デザイン

デザイン

ビデオゲームの立役者たち!有名なデザイナー13名

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、13 Most Influential and Famous Video Game Designers
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

157 views

読了時間 : 約4分36秒

ビデオゲーム産業は、今や社会の重要な部分を占め、最も速く売れるメディアのひとつとなっています。ゲームのデザイナーについては、たとえばChessのデザイナーのように、その多くは明らかにされていません。

 

現在、数多くの才能あるゲーム開発者がいますが、彼らは他のデザイナーに道を示した人物として評価されることはありません。このようなパイオニアが、今日のゲーム業界を形成しているのです。

 

この記事では、ゲーム業界に革命を起こした人たちだけを取り上げ、史上最も成功した有名なビデオゲームデザイナーを紹介します。それでは、誰が選ばれたのか見ていきましょう。

 

13. サンディ・ピーターセン

画像出典:Wikimedia

 

サンディ・ピーターセンは、カリフォルニア大学バークレー校で動物学を専攻し、その後、ビデオゲームのデザインに興味を持つようになりました。主にFPS(一人称視点シューティング)ゲームを手がけ、1997年にアンサンブルスタジオ社に移籍。そこでヘッドデザイナーとして『エイジ オブ エンパイア』シリーズや『The Conquerors』など、多くの人気ゲームに携わりました。2013年半ば、自身の会社(Green Eye Games)はKickstarter【キックスターター、クラウドファンディングによる資金調達】キャンペーンで総額140万ドルの資金を獲得しました。

12. ジョン・ロメロ

画像出典:Twitter

 

ジョン・ロメロは、ゲーム界におけるプログラマー、開発者です。『Doom』と『Quake』のデザイナーとして知られ、id Software 社の共同設立者でもあります。最初にデザインしたゲームは1984年の『Scout Search』で、1990年代にはFPSゲームの普及に大きく貢献しました。2011年「ソーシャルゲームで最も影響力のある人物」、2012年「Tech Hall of Fame」など、数々の賞を受賞しています。

11. ロバータ・ウィリアムズ

画像出典:theage

 

ロバータ・ウィリアムズは、コンピュータゲーム開発会社シエラ・エンターテイメントの共同設立者です。彼女はグラフィックアドベンチャー分野で有名で、90年代に最も影響力のあったPCゲームデザイナーの一人と考えられています。20本以上のゲームを制作し、1999年に引退してからは、公の場に出ることはほとんどありません。また、アドベンチャーゲームを代表する人物の一人に数えられています。

10. マルクス・ペルソン

画像出典:Wikimedia

 

マルクス・ペルソンはスウェーデンのビデオゲーム開発者です。2010年にゲーム会社Mojangを設立したこともあります。2014年9月、マイクロソフトによるMojangの買収を受け、同社を退社しました。2009年の発売以来人気を博した『Minecraft』の制作者として最も有名です。その他、『Scrolls』、『0x10c』などいくつかのゲームを制作し、ゲーム業界への貢献で複数の賞を受賞しています。

9. ウィル・ライト

画像出典:Wikimedia

 

ウィル・ライトはアメリカのデザイナーで、現在エレクトロニック・アーツの一部となっているマクシス・ゲーム会社の共同設立者です。1984年に最初のゲーム『Raid on Bungeling Bay【バンゲリング ベイ】』を発売し、『The Sims【シムピープル】』ゲームシリーズのデザイナーになった後、最大の成功を収めました。その後、2008年に発売された『Spore』は40万本以上のセールスを記録しました。2005年には、PC Magazine誌から特別功労賞を授与されました。Entertainment Weekly誌やTime誌でも、娯楽とテクノロジーの世界で最も重要な人物と称されました。

8. エド・ブーン

画像出典:Zimbio

 

エド・ブーンは、15年前からゲーム制作に携わっている有名なアメリカ人プログラマーです。現在はワーナー・ブラザーズに所属し、ゲーム『モータルコンバット』シリーズのクリエイターとして知られています。2008年には、最も長く活躍したビデオゲーム声優としてギネスワールドレコードに認定されました。また、ゲーム『バットマン』シリーズの監督も務めており、次回作『モータルコンバットX』は2015年に発売されます。

7. シド・マイヤー

画像出典:Wikimedia

 

シド・マイヤーはカナダ出身のゲームデザイナーで、シミュレーションゲームの制作で人気を博しています。1982年にマイクロプローズ社を共同設立し、そのキャリアをスタートさせました。初期のゲームには、『Silent Service』と『F-19 Stealth Fighter』があります。最も広く知られているゲームシリーズは、『Sid Meier’s Railroad Tycoon』です。ゲーム業界への貢献が認められ、Top Game Creators of All Timeなど、数々の賞を受賞しています。

6. 横井軍平

画像出典:Wikia

 

横井軍平は日本のビデオゲームデザイナーであり、多くのビデオゲームフランチャイズのプロデューサーでした。1965年に任天堂でキャリアを開始し、1997年に亡くなりました。現代のゲームパッドに革命をもたらしたビデオゲームコントローラパッドである「ゲームボーイ」の作成で最もよく知られています。2003年、国際ゲーム開発者協会より特別功労賞を授与されました。

5. スティーブ・ラッセル

画像出典:Venturebeat

 

スティーブ・ラッセルはコンピュータ科学者で、IBMに勤務していたこともあります。1961年に発売された最も初期のビデオゲームの1つである『スペースウォー!』の作者として最も有名です。このゲームは、シューティングゲームのジャンルで最初のゲームとして認識されています。彼はまた、コンピュータープログラミングの問題も解決しています。ビル・ゲイツやポール・アレンも、スティーブ・ラッセルからコンピュータのプログラミングのコツを学んだということです。

4. 小島秀夫

画像出典:Wikimedia

 

小島秀夫は、日本のビデオゲーム作家、デザイナーです。現在、コジマプロダクションのディレクター、コナミデジタルエンタテインメントの副社長を務めています。彼はスーパーマリオブラザーズのゲームに触発されてゲームデザイナーになったそうです。彼の人気ゲームには、『メタルギア』、『スナッチャー』、『ゾーン・オブ・ザ・エンダーズ』、『ロード・オブ・シャドウ』などがあります。業界では革新的でクリエイティブなゲーム作家の一人に挙げられています。

3. 宮本茂

画像出典:Wikimedia

 

宮本茂は日本のビデオゲームプロデューサーであり、任天堂の代表取締役フェローです。史上最も売れ、最も影響力のあるゲームのいくつかの開発者として広く知られています。彼のベストセラーのフランチャイズには、『マリオ』シリーズ、『ゼルダの伝説』シリーズ、『Wii』シリーズ、『ドンキーコング』シリーズなどがあります。彼は、3Dゲームプラットフォームの初期の例でゲームを作成しました。「ゲーム界のスピルバーグ」、「史上最も重要なデザイナー」など、様々に評されています。

2. ジョン・カーマック

画像出典:Wikimedia

 

ジョン・カーマックはid Software社の共同設立者であり、『Doom』、『Quake』、『Wolfenstein 3D』のクリエイターです。現代のゲームの発明者とみなされています。3Dグラフィックスやその他いくつかの技術を発明し、自身のゲームシリーズで初めて使用したことで広く知られています。最近Facebookに買収されたバーチャルリアリティ機器Oculus VRの技術責任者でもあります。

1. ラルフ・ベア

画像出典:IGN

 

ラルフ・ベアはドイツ系アメリカ人のビデオゲーム開発者でした。20世紀後半に貢献したことから「ビデオゲームの父」とも呼ばれるほか、ビデオゲームの発明者とも言われています。世界初のビデオゲーム機を発明し、1972年に世に送り出しました。2004年には、教育および娯楽のためのゲーム産業における画期的な発明が評価され、アメリカ国家技術賞を授与されました。

おすすめ新着記事

おすすめタグ