デザイン

デザイン

【サイト運営者必見】ユーモアと心理戦で購読停止させない工夫 真似したくなる購読解除ページ実例11選

LINE25

Line25 was built in March 2009 as a place to share web design ideas and inspiration through articles, tutorials and examples of stunning site designs.

本記事は、11 Unsubscribe Page Best Practices and Examples
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

    139 views

    読了時間 : 約3分43秒

    あなたはどのように顧客と関係を築いていきすか? 理想的としては、サブスクライバーの好みに合わせるために、サブスクライバーについて知りたいと思うでしょう。しかし、ユーザーが購読する価値がないと思ったのであれば、あなたはユーザーの要望や問題点を理解するのに十分な時間を費やさなかった可能性があります。 人々は、関心のないメールや情報を送られるのを好みません。 したがって、重要なのは、慎重にメッセージを作成し、サブスクライバーに必要な情報を提供することです。

     

    人は理由がないと、ニュースレターやサブスクライブをしません。 興味をそそるようにするためには、実際に役立つ内容を送らなければなりません。 しかし、それでもユーザーが購読をやめる場合は、ブランドを変更し、ユーモアを高め、メール購読をカスタマイズするオプションを提供するしかありません。

     

    顧客を引き付けるだけでなく、顧客をアクティブユーザーに変える効果的な購読解除ページを作成するための方法をいくつかを見てみましょう。

     

    1. J Crew

    J Crewは、ニュースレターがその最大の効果を得るためには、適切な顧客に連絡に送らなければならないことをよく理解しています。 そのため、受信トレイをパーソナライズするオプションをユーザーに提供し、購読を簡単にカスタマイズできるようにしています ユーザーに受信ボックスをコントロールする柔軟性を与えることによって、ユーザーは自分の好みにカスタマイズするため、退会する可能性が低くなります。

     

     

    2. Barkbox

    Barkboxの登録解除ページは、利用者の注意を引くようにデザインされています。 ページの文言、イメージ、トーンは、ブランドの個性を表し、ユーザーがより興味を持つであろうページを選択し提供しています。このようにすれば、サブスクリプションを適切な人に送ることができます。

     

     

     

    3. Bed, Bath and Beyond

    ユーザーは、Bed, bath, and Beyondの購読ページでEメールの頻度を選択できます。 1週間に受信する電子メールの数を、ユーザーが選択できるようにすることで、受信トレイをパーソナライズする方法をユーザーに与えています。

     

     

    4. Charity: Water

    この非営利の水道会社の退会ページでは、ユーザーに参加するか、または彼らの最高経営責任者(CEO)が水に突っ込むビデオを見るかの2つのオプションを与えます。 高い関心を引く提案をすることによって、この会社は加入者を維持し、購読停止率を1000分の1パーセント近くまでに減らしました。

     

     

    5. Free people

    Free peopleは顧客のために、非常によく考えた購読ページとニュースレターを作成しています。 しばらくの間、コンテンツ使用していないことを確認した際は、そのコンテンツを引き続き受け取りたいかどうかを尋ねるメモが送信します。 これにより、ユーザーは購読メールを引き続き受け取るか、購読を中止するかを選択することができます。

     

     

    6. Grammarly

    ユーザーは購読解除ページで自分の購読をコントロールできます。受け取りたいメールの種類を選択するためのオプションを提供することで、適切なコンテンツを適切な人に送信することができるのです。 受信ボックスをパーソナライズするオプションを与えることに加えて、購読解除ページもよく設計されています。

     

     

    7. Yankee Candle

    Yankee Candleは、ユーザーに登録解除ページから自分のEメールの頻度を選択する機能を提供しています。 スヌーズボタンで、購読者はメール購読をカスタマイズすることができます。 メールを受け取ることをオプトインした場合、受け取りを30日間休むすることができます。

     

     

    8. Bonobos

    このブランドは、購読解除ページで直接受信トレイをパーソナライズする機能を顧客に提供しています。 メールを受け取りたい回数を指定したら、ソーシャルメディアを通してブランドに接続するセクションに自動的にコネクトします。

     

     

    9. 1-800 Contacts

    1-800 Contactsの購読解除ページは、そのユーモアでよく知られています。 ユーザーが誤ってサイトにアクセスした可能性があることをユーザー自身に知らせることで、その効率性でユーザーを魅了します。 また、ソーシャルメディアを通じて、1-800 Contactsを知るためのオプションをユーザーに提供してます。

     

     

    10. Barneys New York

    Barneys NYは、‘You will be missed’(もうあなたには会えないでしょう)というメッセージとともに、購読ページについてのアンケートを実施しています。 これにより、会社のマーケティングチームは、ユーザーがなぜサービスをオプトアウトすることを選択したのかについて理解を深めることができ、これが今度はメールキャンペーンの再設計に役立ちます。

     

     

    11. Vimeo

    退会ページで、Vimeoは顧客に短い情報だけを与えます。 すべてのEメールを除外するのではなく、ユーザーは自分が受け取るものをコントロールすることを選択できます。 Vimeoは、これをかわいいグラフィックと穏やかなユーモアを活用して行っています。

     

     

     

    上記で紹介したブランドは、効果的で思いやりのある方法で、登録解除ページでユーザーにメッセージを表す効果的な手法を使用しています。 これらの例で度々使用されている5つの重要な要素があります。

     

    *受信者に自分の受信トレイをパーソナライズするオプションを提供する
    *メッセージをパーソナライズし、受信者があなたのコンテンツを見ているか確認する
    *ユーモアと素晴らしいブランディングを紹介
    *シンプルで、関連性があり、要点を守った情報を送る
    *代替手段と再購読オプションを提供する

     

    顧客があなたのメールキャンペーンから退会することを選択した場合、通常それには正当な理由があります。 問題点を理解することは、あなたのコンテンツが適切な時に適切な人に届くように、あなたのメールをパーソナライズするのに役立ちます。 また、退会の手順を思い出深いものにしておくことで、顧客が戻ってくる可能性を高めます。

    おすすめ新着記事

    おすすめタグ