ガジェット

ガジェット

Google Pixel3を実機レビュー:良いから最高へ進化したスペックやカメラ、新機能や改良点などを徹底紹介!

Medium

Medium taps into the brains of the world’s most insightful writers, thinkers, and storytellers to bring you the smartest takes on topics that matter. So whatever your interest, you can always find fresh thinking and unique perspectives.

本記事は、Google Pixel 3 review: taking good to great
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

    249 views

    読了時間 : 約15分9秒

    PixcelがiPhoneを脅かす2つのポイントは「無制限ストレージ」と「Googleフォト」

    Pixel2に替えたばかりのような気がしていましたが、もう1年が過ぎました。

    Googleは先週ニューヨークでPixel3を発表しました。

    正直なところ、今年のデバイスについてはあまり気にかけていませんでした。

     

    今年はせいぜい段階的な改良で、アップグレードしたくなるようなことはないと思っていました。

    でも私は間違っていたのです。Pixel3はよく見てみる価値があります。

     

    Pixel3を1週間試してみて、1年でGoogleがこのデバイスをどれだけ磨き上げたかを知って、かなり驚きました。

    荒削りな部分を磨き、社内のインダストリアルデザインゲームを次のステップへ押し上げました。

     

    Googleのハードウェアの取り組みは、たった3年でオタク向けの実験から革新的なデザインのパワーハウス、そして高品質のスマートフォンにまで高めました。

     

    Pixel3は見た目と使い勝手がよいだけでなく、アップグレードしたくなる便利な改良もあります。

    シンプルかも知れませんが、結局見た目だけではなく思っていたよりも重要なことが起こっているのを感じながらこのレビューを書き始めました。

     

    この1年あまり変化がなかったので、取り上げるべきことがあまりにも多くてびっくり仰天しました。

    私の安っぽいPixel2 XLをアップグレードしたくなって、ワクワクしました。

    Pixel3は段階的なアップグレードではありますが、Googleのスマートフォンの取り組みの中で画期的な前進です。

     

    この電話についてなにもかも話すのに1週間では足りないと思いますが、この新しいデバイスで何が起こっているかを明らかにするためにできるだけのことはしました。

    新しい機能や意外な動き、びっくりするようなことがあれば、この記事を更新するつもりです。

     

    先に進む前に注意してほしいことがいくつかあります。私が持っているPixel3は最終版のソフトウェアで、本番デバイスに搭載される予定のアプリケーションのプレビュービルドが10月18日に予定されています。

    Night Shotのように、足りない機能を追加するアプリのアップデートが他にもあります。それらについては、関連するところで説明しますので、執筆時点ではレビューできません。

     

    Pixel3xlの画面の違いと差は?大を取るか小を選ぶか。ノッチで選ぶ。

     

    簡単に説明すると、今年のPixel3ラインナップは、XLモデルで大事なユニットはノッチです。よく言えばセクシーで、悪く言えば分かりづらいです。なぜそれがあるのでしょうか。

     

    Googleが画面の幅を携帯電話の上端いっぱいまで広げようとしたためこのような設計になったのですが、なぜかあごはディスプレイに表示されたままなので、iPhoneのTrueDepthセンサーのノッチとは違ってかっこいいとは言えません。

     

    ノッチが本当に奇妙なのは見かけだけではなく、Googleがオペレーティングシステムに含むかたちで実装したということです。その代わり完全に邪魔になっていて、価値を上げるどころかコンテンツやステータスバーなどと、あちこちぶつかっています。

     

    グーグルが妥協をしたかったことは認めますが、なぜもっとうまく対処するためにソフトウェアを活用しなかったのか、なぜノッチのサイズがとんでもなく大きいのか理解できません。

     

    当然のことながら、コミュニティは適切なソリューションに力を入れて設計しました。ディスプレイの上隅を暗くし、そこにある通知をしまい込んで、ノッチを隠してシームレスに見せます。これは他の一流のノッチメーカーがこれまでに行ってきたものよりよくできています。

     

    私のなかでは、自分が買いたいものからPixel3 XLはすぐに外れました。ノッチも原因の1つですが、今年の小型モデルに興味を持ったのは、Pixel2 XLの最高の機能を受け継いでいるからです。

     

    今年のPixel3の小型モデルは同じフレーム内で大きく広がった丸みを帯びたスクリーンで、ノッチはありません。バランスが取れていて、何よりも持った感触が良いです。2 XLを持っていると手がけいれんしたので、小さいモデルはうれしい変化でした。比べてみると、今では大きなデバイスはサーフボードを持っているように感じます。

     

    私はニューヨークでは3 XLをたくさん使いましたが、長い間小型のデバイスばかり使っていました。このレビューでは主に小型のデバイスにフォーカスしていますが、結局私にとって非常に面白いものになりました。

     

    ピクセル3は全体に及ぶ改良がされていてバランスが良い

     

    私はPixelの基調講演を見てすべてのリークを知り、自分が欲しいデバイスなのか決めかねていました。2019年まで待ってPixcel4がどうなるか見た方がいいかもしれないと思っていました。そしてPixel3を手にしてみて、その考えは吹っ飛んでしまいました。なんてすごいのでしょう!

     

    ニュアンスとしては、Googleがハードウェアをかなり改良したということです。写真でみるとあまり変化はないようですがPixel3を手にしてみると、ずっしりとして、バランスがよく、ディスプレイはこの世のものとは思えません。ハードウェア設計に関するすべてが、2017年以降に検討、改良、改善されました。素晴らしいです。

     

    裏はガラス製で角は丸みを帯びて光沢があるので、Pixel3はこれまでになくiPhoneに近づいているように感じます。これは褒めているのです。Appleのハードウェア設計は素晴らしいですし、Googleは真似したのではなく同じレベルのハードウェアを設計したということです。

     

    最も優れたiPhone以外の主力製品であり、他のメーカーができないことをしているのですから、優秀です。しかしGoogleはわずか3年後に達成しました。手に持った感触はとてもよく、特に偽物のプラスチックみたいなPixel2がとなりにあって、両方を持つとなおさらです。

     

    とりわけ人類が知っている中で最も滑りやすい素材で作られているiPhone 8とは異なり、Pixel3はもう少しグリップのあるマットなガラスのおかげで手にぴったり収まります。

     

    裏をガラスにしたことによって、良い点と妥協点がたくさんあります。初めてワイヤレス充電を可能にした割に、見た目と感触は見事です。欠点は前よりも背面が壊れやすいので、修理のコスト(または可能性)が高まることです。また、ときどき手垢で指紋が見えることもあります。

     

    私はアルミ製のPixel2 XLを楽しんでいました。軽くてはるかに壊れにくいと感じたからです。でもPixel3の手になじむ感じの方が好きです。どちらかと言えば、背面をガラスに替えるということは2017年からのかわいらしい「パンダ」色に別れを告げることになるので、それは残念です。Pixel3は2つの異なる素材ではなく、1枚のガラスでできているからです。

     

    新しい色も同じです。ジャストブラック(私がテストしたもの)、ノットピンク、クリアホワイトがあります。

     

    ちょっと風変わりな名前はさておき、今年手に入れるべきなのは絶対ピンクの携帯です。写真では正確な色が出ていません。それはなんとも変わった、私が大好きなパステルカラーです。新しいラインナップの中で、Appleのメタリックカラーとはぜんぜん違います。

     

    ディスプレイもすぐに改良されたことに気づきました。美しい出来栄えで、昨年の小さいPixel2の角張った画面とは対照的です。ずっとこうあるべきでした。角が丸みを帯びているところが気に入っていて、電話がかっこよく見えます。前よりも明るく、コントラスト比が良いです。スマートフォンの中で最も鮮やかな画面と言えるでしょう。

     

    Pixel2 XLのディスプレイにはいろいろな問題があると言われていましたが、私のものにはそのような問題はありませんでした。見た感じもよく、色も問題ありませんでしたが、Pixel3のディスプレイは次のレベルです。ハイダイナミックレンジ(HDR)対応の数少ないデバイスの1つで、初日からYouTubeやNetflixのHDRビデオを楽しむことができます。

     

    Pixel Standは、Pixel3のアップグレードに値する私が気に入った新機能の1つで、これには完全に驚かされました。これまでワイヤレス充電をしたことはないのですが、特に急速充電を行うと1時間以内にフル充電できるようになったのです。

     

    なんということでしょう、私は間違っていました。ワイヤレス充電は魔法のようで、Pixel Standは高速充電をしながら携帯電話を完璧なナイトテーブルに変えてしまうのです。

     

    ワイヤレス充電器はたくさんあり、Pixel3はQiに準拠しているので、基本的にどんなものでも使えます。

     

    Pixel Standが特別なのは、電話機を平らではなく自分に向けて直立させることができ、このモードでさらに使いやすいようにインタフェースを変更できることです。

     

    スタンドを使ってワイヤレス充電すると、ディスプレイに時計が表示されます。大きなボタンはアシスタントが使えることを示しています。いずれかをタップすると、スタンドで使いやすい方法で大きなフォントと画像が表示されます。

     

    すぐ気になったのは、夜は邪魔になると思ったのですが、Googleはきちんと考えていました。暗くなるとディスプレイが消え、自動的にお休みモードになります。夜寝る前に読書するとき、とてもいい機能です。電気を消すと画面が少しずつ暗くなっていきます。

     

    他にもたくさん細かな良い機能があり、お気に入りの写真をさりげなく表示するモードや、目覚まし時計が鳴る前に画面を最大の明るさにして、徐々に目覚めさせる日の出目覚まし時計などがあります。驚いたことに、これは本当にわたしに合っていて、本当に目が覚めました。

     

    Pixel Standをあちこちに置きたくて仕方がないのですが、それがかなわない理由は価格です。机の上、ベッドのそば、それ以外にも長い時間座って過ごす場所など。携帯電話と対話するためのとても素晴らしい方法なので、これからGoogleがいろいろと新しいモードを加えてくれることを望んでいます。間違いなく、たくさん買うつもりです。

     

    この記事では、Pixel3のバッテリーは次の段階に到達したと言えるほど優れています。一日中絶えず使用しているとしても、空にするのは難しいです。私は1週間だけこの電話を使いましたが、小さいモデルを使用しているとは言え、一日以上バッテリーのことはまったく気にせずに過ごせました。

     

    午前8時ごろ友人と出かけ、私の電話で1時間ドローンを飛ばし、Googleマップを使い、写真をたくさん撮り、午後6時に家に帰ったときバッテリーは約27パーセント残っていました。感動です!

     

    データが手に入ればもっと詳しくデータを載せますが、ざっと考えても5~6時間ずっと画面を表示することができました。電池の心配とはお別れです。他には何もいりません。これが電池パックそのものですから。

     

    最後に、前世代のPixelを含めどのAndroidよりも劇的によくなったことはバイブレーションです。テクノロジー愛好家以外も気にかけているかどうかはわかりませんが、前世代のバイブレーションモーターは特にiPhoneと比較したときに中身がない感じがしました。

     

    Pixel3になって、それが修正されました。ハイエンドの携帯電話に期待するものと同じレベルになったのです。箱から出してすぐに気づきました。単に、やっとしっくり感じたからです。

     

    Pixcelのカメラはデジタル一眼にほこりが貯まってくるほど最高

     

    Pixel2 XLに切り替えてからデジタル一眼レフにほこりがたまり始めました。今やもう二度と手に取ることはないと思います。

     

    Pixel2は最初のスマートフォンで、どんな場面でもうまく撮ることができ、信頼できました。そしてすぐに私のお気に入りのカメラになりました。休暇、外出、イベントにデジタル一眼レフを持ち歩かなくなりました。こうして最高のカメラがずっと私のポケットの中に収まることになったのです。

     

    Pixel2が1年前に発表され、2018年にAppleがiPhone Xをリフレッシュした後でも、Pixel2がまだ最高のスマートフォンカメラとしてのタイトルを保持していたことは間違いありません。それだけでかなり見事なことで、Pixel3がこの限界をさらに押し広げるとは思ってもいませんでした。現在ハードウェアの最前線では、ハードウェアの利益が減少しようとしています。

     

    とにかくグーグルはやり遂げました。Pixel3のメインカメラの仕様はほぼ前世代と同じですが、ソフトウェアの改良とAI対応の新機能のおかげで、もっとたくさんのことができるようになりました。フロントカメラは、注目すべきハードウェアのアップグレードが大幅に行われている部分です。従来のカメラと並んで、広角カメラが搭載されました。

     

    これは面白い体験なので、褒めたたえたいと思います。グーグルはもともとに自撮り棒を電話に組み込んでいましたが、それより格段に良くできています。この体験はまさに魔法です。自撮りをしていて、背景や他の理由でもっとスペースが必要なとき、スライダーを左にドラッグすると広角になります。この動きはシームレスで、びっくりするほど見えるので、まるで魔法のようです。実際、かなり驚きます!

     

    フロントの広角カメラがどれほど重要か理解していませんでしたが、それは魔法です。個人やグループでの自撮りが一段と楽しくなります。そしてこの機能だけでもたくさんの人々がPixel3を欲しがると思います。特にその品質がとても高いからです。

     

    しかし、Pixel3の業績は「コンピューター写真」の時代が到来したことです。Pixel3はこれまでセンサーだけではできなかった結果を生み出すため、全面的に機械学習を使い、同時に他のすべてのカメラを打ち負かしましました。

     

    このデバイスで写真を撮るたびに、度肝を抜かされます。どのような状況でも、一枚一枚が現実離れしているのです。

     

    全体的に見てPixel3は写真のライティングに優れていて、場面をすばやく撮影でき、画面をあちこち触らなくても確実に色を再現できることがわかりました。

     

    すぐれた追加機能「トップショット」モードは、さらに不安を減らします。写真の前後数秒間をメモリーにためて後で取り出せるので、失敗がなくなります。

     

    Super Res Zoomなど、高度なAI技術を使った新しい機能がたくさんあります。これにより、背面に2つ目のレンズがなくてもズームインできます。Pixelは手の動きにあわせてより細かい情報を得て、手ぶれ防止機能を使いながら、バースト撮影で1秒間に何十枚もの写真を撮ります。そしてソフトウェアで調整し、センサーでは不可能な信じられないほどの結果を生み出すのです。

     

    これは必ずしもiPhone Xのデュアルレンズ配置にはかなわないかもしれませんが、実際にはかなり似ているので気付かないかもしれません。それがGoogleの目指すところです。

     

    新しいRAWカメラモードでも同じ方法を使ってDNGファイルを出力します。これはセンサーデータ、ホワイトバランスなどの情報の集まりを含む最小処理ファイルで、Adobe Lightroomなどのプロのツールを使って後で手動編集することができます。RAWのサポートもAIが支援していて、加工やゴーストを発生させることなく、複数のフレームをサブピクセル単位で合成します。

     

    ポートレートモードはデビューしてから大きく進歩してきました。私の知る限りでは、このデバイスは前回のものよりずっと改良されているようです。特に猫の毛のような難しい状況で、ボケや背景のぼかしは以前よりもはるかに質が良くなっています。

     

    ときどきまだうまくいかないこともあって、下のギャラリーの最後の写真のように、ポートレートモードでKindleの端やや猫のひげが消えることがあります。原因は微妙なのですが、背景が複雑だとこのように予測できない問題を引き起こす可能性があります。これは時間が経つにつれて改善すると思います。

     

    このようなポートレートモードの強化された機能は、古いPixelデバイスにも適用できるソフトウェアの改善のように思えますが、まだそうであるかは分かりません。いずれにしてもボケ効果を使うのはワクワクし、それで遊ぶことにはまっています。

     

    Night Sightはその一例です。Googleが言うには、カメラを使えない夜間でも使えるようになります。今日の時点ではまだ有効になっていませんが、ほんの数週間で完成するはずです。もし基調講演と同じような感じに見えるなら、夜間の携帯電話の使い方が完全に変わるかもしれません。

     

    これらの改良はほとんどソフトウェア上で行われているので、Pixel3だけにとどめておく必要があるのか疑問に思います。Pixel2以前のモデルにNight Sight、Top Shot、その他の新しいモードを搭載するか、Googleは明らかにしていません。理論的には新しいハードウェアがなくてもできるはずです。

     

    しかし総合的にPixel3はカメラにとって飛躍的な進歩、まったく新しいパラダイムです。すべてが計算知能を元にした場合、写真はどのように見えるのでしょうか。

     

    カメラ好きの人々はそのような技術をすぐ非難しますが、それを防ぐのは無理でしょう。そしてグーグルは1つの目標を追い求めています。Pixelのカメラをとても信頼できるものにして、他に何も持たなくてよくすることです。コンピューターを使った写真撮影がなくなることはなく、Googleがこの競争に何光年も先に進んでいることは明らかでしょう。

     

    pixel3の改良できるところ

    私は1年間Androidを一日中使っていますが、9月にPieへ大幅にOSをアップデートしたにもかかわらず、Googleに改良して欲しいことがあります。

     

    現在おもにソフトウェアについて感じている上位のイライラを手短に伝えます。

     

    1)写真のためにこの携帯電話が存在するようなものなのに、写真ファイルの管理はめちゃくちゃです。Androidのファイルアプリは恥ずべきもので、一般的なユーザーにとっては複雑すぎます。そして、サードパーティのアプリを使用して写真をアップロードすると、いつも同じ問題にぶち当たります。

     

    iOSでは、デバイスのカメラロールをタップしてアップロードすると、それは自分のカメラロールです。Pixelではめまいがするような一連のメニューに行きつき、WhatsAppなどから誰かが送ってきたすべての画像を含む「最近の」ストリームになるのです。Googleフォトで作成したアルバムにアクセスする方法はありません。

     

    https://twitter.com/ow/status/979122314532020230/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E979122314532020230&ref_url=https%3A%2F%2Fmedium.com%2Fmedia%2F2bf90e07f292389f2c35d78939240a6a%3FpostId%3Dd237c81aada5

     

    これは簡単な修正のようですが、それでもやはり問題です。

     

    2)通知はすべてデフォルトでオンになっており、これにはかなり腹が立ちます。Androidの通知システムは最高です。しかし通知はオプトインではなく、否応なく有効になるだけです。

     

    不要なものを無効にするためにイライラしながら時間を使い、うまくは行きました。しかし、どうして最初に許可を求めないのでしょう?Pieではインテラクションなしで2~3回スワイプすると通知を無効にするか聞いてくるようになりましたが、通知が欲しいと勝手に思う前にプロンプトを表示してもらえればありがたいです。

     

    3)Dual-SIMがありますが、まあまあです。Googleは物理的なSIMカードと同じデバイスにeSIMを搭載した最初のデバイスメーカーです。私はローミングのために自分のProject Fi eSIMにホットスワップする機能をかなり楽しんでいます。オランダのSIMカードを地元のものに交換する必要はありません。

     

    しかしiPhone Xsはここで一歩リードしています。一緒に両方に接続できるので、SMSと通話が同時に着信します。Pixel3には、デュアルアクティブVoLTEのサポートを含む物理的なハードウェアと、両方の同時接続を試みる改良点がいくつかあります。

     

    しかしソフトウェアではサポートしておらず、これからサポートするのかも分かりません。Googleはこれについて私の質問に答えることはできませんでした。でも、将来のソフトウェアアップデートで実現できればよいと思います。特に今年の後半にiPhoneがデュアルモードを発表してから、キャリアがすぐにeSIMをサポートすることになっているからです。

     

    4)Pixel Watchが欲しいです。私はいまだにApple Watchが恋しいです。ハイエンドの時計をリリースしたらPixelに替えと言っている友達がたくさんいます。本当に惜しいことをしています。

     

    来年でしょうか?私は待つつもりです。特に最近Google Fitが大幅にリフレッシュされたので、ぜひ実現してほしいです。

     

    pixel3を買うべきかpixel4を待つべきか?

     

    簡単には決められませんし、今使っている電話の種類によっても違うでしょう。私のようにPixel2を使用しているなら、それより古い機種に比べてアップグレードする理由は少なくなります。しかし特にハードウェアデザインの面で生活の質がかなり良くなるので、Pixel3を検討する価値はあるでしょう。

     

    初代PixelやiPhone 7/8のように、昨年よりも古い世代のあらゆるデバイスに比べると、これは数光年進んでいるように感じるでしょう。初代PixelからPixel2へのアップグレードもかなりのものでしたが、Pixel3はGoogleのハードウェアチームの優れた能力が発揮されています。洗練されたiPhoneとようやく張り合えるようになった、とてつもないデバイスなのです。

     

    替えるべきか検討するために、シンプルな質問に答えてください。ワイヤレス充電が気になりますか、またはケーブルに囲まれてうんざりしていませんか?ぜひアップグレードしてください!自撮りが好きですか、市場のどのデバイスよりもセルフィゲームが欲しいですか? このデバイスはあなたにピッタリです。

     

    大手メーカーが新しいものを発売するたびに、1年前のデバイスを正当化するのは難しくなっています。Pixel2は12か月間使い続けた後でも、まだイケてる電話です。今日ここで説明している機能もたくさん含まれているので、安くお買い得に買えるでしょう。

     

    Pixel3は本来GoogleがどうすればPixelを素晴らしいものにできるかに焦点を当てており、ハードウェアとソフトウェアが一体となってまったく新しいカテゴリーのデバイスを作ることができるということを見事に示してくれました。紙の上ではほとんど変わりはありませんが、実際に手に取ると、それを感じることができるでしょう。

     

    最終的な結論を出すには早いかもしれませんが、Pixel3 XLは好調な年の失敗作に感じます。

     

    おそらく私の判断は正しいと思うのですが、私は小さいPixel3は優秀で何の問題もないと感じます。XLについてはほとんど話さなかったのはこのためです。たとえ素晴らしい電話であったとしても、現在の状態でそれをおススメするのは簡単ではありません。ノッチが気にならないのであれば素晴らしいデバイスです。違いはそれだけですから。

     

    Pixel3を持たなくても、GoogleはPixelで大きな問題を抱えているように感じます。それは装置の一つ一つで繰り返し改善され、人々をAppleやSamsungから遠ざけるようなフラッグシップを築くことをあきらめずに、中身のある方法で毎年改良していくでしょう。

     

    初めて本当にPixelがその偉業をやってのけられるように感じます。最初Pixelは実験のようでしたが、Pixel2はそれを繰り返し、そしてGoogleがその考えに本気でこだわっていることを示しました。

     

    Pixel3は、Googleがハードウェア設計で実現しようとしたこと全てと、ソフトウェアの有用性をあわせ持ったもので、これまで以上に優れたものになっています。

     

    これと並んで、グーグルエコシステムのストーリーと一貫性は今日の業界で最も強く、Appleのものよりも先に進んでいます。これについて話すひまはありませんでしたが、家、ノートパソコン、電話と、その向こう側のGoogleがしっかりと統合され、すべてがまとまってうまく機能するというストーリーは数年前にはほぼ想像できませんでした。

     

    タイミングが良いのと、ハードウェアの技術革新が遅れてAppleの勢いが止まり、ボードの価格が上昇し、iPhoneのラインナップがこの10年で最も分かりづらくなったため、消費者はこれまで以上に状況を見ているとのだと思います。

     

    携帯電話は面白くなくなってきていますが、業界の人々にとってせいぜい似たような製品の繰り返しに感じられる年では、Pixel3はホームランだと思います。個のレビューを始めたときつまらないだろうと思っていたのですが、正直に言ってその逆でした。Pixel3こそPixelの名前にふさわしい電話だと思います。

     

    何よりもGoogleがその強みを理解し、生かしたことにワクワクしています。私は間違いなくPixelをメインの携帯として使い続けるでしょう。疑う余地はありません。

     

    Google Pixel3の要約:ハードウェアとソフトウェアの組み合わせが素晴らしい効果を発揮しています。高品質なハードウェア、優れた自撮り機能、カメラAIの強化が特徴ですが、Pixel2の段階的アップグレードの位置づけです。

    PixcelがiPhoneを脅かす2つのポイントは「無制限ストレージ」と「Googleフォト」

    おすすめ新着記事

    おすすめタグ