デザイン

デザイン

ブランドのガイドラインには何を入れるのか?ブランドガイドラインの明確化と作成例

The Intellyo Blog

The Intellyo Creator Engine is an online publishing platform designed for collaboration to create stories that your audience loves.

本記事は、What you Need to Include in your Brand Guidelines
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

592 views

読了時間 : 約3分33秒

ビジネスの世界では、ユーザーに一貫した態度をとることが重要です。もしブランドの個性が変わるのなら、ユーザーは、良いか悪いか気づくことになるでしょう。そもそもブランドを思いだすのに苦労するでしょう。これを回避するためには、「ブランドガイド」を実装することです。

 

これは、多くのマーケティング担当者を恐れされる可能性がある言葉です。怖そうな言葉ですが、その必要はありません。ブランドガイドは、すべてのブランドに重要なパートで、邪魔になるより助けになるように見せなければいけません。ブランドのガイドラインをまだ作っていないのなら、追加すべきものをご紹介します。

 

ロゴユーサージ

ブランドのロゴは、ブランドを具現化する貴重な知的財産です。どうやって、どこに使用するのかというのはいくつかの厳しいルールを入れなければいけません。

 

このセクションは、ロゴの変更されたり微調整されたりすることがないように、ロゴのアウトラインします。これは、ブランドに悪影響を与える可能性があります。

 

様々な種類のフォーマット用のロゴのファイルをダウンロードしましょう。サムネイル、eメール、ソーシャルプラットフォームなどです。承認されたピクセルサイズと縦横比で、各ロゴをいつ使用するかを明確にします。Twitterのロゴユーサージガイドラインとリソースは、素晴らしい例です。

 

 

SNSメディアガイドライン

 

業界を問わず、あるいはBtoCかBtoBにもかかわらず、すべてのブランドがソーシャルでユーザーとのコミュニケーションに多くの時間を費やします。特定のソーシャルプラットフォームは、かなり幅広い一方で、オンラインソーシャルコミュニケーションは、パワフルで、絶妙です。

 

ブランドのソーシャルメディアエチケットに関する完全なガイドラインを含めることは意味があるだけでなく、非常に重要です。大きなブランドでも、SNSメディアの失敗を紹介しています。これを紹介することで、すべてのプラットフォームをいち早くプラン立てをするようにします。

 

eメールのオートモーションサービスのMailChimpは、素晴らしいブランドのガイドライン、SNSメディアは特に素晴らしいです。ソーシャル投稿の最適な長さ、エンゲージメントの実行方法、および明確なハッシュタグポリシーを規定しています。

 

 

 

 

文法と句読点

私たちひとりひとりが私たち自身の独自の方法で話すように、私たちは自分の声で書くのです。これは、個人としては完全に普通のことですが、複数の人が単一のブランド名で書いている場合は、面倒で矛盾しているように見えます。

 

ボイスを統合するためには、文法、スペル、句読点を含むライティング的テクニックのルールをクリアにする必要があります。また、英語は複雑なので、ガイドラインを厳格かつ徹底的に守ってください。

 

ブランドが行う最も一般的な技術上の誤りを注意する必要がありますが、これに限定されません。

 

  • アメリカ vs イギリス 英語(ターゲット層を考えましょう)
  • 頭文字を使う
  • 受け身を超え、アクティブボイスを使用する
  • 数字をスペルする(3桁の数字をコンマで区切る)

 

いくつかのブランドは、ガイドラインに絵文字のルールもあります。ソーシャル世代は、すべてのルールをカバーする必要があります。

 

ボイスのトーン

ブランドコミュニケーションで、トーンは重要です。ビジネスにとってユニークで、ブランドを目立たせるものでないといけません。例えば、ミレニアム世代をターゲットにした風変わりな飲み物のブランドは、彼らのマーケティングのトーンを完璧に合わせました。

 

ユーモアや口語体、スラングは、ブランドにもターゲットにも合うでしょう。しかし、BtoBやサースビジネス会計ソフトウェアを販売する場合は、おそらく最も適した方法を試すべきです。

 

ターゲットマーケットは、主にプロフェッショナルに作用し、トーンを反応させなければいけません。トーンは大きなブランドのみ考えなければいけないものと考えていないでしょうか。確かにそのような大きな市場もですが、より重要なのは一貫していることでしょうか?

 

それは違います。ビジネスの最初の段階で強く一貫した声のトーンを作り出すことは、「人間の」に忠実な顧客基盤を構築するのに役立ちます。オンライン販売しているビジネスに注目し、高いものを見つけ、ユーザーに響く、親しみやすく、独特のトーンを提示しているのは間違いありません。

 

強いトーンは力強い販売を行い、チームに明確にしましょう。トーンは見つけるためには、ユーザーから初めて、そこから逆の方向に働きます。これを特定していたなら、トーンのガイドラインをアウトラインができます。

 

ブランドの価値とミッション

 

ブランドの価値とミッションは、ガイドラインの後ろからある指導力です。それは、ビジネスの本質であり、多くの場合、ユーザーの目から見れば、競合他社と一線を画す重要なUSPです。

 

結果的に、あなたのブランド価値が何であるかを、あなたのチームに明確に説明することに役立ちます。それらはあなたの存在意義であり、すべてに情報を提供します。あなたがしていることとあなたがそれをしている理由です。

 

どこでビジネスが始まったか、なぜかとの説明とともに、どこへ向かうのかをアウトラインするのにも助けます。ビジョンステートメントは、あなたのチームを統一し、彼らがあなたのブランドのためのマーケティングコミュニケーションを作成している時彼らをやる気にさせるのを助けます。

 

厳格なブランドガイドラインを作成するのは、困難な作業に思えるかもしれませんが、やりがいのある作業です。ビジネスとは、商品やサービスだけでなく、ブランド全体です。ガイドラインを無視してweb、eメール、ソーシャルコミュニケーションを作成すると、一貫したエンゲージメントをユーザーに提供することができます。

 

ブランドのガイドラインに投資してください。それはあなたに指数関数的により多くの時間を節約します。

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ