プログラミング

プログラミング

iOS 11で追加された、22の新機能まとめ

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、What’s New in iOS 11 – 22 Added Features and Changes
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

298 views

読了時間 : 約6分31秒

Appleは、世界開発者会議(Worldwide Developers Conference) 2017で多くの発表を行いました。予想通り、いくつかのマイナーな調整と新機能を備えたiOS11をリリースしました。新しいiOSを使用している間は違和感を感じませんが、iOS 10に比べて多くの改善が行われています。Appleによると、ゲームやアプリの拡張現実の驚くべき可能性が開かれています。

 

私たちは、最も興楽しみにしているすべての新機能と微調整をまとめました。iOS 11に搭載されるものと、それが何を意味するのかを見てみましょう。

 

22.キーボードに片手モード

iOS 11には片面キーボードが導入されているため、片手で入力ができます。 絵文字キーを長押しし、片手で入力するだけで、キーが自動的に親指に近づきます。

 

21.コントロールセンターが刷新

コントロールセンターの外観が完全に変更され、すべてのコントロールとメニューを含む1ページのビューのみが表示されるようになりました。音声メニューコントロールを追加したり、タップでダイニングルームの照明を暗くしたり、ホームコントロールを追加したり、トグルを追加または削除したりできます。また、3Dtouchを使用してさらに多くのコマンドのロックを解除できます。

 

20.Air Play 2

Air Play 2は、家にサラウンド・サウンドシステムを導入している場合に非常に便利です。iOS 11を使用すると、家中のスピーカーをコントロールできます。キッチンと寝室で同時に曲を再生したり、すべてのスピーカーを同期し、どの部屋でも音量を調整できます。

 

19.Apple Music

Apple Musicはソーシャルになりつつあります。今では、友達が作成したプレイリストを見ることができ、友達はあなたのプレイリストを見ることができます。他の人がよく聴くプレイリスト、アルバム、ステーションを表示するには、Apple Musicであなたのプロファイルを作成する必要があります。 開発者向けに、アプリ内でこの機能を利用するためのAPIがあります。

 

18.カメラでQRコードをスキャン

往来のカメラは、他のアプリを使用せずにQRコードをスキャンできるようになりました。デバイスのカメラを標準のQRコードに向けると、デコードされたテキストまたはアクションを含むポップアッププロンプトが表示されます。気になる場合はオフにすることができます。

 

17.ファイルアプリ

新しいアプリであるファイルはiOS向けであり、ファインダーはMac向けです。 iCould、Googleドライブ、Dropboxなどのさまざまなクラウドサービスからのファイルをプレビュー、整理、保存、共有できます。ファインダーと同様に、ファイルアプリ内の任意のファイルに色付けしたりカスタムで名前を付けたタグを追加できます。

 

これらのタグを使用して、常にフォルダに整理しなくても、簡単に検索ができます。

 

16.Macのような「Dock」追加

新しいiPad向けの「Dock」は、より柔軟な作業方法を提供します。下から上にスワイプすると、どこからでもDockを呼び出すことができます。Macと同じように、お気に入りのアプリを使ってカスタマイズできます。Dockは最近のアクティビティに基づいてアプリを自動的に提案するため、お気に入りのアプリをすぐに開いて切り替えることができます。

 

15.マルチタスク

iOS 11では、iPadでのマルチタスクに新しいアプローチが導入されています。1つのアプリで作業しているときに、Dockから2つ目のアプリを開くことができ、両方のアプリがSplit View(スプリットビュー)でアクティブなままになります。

 

アプリスイッチャーを使用すると、スライドオーバーの2番目のアプリを左にドラッグできます。優れているのは、一度に最大4つのアプリを並べて実行できることです。

 

14.スクリーンショットに書き込み

Appleは、iOS11デバイスでスクリーンショットを撮ったものに書き込みを入れるのをはるかに簡単にしました。スクリーンショットを撮った後、カメラ(または他のアプリ)に戻る代わりに、写真をすぐにトリミングして書き込めるようになります。

 

13.画面収録

iOS 11を使用すると、他のアプリを使用せずにiPhoneとiPadの画面を録画できます。 コントロールセンターに表示される「スクリーン録画」ボタンを切り替え、デバイスのディスプレイを記録するだけで、発生し続ける予期しないバグをキャプチャしたり、ゲームスキルを披露したりできます。

 

12.ドラッグ&ドロップ

新しいドラッグ&ドロップ機能は、iPadの大型マルチタッチディスプレイ用に設計されています。 テキスト、写真、ハイパーリンク、ファイルをあるアプリから別のアプリに移動できます。基本的に画面上のどこにでも、何でもタッチして移動できます。

 

11.運転中モードが追加

Appleは、選択された都市の空港やショッピングモールなどのインドアマップを導入しています。どのショップがどのレベルにあるかを確認し、インドアガイダンスを使用してモールや空港内をナビゲートすることができます。iOS 11には、車線支援システムも追加されており、なじみのない高速道路で正しいレーンへナビゲートするのに役立ちます。

 

さらに重要なのは、新しい安全対策です。Bluetooth、WiFi、さらにはDopplerなどのさまざまな接続オプションを使用して、運転しているかどうかを判断し、自動的に「運転中モード」になります。この場合、テキストメッセージと通知はデフォルトでは表示されません。 ただし、選択した連絡先に自動返信を設定して、現在運転していることを連絡先に知らせることができます。

 

10.アプリの自動削除

iOS 11には、特定の期間使用されていないアプリを自動的に削除するオプションがあります。ストレージが不足している場合、この機能により、あまり使用しないアプリが削除されます。関連データが保持されるため、いつでもアプリを元に戻すことができます。

 

9.Core ML

Core MLは、開発者にデバイス上の機械学習機能を提供し、開発者が時間の経過とともによりスマートに学習、予測、成長するアプリを作成できるようにする新しいAPIです。顔認証、顔追跡、テキスト検出、バーコード検出、ランドマーク、オブジェクト追跡、バーコード検出、画像登録をサポートしています。

 

8.通知センターとロック画面

iOS11のロック画面はさらに強力です。見逃した通知と最近の通知の両方を1か所で確認できます。画面の上部からプルダウンして、すべての通知を受け取ります。さらに音楽を再生している場合、通知はロック画面スペースを音楽ウィジェットと共有します。

 

7.メッセージアプリの調整

下部にあるアプリドロワーは、すっきりとしたカラフルな外観に変更されています。いくつかの新しいエフェクトがエフェクトパネルに統合されました。GoogleマップやApple Musicを含めるために利用できるオプションが増えました。さらに、iMessageでの会話はすべてのAppleデバイス間で同期されます。

 

6.Apple Pencilが欲しくなる機能満載

Apple Pencilは、iOS11アップデートで多くの改善がされました。ロック画面でApple Pencilをタップするだけで、すぐにメモをとることができるようになりました。作成したものはすべてNotesに保存されます。また、PDFやスクリーンショットをより速くマークしたり、メールでインライン図面を追加したりできます。

 

5.ARKit

iOS 11では、ARKitと呼ばれるデベロッパー向けの新しいフレームワークが導入されています。 VIO(Visual Inertial Odometry)を使用して、周囲を正確に追跡します。ARKitを使用すると、デバイスはカメラによって提示されたシーンを分析し、床やテーブルなどの水平面を見つけ、小さな特徴点にあるオブジェクトを追跡することもできます。

 

フレームワークは、シーンで利用可能な光の総量を感知し、仮想オブジェクトに正しい量の照明を提供します。拡張現実は、周囲の情報とデジタルオブジェクトをブレンドすることで、ゲームやアプリを画面の枠を超えて、効率的な方法で現実世界と対話できるようにします。

 

4.カメラと写真機能

iOS 11には、写真をより表現力豊かにするのに役立つ新しい品質のフィルターが付属しています。ポートレート画像にクラシックな外観を適用し、肌の色調をより自然にするためのフィルターがあります。撮影した写真はすべて、JPEFではなくHEIF(高効率画像ファイル形式)で保存されるため、品質に影響を与えることなくファイルサイズは半分になります。

 

さらに、ビデオはHEVC(高効率ビデオコーディング)コーデックで録画されるようになり、ストレージを50%節約できます。

 

新しい写真アプリを使用すると、Live Photoで繰り返し再生させる「ループ」や、再生と巻き戻しを繰り返す「バウンス」などができます。自分で写真を選択するか、アプリにどの写真が素晴らしいループを作るかを提案させることもできます。

 

3.新しいデザインのApp Store

Appleは、アプリ以来、AppStoreで最大の変更を加えました。あなたが探しているアプリやゲームを簡単に見つけるための新しいタブを導入しました。各タブには、あなたに合った情報をアップデートするためのコンテンツが表示されます。

 

より良いサービスを提供するために、App Storeには、ヒントとコツ、ハウツー記事、ダウンロードに値するゲームとアプリのリスト、および強化された検索結果が満載です。さらに、アプリの製品ページは完全に再設計され、インストールするものを決定する際に必要な詳細に焦点を当てています。

 

2.Siri の進化

Siriは、以前よりもコンテキストを意識しています。 Cortana(コルタナ)と同様に、以前の会話に基づいて質問に回答できるようになりました。それはあなたの習慣について知るためにデバイス上の学習を使用するので、あなたが次に何をしようとしているのかをよりよく予測することができます。

 

たとえば、Apple Musicはあなたの好みを知っているので、Siriに音楽を再生するように指示すると、好きな曲やこれから好きになる曲が聞こえます。 また、「この曲のギタリストは誰ですか?」など、曲に関連する質問に答えることもできます。これだけでなく、Siriの音声がより自然に聞こえるように改善されました。

 

Siriのインターフェースは、輝くオーラのオーブのようになりました。高度な翻訳機能と統合されており、中国語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語、フランス語をサポートし、将来的にはさらに多くの言語をサポートします。

 

1.Apple Pay

iOS 11では、Apple Payを使用したP2P支払い(個人間送金決済)が導入されています。 つまり、iMessageを介して友達に送金したり、Siriに誰かに支払うように指示したりできるようになりました。支払いのために他のアプリを扱う必要はもうありません。これはすべて、メッセージアプリ内で行うことができます。

おすすめ新着記事

おすすめタグ