デザイン

デザイン

【2019年最新版】TeamViewer以外で遠隔操作可能なソフトウェア13選 無料で使えるソフトも紹介

本記事は、13 Best TeamViewer Alternatives Of 2019
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

    79 views

    読了時間 : 約7分59秒

    チームビューアーは、間違いなく最も人気なデスクトップシェアリングアプリでしょう。ユーザーはシステムをコントロールすることが可能になります。

     

    世界中の人が、オンライン会議を実施したり、リアルタイムでアシスタントするために使用しています。システム開発者は、簡単なデプロイメントのためにこのようなプラットフォームを使用しています。他のものと同じように、デメリットもあります。チームビューアーについては様々な議論がされていました。

     

    2006年には、このプラットフォームが社内でハッキングされたと伝えられ、その後、同社のユーザーの多くは、金銭を含む貴重な財産を失いました。

     

    しかし、企業はそのような事件を否認しています。さらには、チームビューアーおよび他の同様のアプリでは、過去にテクニカルサポート詐欺を実行するために詐欺師によって使用されたこともあります。これは技術的には、セキュリティとは関係ありませんが、この種のことは会社のイメージに影響を与えます。

     

    そのため、他のサービスを探している場合は、決定する前にすべての選択肢を検討することをお勧めします。そこで、リモート操作のプラットフォームでチームビューアーに代わる13個のすぐれたものを紹介します。

     

    13. Supremo Remote Desktop

    価格:38ドルから

    プラットフォーム:Windows, Android, and iOS

     

    Nanosystemsにより開発されました。こちらは、リモートデスクトップコントロールやサポートの完全な解決法を提供します。ファイアウォールやルーターの設定を必要としない効率的なデータ転送プロトコルが満載です。

     

    複数のユーザーが同じデバイスに接続し、簡単なドラックアンドドロップ機能を使用してファイルを転送できます。ユーザーが接続していると、ユーザー同士がチャットできるようにする統合チャットアプリケーションがあります。

     

    セキュリティに関しては、SupremoはAES 256ビット暗号化を使用し、すべての制御セッションでランダムな4桁のパスワードを生成します。ユーザーは、デバイスを保護し、特定のIDをブロックするためにもっと強いパスワードを手動で設定することもできます。

     

     

    12. BeAnyWhere

    価格:29ドル

    こちらは、カスタマーが遠隔からリアルタイムでデバイス関連の問題を監視および修正できるようにするワンストップサポートプラットフォームです。

     

    シンプルでエフェクティブな強力なアプリケーションです。管理部門は、サポートチームの活動を監視し、その他の管理活動を行うためのツールシステム管理者に提供します。注目すべき機能には、ファイル転送、VoIP、チャット、複数セッションのサポートなどがあります。

     

    プライバシーを保護するためにTLSとAES暗号化を使用します。プラットフォームは2015年にソフトウェア会社SolarWindsに買収されました。

     

    11. LogMein Pro

    価格:月49ドルから

    反対意見:より高価

     

    こちらは、アメリカのSaaS企業によって提供されている強力なリモートデスクトップシェアリングツールです。

     

    このアプリケーションを使用すると、ユーザーはリモートシステムに保存されている自分のドキュメントに簡単にアクセスし、複数のデバイスで同僚と共有して共同作業することができます。

     

    さらには、リモートシステムからドキュメントを印刷できます。さらなる利益となる機能を持っているかもしれませんが、無料版と高価な計画の欠如は潜在的なユーザーにとって本当の取引ブレーカーになることができます。

     

     

    10. GoToMyPc

    価格:月20ドルから

    反対意見:無料版なし

     

    は、安全な接続を介してユーザーがリモートコンピューターにアクセスできるようにするブラウザベースのアプリケーションです。ユーザーは、簡単にファイルを転送し、リモートデスクトップからボイスメールを聞くことができます。

     

    こちらから始めるには、まずオンラインアカウントを作成する必要があります。次に、リモートからアクセスしたいデスクトップにアプリケーションをインストールします。今すぐすべきことは、他のどのコンピューターからもリモートアクセス権を取るためにアカウントを作成することです。

     

    プラットフォームの3つの異なるバージョンから選択できます。専門的、プロそすてコーポレート。全体として、これはチームビューアーに代わる高速で信頼性の高い方法です。

     

     

    9. TightVNC

    価格:無料

     

    こちらは、人気なクロスプラットフォームで、TightVNCは、RFBまたはリモートフレームバッファ(GUIへのリモートアクセス用のオープンプロトコル)に準拠しています。

     

    こちらは、個人でも法人でも完全に無料です。これは、データサイズを大幅に削減し、特に低帯域幅のインターネット接続を介して最終的にパフォーマンスを向上させる、厳密なエンコード技術を使用しています。機能には、画面の更新を検出するズームイン、ズームアウト、ファイルテンス機能などのDFMMirageドライバが含まれます。

     

     

    8. Remote Desktop Connection

    価格:無料

    賛成意見:完全に無料、Windowsに組み込まれている

    反対意見:Windows のみで使える、セットアップが難しい。

    Windowaプラットフォーム用の無料のデスクトップ共有ツールを探しているのであれば、リモートデスクトップ接続として知られている組み込みのツール以外に探す必要はないかもしれません。

     

    これにより、Windowsユーザーは、LAN経由またはインターネット経由でデスクトップを別のWindowsベースのコンピューターに安全に接続できます。

     

    例えば、オフィスのコンピュータを使って、ホームデスクトップ上のすべてのファイル、プログラム、その他のリソースに簡単にアクセスできます。

     

    それは、3Dビデオのサポートを含むすべての基本的な機能を持っています。チームビューアーは、非常に高速ですぐれた代替手段ですが、アプリケーションはWindows上でしか実行できません。

     

     

    7. Mikogo

    価格:月14ドルから

    賛成意見:オンライン会議実施のよい方法

    反対意見:シームレスなWindowsではない

    こちらは、多くのプラットフォームで、デスクトップシェアリングアプリは、

    ユーザーに多くの会議を行うことを可能にし、他のユーザーとリモートで共同作業したりできます。

     

    その機能には、会議を事前に計画するためのスケジュール管理、高品質のVoIPおよび電話会議、セッション記録ツール、ファイル転送機能などがあります。セキュリティのために、こちらは、256ビットのAES暗号化を使用しています。

     

    他のデスクトップ共有アプリケーションと同様に、こちらは個人ユーザーに無料のサービスも提供しています。商法ユーザーは、ニーズに応じて複数のプランから選択できます。

     

     

    6. AnyDesk

    価格:無料、有料バージョンは年79ドル

    賛成意見:ファイルトランスファー、企業サポート

     

    こちらは、人気のあるリモートデスクトップ共有ソフトウェアです。これには、多数の強力な機能が付属しています。素早く、頼りになる、そして最も重要なことに安全です。

     

    こちらは、高度なTLS1.2プロトコルとRSA2048ビット非対称暗号化を使用して、ネットワークへの不正アクセスを誰にも許可しないようにします。低速のインターネット接続でも高速データ転送と低レイテンシを実現するという点

     

    ではパフォーマンスの面では不利です。商用ユーザーは、自分の会社のデータを完全に管理するために独自な安全なエンタープライズネットワークを設定できます。セキュリティを強化するために、すべてのリモートセッションを記録することもできます。こちらは、Android、Linux、FreeBSD などの複数のオペレーティングシステムをサポートしているため、互換性を気にせず作業できます。

     

    個人ユーザーでも商業ユーザーでも完全無料です。

     

     

    5. UltraVNC

    価格:無料

    賛成意見:オープンソース

    反対意見:Windowsのみ

    こちらは無料で、

     

    windowsのリモートデスクトップアプリケーションのオープンソースです。

     

    そのアプリケーションは、RFBやリモートフレームバッファプロトコルを使用して、インターネットまたは内部ネットワーク経由でリモートデスクトップに簡単にアクセスできるようにします。

     

    リモートアクセスは、リモートデスクトップの表示を複製し、カーソルの移動やキーボード操作をユーザーのデスクトップからリモートコンピューターに送信することによって実現されます。両方のシステムが機能するためには、機能するVNCクライアントが必要です。

     

    リモートアシスタンスとは別に、UltraVNCはチャット機能とファイル転送をサポートします。セキュリティのために、アプリケーションはいくつかの認証方法と共に暗号化プラグインを採用しています。

     

     

    4. Chrome Remote Desktop

    価格:無料

    賛成意見:クロームベース、互換性がある

    反対意見:ファイルトランスファーサポートなし

    こちらは、chromotingとして知られるシェアリングプロトコルデスクトップを使用して他のシステムにリモートでアクセスできます。

     

    このアプリケーションを使用すると、共有デスクトップへのアクセス(リモートアシスタンス)だけでなく、自分のコンピュータを他のユーザーが見て、制御できるように共有することもできます。こちらを使用するには、基本的に2つのことが必要です。Chromeブラウザとクロムの拡張子。無料で使いやすく、すべての主要オペレーティングシステムと互換性があります。

     

    ただし、それは本質的なファイル転送機能を欠いています。

     

     

    3. TigerVNC

    価格:無料

    賛成意見:オープンソース

    反対意見:ファイルトランスファーサポートなし

     

    こちらは、VNCプロトコルを介してリモートデスクトップへのアクセスを提供するもう一つのオープンソースのリモートデスクトップクライアントです。シンプルなインターフェイスを持ち、そして高性能の出力を提供するために必要な成分を持っています。

     

    接続を確立するには、まずリモートサーバーのIPを手動で入力する必要があります。その後、データ圧縮率と色深度も定義できます。セキュリティに関しては、こちらはデータを保護するためにTLS暗号化を使用します。セキュリティを強化するための拡張機能もあります。

     

    記事:30 Useful Bug Tracking Tools For Developers

     

    2. Remmina

    価格:無料

     

    こちらは、間違いなく現在利用可能な最高オープンソースのリモートデスクトップクライアントの一つです。

     

    これは、無料で、安全で、特にシステム管理者のニーズを満たすために作成されています。システム管理者は、ほとんどの作業をリモートで行っています。

     

    これは、RDP(Remote Desktop Protocol)、XDMCP、 VNC、 NX、 SPICE、およびSSHを含む、半ダースのネットワークプロトコルをサポートします。これは、バージョン11.4(Natty Narwhal)以降、Ubuntuのデフォルトのデスクトップ共有クライアントであり、Debianのパッケージリポジトリに含まれています。

     

    こちらは、ドラックとドロップによるファイル転送、複数セッションをサポートし、侵入者からの接続を保護するためにAES-256ビット暗号化を使用します。こちらの接続を確立するには、使用したいプロトコルやサーバーのIPアドレスなどの接続パラメーターを定義する必要があります。

     

    接続品質や色認識レベルなどの追加パラメーターを自由に定義できます。

     

     

    1. VNC Connect

    価格:無料、有料版は40ドルから

    以前は、RealVNCと呼ばれていたVNC Connectは、Windows、OS X、Linux、さらにはAndroidやiOSなど、様々なプラットフォームで機能する画面共有テクノロジを提供します。RFB/VNCプロトコルを使用して、ユーザーにリモートデスクトップへの高速で安全なアクセスを提供します。VNC Connectには、3つの異なるバージョンがあります。

     

    Open Edition、Professional Edition、およびEnterprise Edition。Open Editionは最小限の機能、ファイル転送のサポートなしで無料で、128ビットAES暗号化で保護されています。

     

    プロフェッショナル版には、リモート印刷とファイル転送機能があります。

    記事:25 Small Business Collaboration Tools to Streamline TeamWork

    最後に、エンタープライズ版は、中規模から大規模の企業に最適です。

    強化されたセキュリティ(128ビットではなく256ビットAES)、専用サポート、チーム管理オプション、構成のロックダウン、一元管理された展開などの機能が付属しています。

     

     

    おすすめタグ