ガジェット

ガジェット

【サムスン】AIで解像度を上げ、8K画質へ!

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Samsung’s AI Can Convert Low-Resolution Video To 8K
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

411 views

読了時間 : 約2分7秒

・サムスンは、機械学習を用いて低解像度の画像を8K画質に変換する、世界初の85インチ8K QLEDテレビを公開しました。

・このテレビには、100万枚の写真を事前に観察・分析するデータベースが内蔵されています。

・この技術は、自動設定なしで特定のシーンに合わせて音質を向上させることもできます。

 

CES(Consumer Electronics Show)2018では4Kや8Kテレビがたくさん登場することが予想されていました。しかし、私たちの目を引いたのは、低解像度の写真を8K画質に自動的にアップスケールできる人工知能を詰め込んだ8Kディスプレイでした。

 

電子機器市場には超高精細や8Kに対応した大量のディスプレイがあふれている一方、高解像度のコンテンツがあまり入手できないため、ほとんどの視聴者はその体験を楽しむことができないでいます。サムスンは、AI技術を使ってこの障害を取り除こうとしています。

 

サムスン電子は、機械学習を用いて画像を分析し、8K画質に変換する世界初の85インチ8K QLEDテレビを公開しました。従来のビデオコンテンツをデジタルシネマで8Kに変換することができるので、ユーザーはチャンネルの伝送方法に関わらず、あらゆるチャンネルのテレビ番組や映画を8K解像度で楽しむことができるようになりました。

 

AI技術の特徴

テレビには、100万枚の画像を事前に観察・分析したデータベースが搭載されています。最適なフィルターを選択して低解像度のソースを高品質の画像に変換しているのです。

 

画像処理が64倍に増強されたことで、画像のグラデーションを損なうことなく、自然な絵を超高解像度で表示することができます。例えば、オーロラの映像では、継ぎ目のない繊細なグラデーションがテレビ画面に表現されています。

 

さらに、入力ソースの画質要素(明るさ、黒、ブルーミングなど)をシーンごとに分類し、よりきめ細かいコントラストの映像を生成します。これにより、文字のエッジをシャープに表現したり、夜の映像の背景を鮮明に表現したりすることができます。

また、写真に加えて、特定のシーンでは自動設定をしなくても音質を向上させることができます。例えば、サッカーの試合を見ているときは観客の歓声を増幅してより臨場感のある体験を提供したり、コンサートを鑑賞しているときは低周波の音を強調して感動を再現したりします。

 

QLED技術について

 

QLEDとはQuantum dot Light-Emitting Diodeの略で、白色LEDとカラーフィルターの限られた組み合わせとは異なる方法で色を作り出します。このドットは直径2〜10ナノメートルで、その大きさに応じて異なる色を生み出します。例えば、大きなドットは赤に、小さなドットは青に焦点を合わせます。

 

QLEDの利点は、HDR(ハイダイナミックレンジ)コンテンツを輝かせることができるような、より明るく鮮やかで多様な色を発することができることです。また、製造コストが低く、有機ELディスプレイよりも性能が優れています。

 

今後の展開

 

8K QLEDテレビは2018年第3四半期までに発売される予定で、65インチ以上の大型ディスプレイを中心に、よりシャープできれいな画質を実現します。また、サムスンのスマートテレビには新機能が追加され、他のスマートテレビと比較しても遜色ない、既成概念にとらわれないセットアップが可能になります。

 

サムスンの研究責任者であるH.S.キムは、サムスン製のすべての製品がIoTクラウドに接続され、すべてのデバイスを学習する人工知能が搭載されることで、事実上、すべてが「スマート」になると述べています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ