話題

話題

エンジニアも腹が減っては仕事ができぬ!朝食の新トレンドはNY発の朝ベジ!

434 views

トレンド総研は、本日、調査レポートを公表しました。2016年グルメトレンドレポート~朝食ブームに新たな波~と題し、内容は野菜をメインとした朝食メニュー『朝ベジ』についてとなっています。

 

『朝ベジ』とは?

 

パンケーキ、エッグベネディクト、アサイーボウルなど、ここ数年、海外発の朝食メニューが話題になっていますが、今年の傾向として、「野菜」メインの朝食メニュー『朝ベジ』が増えています。

 

画像共有サービス・Instagramでも「#morningveggies」「#vegetablebreakfast」などのハッシュタグが人気となっており、野菜がメインメニューの朝食が数多く投稿されています。

 

『朝ベジ』トレンドの背景

 

トレンドウォッチャーのくどうみやこさんによると、野菜をたっぷり使った「パワーサラダ」(野菜・フルーツ・たんぱく質などが一皿でとれるサラダ)や「ブッダボウル」(野菜と雑穀を盛りつけたワンボウルメニュー)など、今年の夏から、「サラベス」や「bills」といった日本の人気店でも展開されブームは飛び火しているとのこと。

 

最近では、テキサス州発祥の朝ごはん「朝タコス(ブレックファーストタコス)」がNYでもブームの兆し。たっぷりの野菜と、煎り卵やベーコンなどをトルティーヤでまるごと包んで楽しむのだそうです。

 

小麦若葉をジュースにして飲む「ウィートグラスショット」や、野菜を煮出してつくる「ヴィーガンスープ」なども海外セレブを中心に広がっているようです。

 

『朝ベジ』に関する興味・関心

 

20~40代女性628名に対し『朝ベジ』に対する興味・関心を聞くアンケート調査も実施したそうで、約9割が『朝ベジ』を試してみたいと回答しています。

 

_prw_PI5fl_Nf1vFBT9

 

また、『朝ベジ』の魅力だと思うポイントを聞いたところ「健康的である」が94%と最も多く、そのほか「ダイエット効果が期待できそう」が55%、「雰囲気がおしゃれである」が53%、「食欲がなくても食べやすい」49%、「自宅でできる」48%などの回答が寄せられたそうです。

 

さらに、86%の方が『朝ベジ』は今後、日本でさらに広がりを見せそうと感じているようです。

 

エンジニアも体力勝負の仕事。朝は苦手な人も仕事のために『朝ベジ』を実践してみては?

関連記事

おすすめ記事