デザイン

デザイン

Webデザイナーになるために持つべき重要な9つのスキルをご紹介

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、9 Skills Every Graphic and Web Designer Must Have
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

161 views

読了時間 : 約4分26秒

ウェブとグラフィックデザインは芸術と科学の一形態であり、今では私達の生活の大部分を占めています。マルチメディア、アニメーション、音楽、または目立つタイポグラフィなしでインターネットを彩ることはできません。インターネット上のウェブサイトの数は日々増加しており、ウェブデザイナーのスキルへの期待も高まっています。

 

ただし、ご存知の通りWebやグラフィックのデザインプロセスは、簡単ではありません。デザインスキルを磨くには年単位での時間や学習が必要となります。

 

プロのデザイナーになるためには、クライアントや雇用主の仕事を効率的に処理するために必要なさまざまなスキルがあります。仕事の半分はデザインとプログラミングに基づいていますが、残りの半分は、何が良く見え、何が理にかなっていて、何がそうでないかについての本能的な感覚を持つことに基づいています。

 

この記事では、優秀なグラフィックおよびWebデザイナーになるために持つべき重要なスキルを紹介したいと思います。

 

設計プロセスの知識

1つ目に学ぶ必要があるのは、設計プロセスであり、質の高いWebサイトを構成するすべての基本要素です。

 

色と背景:色は、効果的なデザインのテーマとモチーフを確立するのに重要です。色が変わるだけで見る側に異なる印象を与えます。Pinterestが赤、Facebookが青のように、ブランドを表す場合もあります。

 

間隔:間隔とは、要素同士の距離感を指します。優れたユーザーエクスペリエンスを備えたすべてのWebサイトは、デスクトップだけでなく、モバイルやタブレットでも十分な間隔があります。

 

タイポグラフィ:文字にはさまざまな形、形、色があり、これがグラフィックデザインに魅力的でユニークな個性を与えています。タイポグラフィは、今日最も過小評価されているスキルの1つですが、実際には、優れたデザイナーが持つべき必要なスキルです。トップの広告会社がデザインポートフォリオでレビューするためのポイントでもあります。

 

バランスとフロー:バランスとは安定性を意味し、フローとは読者がWebサイトを探索するときの視覚的な動きを指します。これには、適切なページの深さ、階層、レイアウト、および形状が含まれます。また、ユーザーが2ステップ以内に任意のn番目のページからホームページに移動できることを確認しておくべきです。

 

コーディングの知識

数ステップでウェブサイトを作成できるツールがすでに何千もあるので、コーディング方法を知らなくても大丈夫だと考えるデザイナーもいます。しかし、これらのツールのどれも提供できないことの1つは、極端なカスタマイズです。HTMLおよびCSSコードの記述方法を知っている場合に限り、究極のカスタマイズオプションを利用できます。

 

HTMLとCSSはプログラミング言語ではなく、Webレイアウトを作成してその外観を変更できるようにするだけです。あなたがウェブデザイナーであるなら、最低限の必要知識であります。プロの設計者は、CMSや自動化されたジェネレーターツールに制限を課すことはありません。フロントエンドの設計を完全に制御するには、HTML、CSS、jQueryを学ぶことをお勧めします。

 

ビジネス感覚

あなたがもしWebデザイナーならば、自身のビジネスを拡大させるために、あなた自身の才能を売り込んでいるのではないでしょうか。どういった設計があなたとあなたの顧客に利点をもたらすことができるかを理解する必要があるでしょう。プロジェクトやお仕事を引き受けるためにビジネススキルは必要となります。そしてキャリアと共に高めていくこともできるでしょう。

 

ソーシャルメディアマーケティング:ソーシャルメディアは自分の製品やサービスを宣伝するために必要不可欠と言えるでしょう。人気のソーシャルプラットフォームを適切に使用して、オーディエンスとの関係やブランド認知度を構築する方法を学ぶことは、世界に自分を宣伝する唯一の手段であるでしょう。

 

ヒアリング力

ヒアリングスキルは、ほとんどすべての分野で使用できるライフスキルです。ビジネスでは特に必要不可欠です。

 

多くの場合、プロセスの途中でデザインを微調整するように求められます。しかし、彼らが望むものを聞いて、それを検討し、あなた自身の方法を提案してください。彼らの選択を尊重して実行し、顧客のニーズにどれだけ対応できるかが鍵となります。

キーポイント:時々クライアントは彼らがどうしたら良いか本当にわからないことがあります。そんな時に提案できるスキルも身につけておきましょう。

 

鮮明なコミュニケーションと効果的なストーリーテリング

デザインの言語はビジネスの言語とはかなり異なります。組織に影響を与えるには、分野を超えて効果的にコミュニケーションできる必要があります。

 

2つ目は、アイデアを顧客の心にどのように取り入れるかです。顧客は技術的な会話を書き写すことができなくなります。自分の考えを効果的に折りたたんで、組織やクライアントの優先事項に変換する必要があります。

 

コピーの作成

ウェブデザイナーとして、ウェブサイトのコピーを作成するように求められるケースがあります。同じ構造を構築するのは簡単な作業ではないため、これは明らかに設計を行う以上のことです。いくつかの人気のあるウェブサイトのクローンスクリプトにお金を払う準備ができているクライアントは何千人もいます。

 

オンラインの世界では、卓越したコピーライティングスキルを持つデザイナーは、より多くのクライアントを引き付け、高額な請求をすることも可能となります。クライアントのことだけを考えるのではなく、効果的なコピーライティングスキルは、そもそもデザイナーとしてのサービスのマーケティングに関しても強力な資産であります。

 

向上心

ウェブの世界は常に学習する姿勢が必要となる分野です。クライアントを満足させるだけでなく、あなたの知識、創造性そしてスキルで彼らを感動させることが必要となります。

 

新しいトレンドは常にウェブデザインにあらわれており、最新のトレンドを常に把握しておく必要があります。2014年対2015年のウェブデザインの傾向を見てわかる通り、2014年のトレンドはもはや役に立ちません。同じ話が今後数十年にわたって続き、新しいデザインが古いデザインを上書きし、あなたができることは1つだけです。それは変化に対応し続けることです。

 

プロジェクト管理

プロジェクト管理の基礎に関する知識は、大規模なプロジェクトで役立ちます。デザインパーツを管理できるWebデザイナーは、何をいつ行うかを指示する必要がある他のデザイナーよりも優れています。

 

巨大なプロジェクトを管理することになると、リーダーシップは最強のポイントです。新しい責任を負う前に、適切な権限を持っていることを確認してください。また、リーダーとして、計画を変更する必要があるときに気付くのに十分な柔軟性が必要です。計画が難航したからといって途中でプロジェクトを止めてはいけません。計画が不適切で曖昧な場合ほど、実装が不十分になり、成果が疎かになります。

 

情熱的な好奇心

これは、あなた自身が目指す理想になるために必要不可欠です。一晩や一ヶ月、数年では足りないでしょう。自己改善や絶え間ない努力により、いつか手に入れられるものです。

 

まとめ

今日の世界は競争社会です。物事が期待どおりに進まない場合でも、気を落とすことはありません。他の人よりも自分自身をアピールするには「決してあきらめない」姿勢が必要です。仕事をすればするほど、より優れたWebデザイナーになります。

 

覚えておいてください:何かを達成するには、自分自身、挑戦し続ける姿勢が全てとなります。

おすすめ新着記事

おすすめタグ