デザイン

デザイン

自分自身のデザインの声を見つける―デザイナーとしての個性に出会う

speckyboy

Speckyboy is an online magazine for designers with its focus on sharing helpful resources, exploring new techniques, sharing useful tips, and inspiring you to build a better web.

本記事は、Finding and Using Your Own Design Voice
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

384 views

読了時間 : 約3分36秒

あなたのデザインの声―またはデザインスタイルと言ったらよいでしょうか―これはあなたの観衆に情報をどう届けるかの選択肢です。シンプルに聞こえますが、準備ができていない人には大きな混乱を招いてしまいます。

 

実は告白があります:この記事を書き始めたとき、自分の主点をどう言い回したらよいか悩んでいました。あなたのような素晴らしい読み手に伝えたい重要な事があるのに、方法がわからなかったのです。

 

そして、“私の”だと認識している書き手の声でアプローチできていない、とその時気づきました。自分のアイディアに対して高慢になっていたようで(重要なことだったので)、自分自身のメッセージの要点を見失っていました。皮肉な成り行きですよね。アラニス・モリセッティ、しっかりしてください。

 

やがて、もともと書いていたものを捨てて、自分なりのスタイルでやり直すことにしました。私は物語を語るのが大好きで、それが私が作家として輝いているところだと思います。さらに、お分かりのように、私は信じられないほど控えめです。

 

さて、声とは何でしょう?独自のスタイルとは何でしょう?私たちのようなクリエイティブ人材はどのようにそれを開発できるのでしょう?確かなことの1つは、作家だけが考えることではないということです。あらゆる種類のクリエイティブな専門家が、独自のアイデア表現方法の開発に苦労しています。特に、私たちが尊敬し、刺激を受けていることをやっている素晴らしい人々のことです。

 

尊敬するものと自分が誰であるかを区別するのは難しい場合がありますが、実行可能だと言えます。重要なのは、他の人から得たフィードバックをどのように解釈するかを学ぶことです。

 

 

会話を翻訳する

1つのことを12通り、また数百通りの異なる方法で言うことは可能です。タイポグラフィは、この点を説明するための最良の方法です。分厚いシェリフを使用した目立つポスターは、メッセージがまったく同じであっても、繊細で控えめなスクリプトを使用するポスターとはまったく異なる感情的影響を及ぼします。

 

使用するデザイン言語は、ターゲット層の相手によって異なります。私がわざと言語という言葉を使うのは、デザイナーとしてのクライアントのために私たちがしていることを、異なる言語を話す2人のために通訳者がしていることと比較しているからです。

 

通訳者が、共通性を生み出し、2つの反対の力の間で会話を促進する様子は、デザイナーがクライアントとそのクライアントのユーザー層の間のコミュニケーションを促進するのとほぼ同じ方法です。あなたはあなたのクライアントが言わなければならないことをくみ取り、両方の当事者が理解できるように伝えます。

 

あなたが自分だけの個人的なデザインの声を開発するとき、あなたのスタイルに興味のない人々を効果的に遠ざけていて、まるで赤ちゃんが両親から学ぶ音によって人間が出す特定の音をシャットアウトすることに似ています。

 

あなたが生まれたときは、すべての言語を効果的に話すことができます。しかし、学習して周りの音を聞くほど、特定の単語や音が他の単語や音よりも優先されます。

 

話すことができるようになるまでには、代わりに学んだ可能性のあるすべての言語を除いて、母国語でコミュニケーションをとっています。世界のすべての言語を学ぶことは不可能ですが、あなたのデザインに対してなぜすべての人の承認を得ようとする必要があるのですか?自分の声を使う最善の方法は、あなたの特定のメッセージを聞きたいと思っている人に伝えることです。

 

世界は一般的に、あなたが当たり障りなく、攻撃的でなく、理解しやすく、消化しやすいことを望んでいます。しかし、あなたのニッチな観衆は、あなただけが彼らに与えることができる説得力のある視覚的な物語を望んでいます。

 

 

インスピレーションがただのコピーになるとき

間違いなく、自分のデザインの流暢さを伸ばす最善の方法は、他の人から学ぶことです。私が言ったように、私たち全員を刺激するエキサイティングで創造的な仕事はたくさんあります。そして、アイデアに関しては“太陽の下で新しいものは何もない”という議論が何度も行われてきました。しかし、デザインのインスピレーションが行き過ぎて、ただの著作権侵害に転じることもあるようです。

 

2010年、オランダの作家ディック・ブルーナの著作権担当者は、サンリオの白いバニーキャラクターであるキャシーに対する著作権侵害で日本のヘビー級サンリオを訴えることに成功しました。

 

1955年に白いバニーキャラクターのミッフィーを作成したブルーナは、キャシーはサンリオがキャラクターデザインのライセンスを開始する数十年前に日本で非常に人気があった彼の有名な児童書バニーの「コピー」であると明確に述べました。しかし、サンリオのキャシーは明らかにサンリオ独自のスタイルで作られていました―そのバニーのキャラクターは、象徴的なハローキティに非常によく似ているのです。

 

 

サンリオは単に自身の愛されスタイルでデザインしたのでしょうか、それとも実際にはブルーナの著作権を故意に侵害したのでしょうか。複数の人がまったく同じまたは一連の件に非常に類似したアイデアについてほぼ同時に発言しました。しかし、原則として、あなたが著作権の最初の所有者であることを法廷で証明できない限り、そのような無知の犠牲になることは実際には良い考えではありません。

 

自分でリサーチを行い、クリエイティブコミュニティに参加し、自分の競争相手を確実に把握することは、オリジナルの声でオリジナルのデザイナーとしての評判を維持するための重要なステップです。

 

アルバート・アインシュタインが言ったように、“創造性の秘訣はあなたの情報源を隠す方法を知ることです。”インスピレーションを得ることは、仲間が何をしているかを知らないで無知でいることの反対を意味します。

 

フリーランサーとしてのあなたの主な目標は、あなたのユニークな声に上手く反応してくれるリピーターを獲得することです。自分のストーリーを語り、自分の個人的な経験から描いているなら、他の人と同じようなデザインを作成することは事実上不可能です。

 

あなたが本物であるとき、あなたはオリジナル以外何でもないのです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ