話題

話題

東京駅でネコノミクス?!「ねこ休み美術館」開催。猫クリエイターが新しい作風にチャレンジ

534 views

ますます勢いを増す猫ブーム!猫の特集本は出るわ、様々な猫グッズは売られるわで、その経済効果は、なんと2015年(平成27年)で2兆3162億円という試算も…。アベノミクスも顔負けの「ネコノミクス」なる言葉が出るほど注目されています。

 

ペットとしても人気で、いまや飼い猫の数は、近いうちに飼い犬の数を抜くだろうと予測されているのだそうです。猫パワー、おそるべし…です。

 

さて、このように猫ブームが盛り上がっているこのタイミングで、大丸東京店が、人気の猫クリエイターが集結する合同写真展「ねこ休み美術館」を開催。美術館にテーマを絞った写真や、名画とコラボレートした作品など、「“美術館”דねこ”」をテーマに約200点以上の写真が展示されます!

 

「ねこ休み美術館」は、SNSで人気の猫クリエイターが集結する合同写真展、ねこ休み展(2015年から開催)をベースに、まったく新しい世界観で企画した展示会だそうです。今回の企画では、美術館をテーマに、ねこ休み展に参加の作家たちが今までとは違った作風の作品の発表してくれる予定なので、作家や人気猫の違う魅力に触れることができるチャンスです。どんな作品があるのか楽しみですね。初の作品販売も予定されています。手に入れたい方はお早めに!

 

音声ガイドや写真アプリも導入!

会場では、作品や人気猫の解説を収録した有名声優による音声ガイド(別途料金)で、ただ見るだけだった作品を深く知ることも可能。入場時に使用できるオリジナルアプリは、「額装アプリ」として館内の作品をオリジナルフレーム付きで撮影でき、名画を保存したり、SNSにシェアしたりできるそうです!美術館気分満載の投稿の数々も、話題を集めそうですね。

 

詳しい企画内容は、ねこ休み美術館公式サイトでどうぞ。

http://www.tgs.jp.net/neko-break-museum.html

 

■ねこ休み美術館 概要

期間:2016年9月14日(水)~20日(火)

場所:大丸東京店11階催事場

時間:入場時間:午前10時~午後7時30分(午後8時閉場)

※初日は正午オープン、会期中の木・金曜日は午後8時30分まで(午後9時閉場)

※最終日は午後5時30分まで(午後6時閉場)

主催:ねこ休み美術館実行委員会、株式会社BACON

入場料:一般・大・高生600円(税込)、中学生以下無料

 

なお、このイベントは東京に続いて、大阪、札幌での開催も予定されています。

大阪(大丸梅田店) 2016年10月5日(水)~10月10日(月)

札幌(大丸札幌店)2016年12月17日(土)~2017年1月3日(火)

関連記事

おすすめ記事