デザイン

デザイン

効果的なエラーメッセージをデザインするための6つの心構え エラーの表示方法を工夫して顧客を逃さない

本記事は、6 Tips to Write Effective Error Messages
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

291 views

読了時間 : 約1分55秒

ユーザーの体験の良し悪しを決めるのは意外にも普段見落としてしまいそうな細かい部分であることはご存知ですか?エラー表示のメッセージを明確にすることでユーザーのイライラを軽減することができ、ユーザーがアプリやサービスを使う妨げを取り除くことができます。

 

エラーメッセージを作成する際には以下のポイントを心掛けることがおすすめ

 

1.何がなぜ起こったのかをきちんと述べること

 

ユーザーに問題をきちんと提示することでなぜエラーが表示されているのか明確になります。もし問題の原因が解明できない場合諦めてしまうユーザーも多いので、なぜエラーが起こったのかをきちんと表示することでユーザー体験をより良いものにできます。

 

 

2.次のステップをサジェストすること

 

エラーが起こるとユーザーは早く問題を解決させたいと思うのは自然のことです。エラーメッセージには次にユーザーが何をするべきなのかがはっきりわかる情報を含むようにしましょう。そうすることによっていち早くエラーの状況から抜け出すことができます。

 

 

3.適切なトーンを見つけること

 

エラーメッセージを書く際に気をつけたいのはトーンの選び方です。真剣なのか少しカジュアルなのか、オーディエンスやコンテクストに合ったトーンでメッセージを書くようにしましょう。

 

・もし深刻な問題であればくだけた表現は不適切です。

・実際に声に出してメッセージを読むことによって直さないといけない言葉やフレーズをピンポイントできます。

 

 

4.ユーザーを責めず常に謙虚でいること

 

メッセージを書く際に気をつけたいもう一つのポイントはユーザーの行動を決して責めないことです。ユーザーが間違った情報を入力したり間違った行動を何度も繰り返すことはもちろんありますが、このような間違いをうまく指摘することがデザインの責任でもあります。

 

“エラーメッセージを書く際に人間味を出させるコツは、実際に誰かと会話をしている時にどういう風に聞こえるか、実際にだれかに説明するところを想像することです。” ― Sonia Gregory

 

 

5.専門用語を避けること

 

シンプルで簡潔な言葉遣いを心がけましょう。専門的な用語が含まれているとユーザーにとっては分かりづらい場合があります。大半のユーザーは専門的な詳細には興味がないため、誰でも理解できる言葉選びをしましょう。

 

 

6.大文字表示を使わないこと

 

大文字を使うことによってユーザーのやる気を失わさせ、本来のエラーメッセージの役割を十分に果たせなかったというケースが少なくありません。また、全部大文字にすると読みにくく大声で叫ばれている印象を与えるので、あまり好印象に繋がるとはいえません。

 

 

“最高のエラーメッセージとは、表示されないことだ”―Thomas Fuchs

 

人間の世界に住んでいるため、全てを完璧にすることは不可能です。しかし、このようなルールやガイドラインを頭に入れておくことによって、エラーなどのネガティブに見られる経験も、ユーザーにとって心地よいものに変えることが可能になります。

おすすめ新着記事

おすすめタグ