デザイン

デザイン

電卓の歴史を知っていますか?意外に知らない6種類の電卓について 目的に基づいて使い分けよう

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、6 Different Types of Calculators | On The Basis Of Purpose
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

174 views

読了時間 : 約4分21秒

今日私たちが知っている電卓は1960年代に最初に発明され、スマートフォンの電卓としての使用は1990年代に始まりました。ただし、その数学ツールが1世紀前に役に立たなくなったことわけではありません。

 

デジタル計算機やスマートフォンが登場するはるか前、計算機が作られました。たとえば、そろばんは、書かれたヒンドゥーアラビア語の数字体系が採用されるずっと前に、古代の近東、ヨーロッパ、ロシア、中国で使用されていました。

 

最初の「計算機」は、1642年にブレーズパスカルによって発明され、以前は不可能と考えられていた算術計算を試みたことでもてはやされました。

 

17世紀の機械式計算機は、サイズがタイプライターにかわり、携帯型電子計算機の登場により時代遅れになりました。

 

現代の電卓は、基本的な計算から複雑な数学に至るまで、さまざまなタスクを実行するために使用されます。これらは、基本的な計算を実行する私たちの能力を強化しただけでなく、これまでに想像されていなかったより大きなスケールで数学を理解する能力を私たちに提供しました。

 

今日、さまざまな電源、設計、および機能を備えた多くのタイプの計算機が市場で入手可能です。電力源に基づいて、それらを3つのカテゴリーに分類できます。

 

電気計算機:電気で動作する古いもの。
バッテリー計算機:セルを使用して計算を行う現在の計算機。
ソーラー電卓:デバイスに取り付けられた太陽電池を搭載した電卓。

 

現在、ほとんどの計算機は、バッテリーと太陽エネルギーの両方を使用して操作を実行しています。以下に、さまざまな種類の計算機(現在市場で入手可能なもの)を使用目的別にご紹介します。

 

 

1.そろばん

そろばんは、素早く算術計算を実行できるシンプルなツールです。それは古代に発明され、現在では脳の発達プログラムで広く使用されています。研究はそろばん学習者が脳の左右両側を使用することを証明しました。

 

「アバカス」という言葉はギリシャ語の「アバックス」に由来し、「カウントテーブル=可算」を意味します。デバイスは通常、ビーズが上下にスライドする複数の垂直に配置されたロッドを保持する長方形の木製フレームでできています。各棒は一意の場所の値を表し、各ビーズは数字を表します。

 

この装置は、そろばんのビーズの動きを見ることで、子供たちが視覚的に計算を実行できるようにします。また、集中レベルも向上します。これは、デジタル計算機を使用できない視覚障害者にも特に役立ちます。

 

2.基本的な計算機

基本的な携帯用電卓は、ほとんどすべてのオフィスや家庭で使用されています。これらは、汎用計算や、加算、減算、乗算、除算、指数、対数などの基本的な数学タスクを実行するのに最適です。

 

このタイプの計算機には、通常、8〜12桁のディスプレイ(LCD 7セグメントディスプレイ)と入力用のキーがあります。バッテリーと太陽エネルギーの両方で動作し、バッテリーは光が不十分な場合に使用され、太陽エネルギーはデバイスを実行するのに十分な光がある場合に使用されます。

 

計算機によっては、読み取りのための非常に大きなディスプレイ、エラーを確認するための再チェック機能、手動エラーの可能性を減らすためのアクティブ定数のオンディスプレイ表示が備わっています。それらのいくつかはまた、税込みの価格計算、総計計算のための専用キーが付属しています。

 

 

3.関数電卓

2層液晶ディスプレイを備えた関数電卓。上部のドットマトリックス部分に入力式と記号が表示されます。

 

関数電卓は、科学、工学、数学の問題を解決するために特別に設計されています。計算機には、統計計算や三角関数計算が含まれているものや、コンピュータ代数を実行する機能を備えているものもあります。

 

HP-9100Aという名前の最初の関数電卓は1968年に製造されました。それ以来、何千ものポータブルおよびハンドヘルド関数電卓がさまざまな会社によって発明されました。現在、カシオはこの市場の主要なプレーヤーです。

 

これらは、化学、物理学、天文学の一部のように、特定の数学関数を解き、非常に小さい数や大きい数で計算を実行するために広く使用されています。

 

ほとんどのモデルは、基本的な計算機と同様の単一行表示で構成されていますが、一部のモデルは10から12桁で、浮動小数点演算用に追加の桁があります。

 

一般的に、高級な科学計算機は、ブール演算、16進数計算、分数、確率計算、複素数、物理定数、単位変換、計算、行列計算を備えています。

 

 

4.グラフ電卓


カシオFX-CG50

 

特定のコンテキストでは、関数電卓はグラフ電卓に置き換えられました。グラフをプロットし、連立方程式を解き、変数を使用してタスクを実行できます。

 

最初の商用グラフ計算機  fx-7000Gは、1985年にカシオによってリリースされました。以来、多くの高度な計算機は、より高速なプロセッサ、より多くのメモリ、およびUSB接続で製造されてきました。今日、Texas InstrumentsとCasioが電卓市場の大部分を占めています。

 

基本的な計算機と比較すると、大型のディスプレイがあり、数行のテキスト、図、計算を同時に表示できます。多くのグラフ計算機はプログラムも可能です。つまり、ユーザーは特定の科学やエンジニアリングアプリケーション用にカスタマイズされたプログラムを作成できます。

 

これらの計算機の中には、電子加速度計、pHゲージ、電子体温計、気象装置などの機器に接続することもできるため、データロガーとして機能します。

 

最新のグラフ計算機には、高解像度のLCD画面と高速CPUが搭載されており、最も複雑なグラフィックスと計算を実行できます。ユーザーは、複雑な手順を自動化するプログラムを作成して保存でき、それをコンピュータに接続して、さらに優れた機能を利用できます。

 

 

5. 印刷機能つき電卓

カシオHR-150RC

 

家庭用パソコンが登場する以前は、印刷機能のついた電卓はかなり人気がありました。これらは、結果をLCD画面に表示するとともに用紙に印刷する基本的な計算機です。

 

現在、印刷機能つき電卓は、バッテリーまたはAC電源で動作するデスクトップモデルとポータブルモデルの両方で利用できます。これらは主に、店主と会計士が請求書領収書の印刷、利益率の計算、給与計算の時間の追跡に使用します。

 

プリンタ内部にロール紙が付属しており、すべてのレコードが印刷されます。一部の計算機は、確認しやすいように2色で印刷できます。黒(正の値を表示)と赤(負の値を表示)です。

 

6.オンライン計算機

今日、多くのタイプの計算機がインターネットでアクセスできます。特定のタスクを実行するように設計されています。たとえば、BMI計算機は、体重と身長を入力として取り、ボディマスインデックスを測定します。

 

同様に、妊娠計算機は、妊娠情報に基づいて女性の排卵日を予測するように設計されています。カロリー計算機などの他のオンライン計算機は、体重を減らす、または維持するために1日あたりに消費する必要があるカロリー数を把握するのに役立ちます。

 

住宅ローン、自動車ローン、所得税、投資、インフレなどを計算できるさまざまな種類の財務計算機もオンラインで利用できます。

おすすめ新着記事

おすすめタグ