デザイン

デザイン

2019年はこれ!最良WordPress画像圧縮最適化プラグイン5選

LINE25

Line25 was built in March 2009 as a place to share web design ideas and inspiration through articles, tutorials and examples of stunning site designs.

本記事は、Best WordPress Image Compression Plugins of 2019
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

172 views

読了時間 : 約4分18秒

画像はそれだけで多くの物語を伝える能力を持っています。画像を使用することの重要性について多くの人が語っていて、WordPressの開発者は、ブログや広告などのウェブサイトのコンテンツに画像を追加することで、トラフィックとコンバージョンを増やすことができるという事実は既に理解しています。しかし、ウェブサイト上にあまりにも多くの画像を使用すると、画像圧縮プラグインの使用が必要になるというデメリットもあります。

 

画像を使用しすぎると、サーバー上のスペースが減ってしまうのです。画像を簡単に保存または削除するには、画像をウェブサイトのサーバーに保存する必要があり、画像をサーバーに保存すると、サードパーティのイメージギャラリーウェブサイトを使用するより、読み込み速度を向上させることができます。

 

そのため、サーバー上の画像の数を多くしがちですが、それではウェブページの読み込み速度が低下してしまいます。ウェブサイト上の上記のすべての問題は、ユーザーが離れてしまう原因にもなります。それはどうしても避けたいことでしょう。

 

ここでは、ウェブページのロード速度を落とすことなく、多くの画像を使用するのを助ける2019年のお勧めWordPress画像圧縮プラグインをご紹介します。

 

 

1. Smush 画像圧縮と最適化プラグイン

 

Smushは、画像の最適化と圧縮のために作成された現在最も使用されているプレミアムプラグインの1つです。受賞歴のあるプラグインで、見た目の質を低下させることなく画像を最適化し圧縮するという素晴らしい機能を持っています。自動的ウェブサーバー上の画像を最適化します。

 

Smushプラグインはウェブサイト上のすべての画像をスキャンし、画像アップロードをチェックします。不要なデータを画像から切り取り、必要に応じてサイズ変更とともにを圧縮を施します。また、Smushは、指定されたフォルダの画像を圧縮することができ、さらに、NextGen Gallery、WPML、WP Retina 2x NextGen Gallery、WPML、WP Retina 2xなどのプレミアム画像プラグインもサポートしています。

 

主な機能:

・サーバーの速度を落とさずに画像を圧縮

・GIF、JPEG、PNG画像ファイルをサポート

・画像の自動再スケーリング

・画像の自動最適化

・ネットワーク全体の画像最適化

・複数のウェブサイト上の画像を圧縮する

 

2. ShortPixel 画像最適化プラグイン

 

ShortPixelは、オートメーションを使用したトップレンジの画像圧縮プラグインの1つです。一度インストールするだけで、プラグインが自動的に画像のサイズを変更して圧縮します。プラグインは、サーバーの負荷を軽減するためにリソースを最適に利用し、最小限のアプローチ選択をします。さらに、共有クラウドネットワーク、VPS、また専用ウェブホスティングとも互換性があります。

 

FTPを介して送信された画像とメディアライブラリ内の画像を最適化できるShortPixelは、プロの写真家用にロスレス圧縮や、光沢のあるJPG画像の圧縮をすることも可能で、大きな画像もできます。このプラグインは40日間の画像最適化レポートを作成し、シングルクリックで最適化パラメータをテストしてくれます。

 

主な機能:

・高品質のノンレス圧縮

・PNGからJPGへ自動変換

・Webps、WP Retina 2x、さまざまな画像ギャラリーとWooCommerce、およびWooCommerceプラグインをサポート

・複数サイト統合機能を備えたAPIキー

・Watermarkとプラグインをサポート

 

3. EWWW イメージ最適化プラグイン

 

EWWWイメージ最適化プラグインは、画像を圧縮してウェブサイトの操作性を向上させます。JPG、PNG、GIF、およびPDFファイルの圧縮率に従って画像を圧縮できるロスレス画像最適化プラグインです。プラグインは自動で画像ファイルのフォーマットに従って画像を圧縮します。無料で、オプションの有料版のプラグインも利用可能です。

 

このプラグインはファイルのセキュリティのためにSSLで保護されています。自身のサーバーや他の特定のサーバー上の画像を最適化するオプションがあり、フォルダ全体から一括でイメージを最適化したり、既に最適化されているイメージをスキップすることもできます。このプラグインはWP画像エディタ、WEBP画像、WP-CLI、NextGenGalleryをサポートしています。

 

主な機能:

・画像の背景最適化

・30日まで画像の無料バックアップ

・自動サイズ変更

・自動ロスレス圧縮とretinaサポート

・クラウドサーバーアップロードのCDNサポート

・Buddyや画像に対応

 

4. TinyPNG:JPEGとPNG画像圧縮プラグイン

 

このプラグインは画像の圧縮をオンラインツールで行います。ウェブサイトの速度を落とすことなく外部ツールで画像を最適化できるのです。このプラグインを使用すると、大きな画像の圧縮や最適化ができます。さらに、新しくアップロードされた画像に対する自動画像最適化の機能も備えています。

 

このプラグインの主な特徴は、メタデータ、作成日、著作権情報、およびGPSの位置情報を保存し、ウェブサイトの画像を完全に活用できることです。画像圧縮のデータと統計を監視するためのダッシュボードウィジェットがあり、カラープロファイルを最適化し、画像をRGBカラープロファイルに変換することでスペースを節約することもできます。

 

主な機能:

・画像の最適化にサイズ制限なし

・PNGとGIFに対応

・画像の変換後、著作権メタデータ、作成日、およびGPSの場所が保持されます。

・単一のAPIキーによる複数サイトの最適化

・圧縮の統計をモニターするダッシュボードウィジェット

 

5. Optimole

 

Optimoleは、予算が足りない人への救世主です。無料の画像圧縮プラグインで、画像のサイズを減らすことによりウェブサイトを快適に使えるようにしてくれます。画像の圧縮にOptimoleを使用するもう1つの重要な点は、見た目は変えずに画像を圧縮してくれることです。一言で言えば、OptimoleはCDNを使用して、サイズを変更して圧縮した後で、任意の場所のイメージを表示します。

 

さらに、Optimoleは一度インストールされた後は素晴らしい自動操縦機能を使って動くので時間の削減にもなり、働きを見てみたい時は、ユーザーフレンドリーな近代的なインターフェースでチェックできます。Otimoleには、転送量、ディスク容量、CDNの場所、優先サポート、カスタムCNAMEなどにより3つのプレミアムプランを揃えています。

 

主な機能:

・CDN経由で画像を提供するサーバーロケーションを110箇所カバー

・有料版では15 GBの画像が使用可(無料版は1 GB)

・有料版で100GBの転送量(無料版は10GB)

・自動最適化

・RetinaおよびHiDPIサポートと共にDPR検出

・ロスレス圧縮や非圧縮の最適化手法

・現代的なダッシュボード

 

今回ご紹介したオプションを利用して画像を最適化をするにしても、ウェブサイトで最高の結果を出すため、ウェブサイトの画像を絞ることはお忘れなく。

おすすめ新着記事

おすすめタグ