ガジェット

ガジェット

3Dプリンターを買ってみよう! 2021年にお勧めの格安3Dプリンター11選

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、11 Best Cheap 3D Printers You Can Buy In 2021
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

130 views

読了時間 : 約10分55秒

3Dプリンティングには、材料を堆積、付着、固化させて立体物を造形する様々なプロセスがあります。どのプロセスでも、材料(動力のある粒子や液体など)は、層ごとに追加(または融合)されます。

 

それぞれの層は、アイテムの非常に薄いスライスされた断面と見なすことができます。したがって、3Dプリンティングは付加製造法とも呼ばれます。

 

2021年現在、3Dプリンティングの材料の範囲と精度は向上しており、製造業や医療業界で一部の加法過程が商業的に使用されているほどです。実際、近年の3Dプリンティング技術で実現できる驚異的なことについては、多くの宣伝が行われています。

 

20年以上にわたり、付加製造法には非常に高い参入コストが求められてきました。低価格は低品質と同義であると考えられていました。

 

しかし、今ではそのようなことはありません。傾向が変わったのです。昨今の低価格3Dマシンは、非常に価値のあるものです。プロ仕様のプリンターではなく、また、ある程度の専門知識と忍耐が必要な場合が多いものの、初心者には最適です。

 

以下では、価格性能比、使いやすさ、信頼性のほか、フレームの種類、対応フィラメント、ソフトウェアの有無など、様々な要素を考慮して、最適な格安3Dプリンターを紹介します。

なお、価格については、日本で購入できる場合のAmazon等での提示価格を( )内に記載します。

 

11. Creality CR-6 SE

長所
✔簡単な組み立て
✔優れたベッドレベリング
✔停電時の印刷再開機能

 

短所
✖サービスの質が低い
✖技術者でないユーザーには難しいかもしれない

 

価格:399ドル(¥58,568)
印刷サイズ: 23.5 x 23.5 x 25 cm

 

CR-6 SEは、2つのZ軸と可動式のタイミングベルトを備えた広い基盤を持っており、不要な動きを減らし、より洗練された3Dプリントを実現しています。

3Dプリンティングの正確性は、ベッドの水平性に大きく依存します。Creality CR-6 SEは、革新的なトゥルー・レベリング・フリー・テクノロジーを採用し、16点の自動レベリングを行います。

 

ステッピングモータードライバーを搭載した32ビットのメインボード、X軸とY軸のベルトテンショナー、そしてテクスチャー加工されたガラスベッドが、プリンターの精度をさらに高めます。

 

4.3インチ液晶タッチパネル、最適化されたUI、最適化された細部(折りたたみ式フィラメントホルダー、密閉式アルミプロファイル、ツール収納ボックスなど)により、ユーザーエクスペリエンスがさらに向上しています。

 

総合的に見て、少しの手間で上手に印刷したい方や、ユニークで変わったマシンを所有するのが好きな方には、Creality CR-6 SEは最適な選択です。

 

10. Qidi Tech X-Pro

長所
✔デュアルエクストルーダーによる2色印刷対応
✔簡単な操作性
✔WiFi接続

 

短所
✖印刷品質がいまひとつ
✖手動によるベッドの水平調整

 

価格:469ドル(¥67,999)
印刷サイズ:23×15×15cm

 

Qidi Tech X-Proは、独自のデュアルダイレクトドライブエクストルーダーを搭載しているため、フィラメントスプールを交換することなく2色の印刷が可能です。アクリル製のカバーと、金属製フレームの側面と上部に磁石で取り付けられる追加パネルを備えています。

 

この透明パネルは、チャンバー内の温度を一定に保ちます。これは、特定の温度を必要とする素材には非常に重要です。4面のターボファンが強力な冷却性能を発揮し、印刷品質を大幅に向上させます。

 

メタリックボディのサイドパネルには、きちんとしたケーブルマネジメントが施されています。メーカーによると、ABS、PLA、PETGの印刷が可能です。

 

また、4.3インチのタッチスクリーンを搭載し、ユーザーに優しいインターフェースを実現しています。タッチスクリーンでリアルタイムの統計情報が提供されることにより、印刷プロセス全体をより直感的に操作することができます。

 

9. Anycubic Photon Mono

長所
✔初期設定が非常に簡単
✔安定性が高く、印刷速度が速い
✔UVスクリーンが見やすい

 

短所
✖臭いが気になる場合がある
✖ベースが樹脂の上に出てくるまで何が起きているのか分かりにくい

 

価格:259ドル(¥34,900)
印刷サイズ:13×80×16.5cm

 

Photon Monoは、初心者向けに設計された信頼性の高い樹脂製3Dプリンターです。最大の特徴は、モノクロ液晶を搭載していることで、印刷速度が飛躍的に向上しています。最大で毎時5cmの印刷が可能で、これは従来の3Dプリンターの約2.5倍の速さです。

 

さらに、より均一なUV硬化を実現する新世代の「マトリクス型パラレル光源」を搭載し、効率も若干向上しています。この光源と2Kモノクロ液晶ディスプレイとの組み合わせにより、精度や印刷内容が大幅に向上しています。

 

最大8倍のアンチエイリアスに対応し、ガジェットやミニチュア、ゲームキャラクターなどをより詳細に印刷することができます。2560×1620ピクセルの解像度は、XY解像度51ミクロンに相当し、革新的ではありませんが、非常に印象的で、アイテムを詳細に印刷することができます。

 

他の特徴としては、静音であるため、仕事や睡眠に影響を与えません。剥離フィルムの交換という面倒な作業も必要ありません。また、透明なカバーを付ければ、紫外線を99.9%カットしながら印刷の様子を見ることができます。

 

8. Tronxy X5SA Pro

長所
✔オートレベリングセンサー
✔フィラメントランアウトセンサー
✔パワーレジューム機能

 

短所
✖組み立てに時間がかかる
✖カスタマーサービスが遅い

 

価格:389ドル(¥38,999)
印刷サイズ:33×33×40cm

 

Tronxy X5SA Proの最も印象的な点の一つは、フレームデザインです。アクリル製のパーツは4つだけで、あとはアルミと板金で構成されています。また、3Dプリントの安定性と正確性を高めるために、2軸のガイドレールを搭載しています。

 

他の格安3Dプリンターとは異なり、オートレベリングセンサーが搭載されているため、イライラするベッドの水平出し作業が楽になりました。プリントベッドは取り外し可能で、印刷したオブジェクトをワンタッチで取り外すことができます。

 

フィラメント切れ検知機能やプリントレジューム機能など、停電時にも印刷の進行を安全に保つことができる便利な機能が数十種類用意されています。

 

3.5インチのフルカラータッチスクリーンを使って、印刷プロセス全体をコントロールすることができます。そのシンプルで直感的なインターフェースは、印刷をより便利にします。

 

本機は、大判プリントやDIYが好きな人のために開発されました。ユーザーは、自分でプリンターを組み立てる必要があります。この過程で、自分のアイデアに応じてプリンターの外観を変更することができます。

 

7. Lotmaxx SC-10 Shark

長所
✔多色印刷
✔便利な着脱式スクリーン
✔放熱効率を高める4つのファンデザイン

 

短所
✖レーザー彫刻は一行ごとに印刷される
✖モジュールを追加すると配線が複雑になる

 

価格:259ドル(2万円台)
印刷サイズ: 23.5 x 23.5 x 28 cm

 

Lotmaxx SC-10は、非常によくできていて、耐久性があり、信頼できるプリンターです。非常によくできていて、耐久性があり、箱から出しても信頼できるプリンターです。カンチレバーやガントリーなどの複雑なモジュールはすべて工場出荷前に組み立てられており、95%の組み立て済み製品として出荷されます。そのため、残りの部分は自宅で5~10分程度で組み立てることができます。

 

プリンターにはデュアルエクストルーダーが搭載されており、それぞれのエクストルーダーには2つのメタルギアがあり、よりスムーズな供給性能を実現しています。色の異なるフィラメントを自動的に切り替えることで、個性的で特別な作品を作ることができます。

 

また、1.6Wのレーザー彫刻機にも対応しており、革、ポリ塩化ビニル、樹脂、プラスチック、木など、様々な素材を彫刻することができます。ただし、レーザーキットはプリンターに付属していないため、必要に応じて購入する必要があります。

 

0.1mmの精度を実現したオートベッドレベリング技術を搭載。誘導センサーが加熱床を検知し、傾きを測定し、自動的にキャリブレーションを行います。

 

このオートベッドレベリング機能は、3.5インチのタッチスクリーン上でタップするだけで有効になります。印刷工程の詳細情報を表示するインターフェースは、8カ国語に対応しています。

 

6. Elegoo Mars 2 Pro

長所
✔頑丈な作り
✔高速印刷と少ないメンテナンス
✔多言語インターフェース

 

短所
✖冷却ファンの音が大きい
✖スクリーンに保護ガラスがない

 

価格:299ドル(¥34,999)
印刷サイズ:12.9×8×16cm

 

2K解像度の6インチモノクロ液晶を搭載したElegoo Mars 2 Proは、卓越した印刷と超高精度を実現します。従来のRGB液晶搭載の3Dプリンターと比較して、印刷速度は2倍、寿命は4倍となっています。これは、より少ないメンテナンスで安定した性能を提供することを意味します。

 

また、新しいUV LED光源構造により、より均一な発光(斑点のない発光)と高い放熱性能を実現しています。具体的には、最大で毎秒1/2層、50ミクロンのXY精度での印刷が可能です。

 

活性炭を搭載し、樹脂の煙を吸収します。シリコンゴム製のシールとターボ冷却ファンを併用することで、不快な臭いをほとんど感じさせません。

 

大小様々なモノラル液晶プリンターが存在する中で、Mars 2 Proは使いやすさと品質の高さで群を抜いています。ボードゲームのミニチュアから工業部品まで、何でも印刷できます。

 

5. Prusa I3 MK3S+

長所
✔優れた印刷品質
✔複数のフィラメントタイプに対応
✔1kgのPLAスプールが付属

 

欠点
✖静音性が低い
✖組み立て済みのユニットはかなり高価

 

価格:749ドル(¥99,800)
印刷サイズ:25×21×21cm

 

Prusa Research社のMK3S+は、着脱可能なスプリントスチールプリントシート付きヒートベッド、フィラメントセンサー、メッシュベッドの自動水平調整、電源断時のリカバリーなど、高品質な造形物を印刷するために必要な機能をすべて備えています。

 

印刷プロセスを開始する前に、MK3S+は様々な位置からベッドを分析し、印刷エリアの仮想ヒートマップを作成して、常に1層目が正確に印刷できるようにします。

 

また、内蔵されたフィラメントセンサーにより、エクストルーダーに挿入されたフィラメントの種類と色を検出することができます。また、本機は、PLAプラスチック、ポリプロピレン、ポリカーボネート、フレキシブル素材など、様々な素材に対応しています。

 

このプリンターには、キット(わかりやすい説明書付き)と工場での組み立て(すぐに使える)の2種類があります。ネジ1本1本を組み立てるのが面倒な場合は、999ドル(¥149,800)の完全組立品を注文できます。

 

4. Anycubic Mega X

長所
✔大きな印刷サイズ
✔カラータッチスクリーンで簡単操作
✔充実したスターターパッケージ

 

短所
✖ファンの音が大きい
✖オートレベリング機能がない

 

価格:339ドル(¥56,999)
印刷サイズ:30×30×30.5cm

 

Anycubic Mega Xは、3本のケーブルと12本のネジを差し込むだけで、素早く簡単に組み立てることができます。一度プリンターをセットアップしてしまえば、新しいプロジェクトを始めるたびに再設定する必要はありません。

 

オールメタルフレームとコンパクトな筐体は、振動を最小限に抑え、印刷品質を高め、モデルの細部をより多く復元します。Y軸デュアルサイドウェイ設計とZ軸デュアルスクリューロッド設計により、印刷エラーの可能性を低減しています。

 

ヒートベッドには、特許取得済みの微多孔層がコーティングされており、印刷時には3Dプリントがベッド表面に強く密着し、室温まで冷えると楽にベッドから落下するようになっています。

 

また、3.5インチのTFTタッチスクリーンには、印刷時に必要な情報やオプションがすべて表示されています。デザインの良さ、機能の豊富さ、使い勝手の良さ、そしてお手頃な価格設定など、初心者の方にもお勧めです。

 

3. Monoprice Voxel

長所
✔印刷速度が速い
✔クイックチェンジノズル
✔操作が簡単

 

短所
✖ソフトウェアの質が低い
✖0.5kg以上のスプールを収納できない

 

価格:449ドル(¥82,150)
印刷サイズ:15×15×15cm

 

Monoprice Voxelは、WiFiシステムとタッチスクリーンを搭載しており、簡単なセットアップですぐに使い始めることができます。シースルーのプラスチック製ドアを備えており、印刷中は(マグネットロックで)閉じることができます。これにより、火傷やフィラメントの臭いを防ぐことができ、印刷中の音も小さくなります。

 

また、必要に応じてエクストルーダーを取り外したり、交換したりすることもできます。また、加熱されたビルドプレートを取り外すことができるので、印刷したものを簡単に取り出すことができます。また、追加のビルドプレートが付属しているため、前の印刷が終わったらすぐに新しいプロジェクトを始めることができます。

 

また、2.8インチのフルカラータッチパネルを使って、ベッドの水平調整を行うことができます。ベッドとノズルの距離をワンタッチで調整できます。

 

他の格安3Dプリンターとは異なって、Monoprice Voxelには完全に密閉された印刷エリアがあり、安定した印刷環境を必要とするオブジェクトには有益です。

 

メーカーによると、Voxelは最大印刷速度6cm/秒、最小レイヤー高さ50ミクロンを達成することができます。

 

2. Ender 3 V2

長所
✔かなりの印刷品質
✔静かな動作音
✔すっきりした外観とデザイン

 

短所
✖フィラメントの供給量が少ない
✖タッチスクリーンがない

 

価格:269ドル(¥39,900)
印刷サイズ:20×22×25cm

 

Ender 3 V2には、32ビットのマザーボードが搭載されており、干渉を防ぎ、安定した動作を実現しています。また、エクストルーダーにはロータリーノブが装備されており、フィラメントの供給が非常に簡単に行えます。

 

また、新しいUIシステムと4.3インチのスマートカラースクリーンを搭載しています。カーボランダムガラス製のプラットフォームは、接着性が高く、冷却後のプリントの取り出しが容易です。

 

X軸とY軸のテンショナーは、より便利な方法でベルトの張力を調整することをサポートし、マシンの性能と精度を維持することができます。

 

全体的に見て、完璧には程遠いですが、低価格の3Dプリンティングの新たな基準としては驚くべきものです。このマシンは組み立てが簡単で、そこそこの印刷サイズで、高品質な印刷ができます。

 

1. Artillery Sidewinder X1

長所
✔フルアルミフレームデザイン
✔低いノイズレベル
✔オーディオとビデオのサポート

 

短所
✖放熱にムラがある
✖壊れやすい配線

 

価格:329ドル(¥59,999)
印刷サイズ:30×30×40cm

 

Artillery Sidewinder X1は、この価格にもかかわらず、素晴らしい機能を備えています。ACヒーテッドベッド、カラータッチスクリーン、メモリーとUSBスロットを装備しています。全体の95%が組み立て済みであるため、設置のために何時間も費やす必要はありません。

 

このプリンターは、停電検知・回復、フィラメント切れ検知・回復に対応しています。電源、メインボード、3.5インチのタッチスクリーンがベースユニットにすっきりと組み込まれているため、洗練されたプロフェッショナルな外観になっています。

 

UIは非常にシンプルで使いやすく、サブメニューごとに色が異なっています。この小さな画面から、印刷プロセス全体を俯瞰してコントロールすることができます。

 

Sidewinderが他社と一線を画しているのは、リボンケーブルの使い方にあります。他の手頃なデスクトッププリンターとは異なり、Sidewinder X1では太いリボンケーブルが整然と配置されています。調整可能なスプールホルダーは、最大3Kgのフィラメントロールに対応しています。

 

消費電力は100~240ボルトで、3分以内にノズルが加熱されます。印刷速度は最高で毎秒15cm、レイヤーの解像度は0.001cmとなっています。

 

また、Facebookのグループもありますので、何かあればご利用ください。メンバーは印刷したアイテムや製品についての提案を定期的に共有しています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ