デザイン

デザイン

スマートグラスはどう役に立つ?IntelがVauntで取り組む新しい使用例の開発とは

410 views

読了時間 : 約2分13秒

技術開発は、まるでそれが現実と逆さまの世界であるかのように見えることがあります。「必要は発明の母」と言われた時代は終わりました。今日、「発明家」は創造物を最初に思いつき、それが何のために役に立つのかを決めることが多いでしょう。しかし、このドリップ・アップ、開発へのドリップ・ダウン・アプローチは、その可能性を見極めることができれば、非常に革新的なものになる可能性があります。

 

長年にわたり、ある程度の開発者がスマートグラスに取り掛かりました。Googleもグーグルグラスで、そしてスナップチャットもSpectaclesを使って、すべてをスタートさせました。その2つが存在し、苦労していることを知れば、インテルが彼らのVauntでその熾烈な競争に参加しようとしていることには驚くかもしれません。

 

それらのテクノロジーはあなたの目の中に直接メッセージを送り込む低出力クラスのレーザーで、小さく、スマートで、高速ですが、大きな問題は、他の多くが失敗している熾烈な環境下でそれらは本当に「成功」するかです。インテルは世界中の外部開発者に運命を賭けています。彼らは、その最新のテクノロジーの新しいユースケースを見つけることができるかもしれない分野に技術をリリースする予定です。

 

現在のところ、そのユースケースは限られています。画像が誰かの誕生日だと知らせるか、携帯電話からの通知を送信するか、ケーキレシピを網膜に投影するなどです。しかしこれらの用途だけでは、世界にVauntグラスを着用させることはできません。

 

Googleグラスは不発に終わった一方、その新しいユースケースは実用的でした。これはIntelが構築できるものです。目の位置でクリティカルな情報を表示し、外科医を助けることができる医療アプリケーションなどです。同様に、単純な顧客サービスでの使用では、従業員が必要な情報を見ながら、顧客と対面して話すことを可能にするでしょう。

 

Vauntの製品は、Googleが歩行者の前で道路上の地図を投影したような拡張現実感を提供することを目指していません。インテルの眼鏡は、少量のデータを目の中に直接投影するだけです。さらに、将来のモデルには、マイクベースのスマートアシスタントとスマートホームアクセス(AlexaやSiriなど)が装備されている可能性があります。第1世代のモデルは、頭の傾きのような微妙な動きのジェスチャーによって制御できるように、モーションセンサーも備えています。 2世代目の眼鏡には瞳孔追跡機能があるかもしれません。

基本的に、インテルはこれらをできるだけ自然なものにすることを望んでいます。

 

そして、これは、Googleとは異なる新しいユースケースが出現する場所です。無意識のうちにどんな情報を受け取りたいですか?インスタント翻訳アプリケーション、ハンズフリー電卓、Bitcoinの料金などでしょうか?

 

新しいユースケースが開発される間での期間は、本末転倒であるシステムを理解する良い機会です。なぜ新しい製品は、明らかに欠点があるときに駆動されるべきなのでしょうか?なぜ先に発明し、それを使用する方法を後で試してみないのでしょうか?結局のところ、ペニシリンや火など、人類の最も重要な発見のいくつかは偶発的でした。発明の効果は時間の経過とともに発見されるものかもしれません。

 

 

※本記事はNew use cases for tomorrow’s must-have productsを翻訳・再構成したものです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ