the same.

Mirror twins are different although their features jibe,
and lovers think quite different thoughts while lying side by side.

I note the obvious differences between each sort and type,
but we are more alike, my friends, than we are unalike.

We are more alike, my friends, than we are unalike.

The Human Family by Maya Angelou

 

関連記事

おすすめ記事