ガジェット

ガジェット

Android以外のLinuxスマートフォン7選

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、7 Future Linux Smartphone OS other than Android
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

94 views

読了時間 : 約5分50秒

スマートフォンには、iOS、Android、Windows、Blackberryがあることはよく知られています。中でもAndroidは、Linuxプラットフォーム(Linux Distro)をベースとしており、最も多くのユーザーに支持されています。また、Linuxは現在のほとんどのOSの基礎となっています。スマートフォンの80%以上がLinuxを搭載していることをご存知でしょうか?

 

今日は、あまり一般的ではなく、今後数年のうちに市場で目にすることになるであろう未来のLinuxスマートフォンOSを紹介します。注:これらはすべて開発中のものです。

 

7位.ノキアX

これは、マイクロソフトが開発している全く新しいプラットフォームです。ほとんどがGoogleのAndroidをベースにしていますが、インターフェースは大きく異なります。Androidのオープンソースプロジェクトで、Google playストアとサービスがMicrosoftのappストアとサービスに置き換えられています。

 

Nokia XのGUIは、Windows OSに非常によく似たフラットデザインを採用しています。

 

6位.WebOS

 

 

WebOSは、2010年にHPが買収したPalm社が開発したデバイスです。WebOSは、2010年にHPに買収されたPalmによって設計されました。HPは、WebOSに対して長期的かつ明確なビジョンを持っています。

 

彼らは、WebOSをスマートフォンやタブレット、さらにはPCでも使用したいと考えていました。しかし、残念ながら期待通りにはいきませんでした。AppleのiPadに対抗するために、WebOSを搭載したタブレット「HP TouchPad」を発売しました。しかし、市場での評価は芳しくなく、すべての製品を販売するために、価格を500ドルから99ドルに下げました。

 

この失敗を受けて、HP社はWebOSのソースコードをオープンにし、現在はWebOS Community Editionと呼ばれています。2013年には、LG社の製品であるLG Smart TVにWebOSが採用されました。これにより、簡単でインタラクティブなインターフェイスを備えた、驚くほど洗練されたデザインのテレビが誕生しました。

 

LG社は、WebOSを搭載したスマートフォンの発売は発表していませんが、テレビでのWebOSの使用は継続する予定です。

 

WebOSはさまざまなウェブアプリケーションを実行し、その機能の多くは革新的なものです。多くの機能が他の人気OSに統合されています。例えば、WebOSのマルチタスクカードは、iOS 7のマルチタスクインターフェースに採用されています。現在、LGはオープンソースのWebOSプロジェクトを推進しています。

 

5位.Jolla Sailfish

 

 

Sailfishは、Linuxベースのスマートフォンで、Ubuntuとの互換性があります。ソースコードはMeeGoをベースにしています。

 

MeeGoの歴史

 

ノキアは、マイクロソフトと提携する前に、MaemoというLinuxスマートフォンのプロジェクトを進めていました(2010年)。その後、Maemoプロジェクトはインテル社と提携し、MeeGo OSと名付けられました。

 

ノキアは、このOSを自社製品のひとつであるNokia N9に搭載し、多くの人々、特に開発者に支持されました。これは、MeeGoを搭載した最初で最後のスマートフォンとなりました。その後、Nokiaはこのプロジェクトを終了し、Windows Phoneに専念することにしました。

 

その結果、MeeGoの主要開発者の多くが会社を去りました。彼らはJollaという会社を立ち上げ、Sailfish OSを開発しました。ソースコードのほとんどは、MeeGoからのみ引用されています。基本的に、SailfishはMeeGoを継承していますが、Nokiaの所有物ではありません。Sailfishは、Qtで作られたすべてのアプリと、いくつかのアンドロイドアプリも動かすことができます。

 

現在のSailfishでは、GUIコンポーネントや接続機能にまだ多くの作業が必要です。同社によれば、今後数年間で、高度なカスタマイズが可能(オープンソース)になり、タブレット、携帯電話、さらにはテレビにも対応できるようになるとのことです。

 

4位.サムスンTizen

 

 

Tizenは、Linuxをベースにしたオープンソースのモバイルオペレーティングシステムで、タブレット、スマートフォン、ノートブックなどに対応しています。

 

Tizenプロジェクトは、主にSamsungとIntelによってコントロールされており、その他にもSprint、Huawei、NTT Docomo、Fujitsuなどの企業が参加しています。Tizenには、Badaの要素、ごく少量のMeeGoのソースコード、LiMoのUIスタック、jQueryモバイルアプリフレームワークのコンポーネントが含まれています。

 

SamsungのTouchWiz(アンドロイド製品のカスタムGUI)は、TizenのUIに影響を受けています。

 

大きな欠点は、Tizenにはアプリのストアがないことです。そのため、もしサムスンがグーグルとの提携を解消することになれば、独自のアプリストアを開発する必要があります。しかし、これは少なくとも4年間は実現しないでしょう。Tizenは主にAndroidアプリを動かすために設計されています。

 

サムスンのスマートウォッチ「Gear 2」にはTizen OSが搭載されています。最近、ロシアで発売された初のTizenスマートフォン「Samsung Z」が公開されました。2.3GHzのクアッドコアプロセッサを搭載しており、アプリの反応が良く、キビキビしていることが分かります。全体的に見て、Tizenは他の新しいLinuxベースのOSと厳しい競争をする準備ができています。

 

3位.Amazon Fire

 

 

思い起こせば数日前、アマゾンはタッチスクリーンの電子ブックリーダー「Kindle」を「Androidタブレットをベースにしている」と宣伝していました。そして今度は、「Androidとの互換性」を謳っています。これは、アマゾンが独自のOSである「Amazon Fire」を宣伝しているようです。

 

Amazon Fireは、Android Open Source Project (AOSP)をベースにしています。Kindle fireでは、GoogleのPlayストアやサービスに代わって、Amazonアプリストアが利用できるようになっているのは明らかです。約75%のAndroidアプリが、Amazon Fire上で(変更なしで)動作しています。

 

Amazon OSには、15秒以内にサポート担当者とビデオチャットができるMaydayや、商品を素早くスキャンするアプリがあり、簡単にamazonで商品を購入することができるなど、特別でユニークな機能があります。その他の主な機能としては、テキストから音声への変換、ウェブアプリケーションのサポート、ドルビーオーディオAPIなどがあります。

 

現在、このOSは第3世代のKindle FireとAmazon Fire TVに搭載されています。

 

2位.Ubuntuスマートフォン

 

 

Ubuntuは、イギリスの企業が開発したLinuxベースのOSです。その目的は、スマートフォン、タブレット、デスクトップ、テレビなど、すべてのデバイスに単一のOSを提供することです。マイクロソフトがスマートフォンとデスクトップで同じWindows OSを実現しようとしているように。しかし、彼らはまだそこに到達していません。

 

間違いなく、Ubuntuはエントリーレベルのスマートフォンユーザーを対象としています。デバイスごとにOSを分けることはありません。画面サイズやデバイスの種類に応じて、インターフェースが自動的に調整されます。

 

つまり、PCにインストールすれば、キーボードとマウスに最適化されたインターフェイスが表示され、携帯電話やタブにはタッチ・インターフェイスが表示されるのです。かっこいいでしょう!?レスポンシブ・ウェブデザインのように、Ubuntuはレスポンシブ・オペレーティング・システムを作ろうとしています。

 

なぜ、Ubuntuは今後も成功するのか?

・1つのソフトウェアですべてのデバイスに対応

・ARMとx86の両方のプロセッサをサポート

・アプリのサポートに苦労しない

・ゲームに適している

 

1位.Firefox OS

 

 

Mozillaによると、Webは未来のプラットフォームだそうです。すべてのPCユーザーは、ほとんどの時間をWebブラウザとアプリだけに費やしています。私たちはMozillaのFirefoxブラウザに慣れ親しんでいますが、今度はHTML5ベースのモバイルOSを発表します。これは、GeckoレンダリングとFirefox Webブラウザをベースにしています。

 

Firefox OSには3つの部分があります。Gonk、Gecko、Gaiaです。Gonk はハードウェア抽象化層 (Kernel) で、さまざまなチップセットに対応しています。Gecko は、ネットワークを設定し、コーデックのサポートを定義し、すべてのアプリケーションタスクを処理するアプリケーションインターフェースです。Gaia は、画面の入出力を処理するユーザーインターフェースです。

 

Firefox OSを搭載した端末は、すでに市場に出回っています。Alcatel one touch、ZTE open、Huawei Y300II、Intel cloud FXなどがその例です。これらの端末の利点は、すべてがオープンソースであることです。あなたが開発者であれば、Firefox OSシミュレーターを使用することができます。これは、独自のアプリケーションを書きたい場合には素晴らしいプラットフォームです。

 

Mozillaは、スマートフォンのネイティブアプリをWebアプリケーションで置き換えたいと考えています。このプロジェクトを達成するためには、オペレータとユーザの両方を幸せにするエコシステムを開発する必要があります。

おすすめ新着記事

おすすめタグ