ガジェット

ガジェット

3D、360°、VRがソーシャル広告に革命を起こすのはいつ?使用法と時期を徹底分析

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、When will 3D, 360-degree, and VR revolutionize social video ads?
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

691 views

読了時間 : 約2分35秒

FacebookやInstagramのようなSNSにあるソーシャルメディア動画の支出は、来年12.48億ドルにはねあがり、それらのプラットフォームは、コミュニケーション革命の最前線医いることが度々あります。しかしながら、ソーシャル動画の広告には、3D、360°、バーチャルリアリティーのような最先端の技術が登場していません。

 

これらの新しい技術は、ブランドに視聴者のフィードで画像、オブジェクト、動画を開拓したり、操作する方法をこれまでにないような手段でできるよう提供します。テクスチャ、ライティング、リアルなレンダリングの組み合わせは、従来の動画プラットフォームでは見られなかったブランド体験全体に活気と強度が見られます。

 

3D動画

 

3D動画は、視聴者にピッタリはまる実体験しているかのような驚きの方法です。いくつかのスマートフォンは消費者のニーズを見越してすでに3Dが搭載されています、またFacebookでも3D投稿がすでにされています。重要な課題は、広告でこの3D採用を遅らせることです。

 

はじめに、3D動画は2Dよりも10~20倍の時間と驚くほどのレンダリング時間がかかります。同時に、マーケティング担当者は、ソーシャルスペース維持のために、リソースと速度の両方の制約をナビゲートします。モバイルディバイスのための3Dの開発は、まだ初期段階であり、その仕事量は何百時間にもなるからです。

 

あなたがソーシャル上でそれと短い保存期間の動画をつなぎ合わせた時、3Dはほとんどのソーシャル公国にとってビジネス上意味を成しません。

 

それはいつ主流となるのか?

 

この革命をサポートする3Dが搭載されたディバイス処理能力が広く普及するには、3~5年かかるでしょう。

 

360°動画

 

私たちは、Facebookのインスタントエクスペリエントですでに没入型または球体型動画として知られている360°動画を使えます。これらのオンライン動画はメインフィードに表示され、社内のような360°ビューを提供します。

 

360°動画の採用の遅れには特別な利用ケースがあります。前述のように、自動車産業は明らかな選択です。事実、だれが新車に心揺らがない人はいますか?旅行業界は、ホテルの部屋や、びーじの別荘、など特別な予約の詳細や潜在的な顧客に見せたりするための表示として、早くからこの機能を導入しています。

 

3つの技術のうち360°動画は、最も近い未来に機会があるといえるでしょう。旅行や自動車業界がこの技術をすでに導入しているため、そのほかの産業がそれに追随するのは時間の問題です。なぜなら、没入型体験による視聴者のエンゲージメントを利用したいと思うだろうからです。3Dとはことなり、360°動画は、iPhoneやGoProのようなシンプルな技術でも撮影が可能です。

 

いつそれは主流となるのか?

 

とても早くたどり着きそうです。2022年までに幅広い分野の広告で360°動画が見られるでしょう。

 

バーチャルリアリティー(VR)

 

ソーシャル広告のVR採用の壁は、ハードウェアと処理能力です。5G急増でモバイルディバイスでVRサポートが提供されるので、処理能力の課題ははじめに解決するでしょう。5Gがアメリカや世界中で急速に展開されていて、ファーウェイはすでに6Gの研究も始めています。

 

しかし、ハードウェアは課題です。携帯電話はレンガのような大きさのものを耳元で構えて使っていたのを覚えていますか?現在、VRを使用しているのは主にここです。Oculusは幅広く使用するVRを洗練され、目立たず美しく楽しい方法で体験することをもたらす最も近い方法です。

 

それはいつ主流となるのか?

 

これはしばらくかかります。高品質のVRがソーシャル広告に登場するのは2025年とみています。ですので、これらの技能がソーシャル広告に登場するまでの間、私たち名何をすればよいのでしょう?現在可能なフォーマットを頼るしかありません。ストーリー、特にマーケティング担当者はバーチャルフォーマットや投票のように顧客と創造的に連携して作る新しい機会を提供していかなければなりません。

 

ただ座って待つだけではいけません。革新を続けていきましょう。そうすば休息は自然と訪れます。

 

ArronRedmoreは想像的なサービスのVRであり、モバイルファーストクリエイティブプロバイダーShuttlerockのコンテンツヘッドです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ