デザイン

デザイン

【Google】世界的に有名なロゴを一挙ご紹介・あなたはいくつ知っていますか?【Apple】

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、19 Most Famous Logos In The 21st Century
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

289 views

読了時間 : 約5分54秒

ロゴは、組織がアイデンティティを宣伝するために使用するシンボルやマークです。それは基本的に、会社の顔でもあります。会社を有名な国際的ブランドにするためには、優れた(ロゴ)デザインが不可欠なものになります。

 

ロゴは、紀元前2300年の円筒印章であれ、紀元前600年のコインであれ、歴史に関連しています。会社の最初の商標ロゴは1876年のバス醸造所のロゴでした。

 

以下に、世界中の企業や組織を象徴する有名なロゴのリストをまとめました。

 

19. 2012年ロンドンオリンピックのロゴ

 

デザイナー: ウルフ・オリンズ(ロンドンのブランドコンサルティング会社)

費用: 40万ポンド

 

2012年ロンドンオリンピックの公式ロゴです。ウルフ・オリンズ(ロンドンのブランドコンサルティング会社)は、LONDON 2012の公式ロゴを2007年に発表した際、メディアと一般人両方で批判されました。子供っぽく未熟なものといわれていました。

 

ロゴは、書体(Headline 2012と呼ばれます)についても不評でした。著者サイモンガーフィールドは、彼の著書「Just My Type」でロゴフォントを「クールではなく、粗雑だ」と評価しつつも、成功した企業ブランディングツールであるとしました。ワイアード誌はまた、認識と記憶へインパクトを与えるフォントだと賞賛しました。

 

 

18. British Petroleum

デザイン会社: ランドールアソシエイツ

総費用: 2億ドル

 

2001年、ロンドンを拠点とする多国籍の石油・ガス会社であるBP plcは、ブランドの変革を行い、以前の「グリーンシールド」ロゴを「ヘーリオス」シンボル(と右上隅の「bp」イニシャル)に置き換えました。マーケティングキャンペーン全体の総費用は約2億ドルです。

 

 

17. NeXT

デザイナー:ポールランド

価格: 10万ドル

 

1986年に、スティーブジョブズはベテラングラフィックデザイナーのポールランドを雇って、彼の新設会社であるネクスト社のロゴを制作しました。このデザインは、めずらしいことにジョブズからすぐに賞賛されました。

 

ロゴとともに、ポールは読者に設計プロセスを段階的に説明する100ページのプレゼンテーション本も用意しています。

 

 

16. Enron

デザイナー: ポールランド

費用: 3万3千ドル

 

エンロンコーポレーションは、会計部門の大失敗で2001年に倒産する前、エネルギー部門の主要企業でした。かつてアメリカ企業の中で愛されていた存在だったが、今やその会社は貪欲、腐敗、故意の詐欺の例として記憶されてしまいました。そのロゴも同じ道を歩みました。

 

アメリカで最も賞賛されているグラフィックデザイナーの1人であるポールランドによって設計されたエンロンのロゴは、当初はスマートで革新的と呼ばれ、会社を次のレベルに引き上げるものでしたが、それは気づかないうちに、ペテンと欺瞞の企業アイデンティティになりました。

 

 

15. Chanel

デザイナー: ココシャネル

 

シャネルはフランスのファッション企業で、その製品はそのダブルC(反対に向かい合って連結した)モノグラムによって世界中で認められています。ロゴのイニシャルは、会社の創設者でありデザイナーであるココシャネルの名前を表しています。彼女は、タイム誌の世紀で最も影響力のある100人のファッションデザイナーの一人です。

 

 

14. Lacoste

 

ラコステの緑色のワニは、間違いなく、アパレル業界で最も有名なロゴの1つです。フランスの会社(現在はスイスを拠点とする組織の一部)は、そのロゴをめぐって有名な法的紛争に関与しています。

 

 

13. Ferrari

エンツォフェラーリは、会社が設立される10年以上前の1923年に、彼の車の有名な跳ね馬(カヴァリーノランパンテ)のロゴを最初に思い付きました。

 

彼は、第一次世界大戦中にイタリアの空軍パイロットからインスピレーションを得て、飛行機の胴体の両側に同様の馬のデザインを描いていました。

 

 

12. Microsoft

デザイナー: マイクロソフトの内部組織

 

マイクロソフトは2012年に現在のロゴを採用しました。4色の小さなボックスは、同社の4つの主要製品を表しています。Office(赤)、Xbox(緑)、Windows(青)、Bing(黄色)です。これ以前は、20年間以上、いわゆる「パックマン」ロゴを使用していました。

 

 

11. Twitter

デザイナー: ダグモウマン

 

シリコンバレーに本拠を置くソーシャルネットワーキング巨人であるTwitterは、ツイッターバードとして知られるそのロゴで世界中で認知されています。オリジナルのTwitterロゴ(英国のグラフィックデザイナーサイモンオクスレーがデザイン)は、実際、同社がストックフォトのWebサイトから約15ドルで購入したものです。

 

ツイッターバードは2012年に導入され、以前(2009-10)のロゴの繰り返しです。

 

 

10. Starbucks

 

スターバックスのロゴは、両側に2つの尾を持つ人魚(またはセイレーン)のイメージです。1971年の最初のロゴの導入以来、同社はデザインに変更を加えました。2011年に導入された現在のロゴは、周囲の文字を除いたセイレーンの拡大画像(緑と白の色の組み合わせ)です。

 

 

9. NASA

デザイナー: ジェームズ モダレッリ

 

おそらく、宇宙探査業界で最エリートのNASAには、3つの公式ロゴがあります。NASAの「ミートボール」記章としても知られる第一弾は、二次ロゴとして使用するために作成されました。

 

シンボルは5つの要素で構成されています。青い球(惑星を表す)、星(宇宙を象徴する)、赤い杉綾模様(当時の新しい極超音速翼のデザイン)、軌道を回る宇宙船、中央にNASAの文字があります。

 

 

8. BBC

デザイナー:エリックジル

 

1950年代後半から1990年代にかけて、英国放送協会はロゴを合計5回変更しました。3つのブロック、それぞれに会社のイニシャルが付いた現在のロゴは、1997年に導入されました。

 

BBCロゴは、エリックジルが作成したカスタム書体(Gill Sans)を使用していますが、その全体的なデザインは1950年代に触発されています。

 

 

7. Nike

デザイナー:キャロリンデビッドソン

費用: 35ドルと500ドルの会社株式

 

ナイキのスウッシュは、おそらく世界で最も有名なブランドロゴの1つです。それは1971年に発売され、ポートランド州立大学のグラフィックデザインの学生のキャロリンデビッドソンによって設計されました。

 

フィルナイトは彼の会社のロゴについて、靴業界の標準である「ストライプ」に似たものを求めていました(ただし、アディダスのそれとは異なるものをです)。

 

デイビッドソンは当初、作品に対して35ドル報酬を得て、ロゴのデザインに17.5時間費やされたと言われています。10年以上後、彼女は感謝のしるしとして同社の株式500ドルを授与されました。

 

 

6. Google

デザイナー: ルース・ケダール

 

Googleのロゴは、間違いなく、世界で最も認知されている企業商標の1つです。Googleは長年にわたってさまざまなロゴを使用してきましたが、最も有名なものは1999年に導入されました。ロゴは、Catull書体をベースにし、有名なデザイナーのルース・ケダールによってキュレーションされ、2015年まで後のロゴのベースデザインとして使用されました。

 

 

5. Apple

デザイナー: ロブ・ヤノフ

最初のAppleロゴは、現在のロゴとはまったく異なりました。重力の発見への賛辞としてリンゴがなる木の下に座っているアイザック・ニュートンを描いていました。しかし、それはすぐに人気の「かじられた」リンゴのデザインに変わりました。

 

 

4. Mercedes-Benz

 

メルセデスベンツの伝説的な3つ星ロゴは、1909年に初めて採用されました。それ以来、ロゴは複数のバージョンが使用されています。ロゴはもともと、陸、水、空でのモーター化を目指す同社の目的を象徴しています。

 

 

3. Pepsi

デザイナー: アーネルグループ

2008年、ペプシは新しいデザインとカ配色を使用して現在の会社のロゴを発表し、地球儀も2次元に戻りました。ペプシはロゴの再設計に100万ドルを支払いました。

 

 

 

2. McDonald’s

 

米国を拠点とするグローバルファーストフードレストランチェーンであるマクドナルドは、1962年に象徴的なゴールデンアーチのロゴを発表しました。「ゴールデンアーチ」という用語は、著者のトーマスフリードマンによるゴールデンアーチ紛争防止理論で説明されている資本主義を象徴しています。

 

彼は、マクドナルドは単なるグローバルエンティティではなく、国にとって経済的にも政治的にも欠かせないものになったとしています。

 

 

1. Coca-Cola

 

デザイナー:  フランク・メイソン・ロビンソン

 

この象徴的なアメリカのソフトドリンクは1886年に生化学者のジョンS.ペンバートンによって開発されましたが、今日私たちが知っているようにこの製品に名前を付けたのは彼のパートナーのフランクメイソンロビンソンでした。彼(ロビンソン氏)は、ロゴのデザインも担当しました。

おすすめ新着記事

おすすめタグ