ゲーム

ゲーム

【2020年版】任天堂スイッチゲームの中でいち押し18選

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、18 Best Nintendo Switch Games You Should Play In 2020
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

383 views

読了時間 : 約9分32秒

任天堂スイッチを最近購入し、どのゲームを購入すべきか迷っていますか?では今回この記事でご紹介しましょう。以下には任天堂スイッチでおすすめのゲームをまとめてあります。

 

しかしまとめる前に、wii uのあまり芳しく無い売り上げ成果のあとの任天堂スイッチ発表で、盛り上がった任天堂ゲーム人気についてご紹介しましょう。任天堂スイッチは当初2017年に発売され、1年半後には3200万台の売り上げを達成しました。

 

任天堂スイッチの売り上げは、ゼルダの伝説(ブレスオブザワイルド)、マリオオデッセイ、スーパースマッシュブラザーズ、などのゲームの売り上げとリンクしました。またマリオカート8デラックスは1520万台の売り上げを記録しました。では肝心のおすすめゲームの内容を見てみましょう。

 

 

18ブレイブルー :クロスタグバトル

では最初にあげるゲームはブレイブルー クロスタグバトルです。

 

このゲームはUnder Night In-Birth、アルカナハート、RWBY、ブレイブルーの世界が共存しているゲームです。今回ピックアップしたクロスタグバトルはその4作とは全く異なります。

 

本作は基本的に2対2のバトルが中心です。そしてビジュアル、音楽、技術的に高く評価されています。

 

 

17 アンダーテール

最初に私がアンダーテールをプレイしたとき、単に一人で複数の自動対戦相手とパズルゲームしているだけに見えました。しかしそれは間違いであることがわかりました。素晴らしいストーリーはもちろんのこと、それとゲーム全体の調和具合が最高なのです。

 

アンダーテールは、あなたのキャラクターである子供を中心に展開します。子供は、魔法の力で守られた障壁によって外界と隔てられているモンスターの領域に行き着きます。そのモンスターのいくつかは友好的で、他のいくつかはあなたのキャラクターを倒しにきます。

 

あなたのキャラクターのメインの目的は外界に出ることで、その為にはアスゴアドリーマーというモンスター王国の国王を倒す必要があります。ゲームの結果はプレイヤーのモラルによって左右されるダイアログとアクションの選択内容にかかっています。

 

 

例えば対戦中に、敵を倒すこともあれば危害を加えない場合もあります。敵を倒した場合はプレイヤーの経験値が増え、金も獲得できます。

 

 

16.ドラゴンボールファイターZ

 

ドラゴンボールファイターZはドラゴンボールシリーズの中でもベストゲームであると言って良い内容です。プレイヤーは24種類のキャラクターから3つを選択して1つのチームを作ります。

 

対戦中プレイヤーはチーム内のキャラクターを、スペシャルチーム攻撃のできるメンバーへと変更することも出来ます。期待されている通りに、それぞれのキャラクターは1つ得意技があり、チームになった際に発揮できる技も持っています。

 

ゲームのハイライトとしては、シンプルなシナリオとゲーム技が挙げられます。スペシャル攻撃を繰り出す手順は簡単で、複数のキャラクターを操作している際に4つのボタンを押して重厚な光と攻撃を出すだけです。

 

 

15. スチームワールドディグ2

 

スチームワールドディグ2は有名な2Dのプラットフォームゲームで、蒸気動力ロボットのドロシーがもうひとつの蒸気動力ロボットで行方不明のラスティを探すストーリーとなっています。

 

 

ゲーム内容は、広大な地下鉱山を探索しつながら敵と対戦したり宝を手に入れるという1作目から影響を受けています。

 

 

ゲーム中に、ドロシーは役立つ道具や燃えるつるはしとフックショットなどの武器を手に入れます。入手できる宝は、キャラクターの健康がアップグレードしたり、武器であったり、その村特有の力などがあります。ステージをクリアしたり敵を倒したらよりアップグレードすることができます。

 

 

14. ナイト・イン・ザ・ウッズ

 

もしあなたがストーリの充実したゲームが好きなら、ナイト・イン・ザ・ウッズは試すべきリストの上位にくるはずです。

 

マーガレットという少女を中心とした内容で、冒険のあとはポッサムスプリングという彼女の故郷に帰っていきます。

 

彼女の古い友人や村の住人と相互に作用しながら、村や友人たちは変わってしまったと彼女は気づきます。さらに、彼女の古い友人のひとりが行方不明になってしまったことに気がつきます。

 

あなたの目標はそれからら友人や住民と言葉をかわすことです。屋根に登ったり、パワーラインに乗ったり、独特のものを見たり、方法は自由です。またゲーム中には楽しいミニゲームが用意されています。

 

 

13. スターデューバレー

 

スターデューバレーはくせになる農場シュミレーションゲームです。プレイヤーはさびれた農場を引き継いで軌道に乗せることが目標です。

 

最初にプレイヤーは自分のキャラクターを選択し、5つの農場の中からひとつを選びます。各農場の地図にはそれぞれ異なる地理的設定がなされていて、それによって、牛などの飼料を育てたり、漁をしたり、採鉱、農業経営などプレイヤーが専念する仕事が決まってきます。

 

プレイヤーの最初の仕事は、収穫物や植物、基本的な道具などの部屋を整理整頓することです。ゲーム中は、ノンプレイングキャラクターやプレイヤーの結婚相手とやりとりをしながら進めます。

 

プレイヤーは様々な仕事(掃除、飼料の水やり、家畜の世話、商品の作成、採鉱など)時間管理に注意を払わなくてはなりません。もしプレイヤーがオーバーワークになってしまったら、お金も稼げないし道具も購入できません。

 

 

12. ロケットリーグ

もしあなたがサッカーの大ファンであるなら、ロケットリーグがおすすめです。ロケットリーグは2008年に発売されたスーパーソニック・アクロバティック・ロケットパワード・バトルカーズに影響されています。本質的にはサッカーゲームですが、デモリションダービーの内容も兼ねています。

 

ゲームの中ではプレイヤーは競技場の中の巨大なボールを対戦相手のゴールに向けて飛ばします。プレイヤーの車はジャンプして空中でどの方向でもボールを飛ばすことができます。

 

でんぐり返しや連続横転などトリック技も持っています。それらの技を習得するには練習と卓越したスキルが必要です。

 

 

このゲームの中のおもしろい部分としてはPCと任天堂スイッチの間でクロスプラットフォームバトルが出来る点です。ロケットパワード車でサッカーゲームをするなんて聞いたことない!と思うでしょうが、プレイしてみればその楽しさがわかります。

 

 

11. ソニック・マニア

マリオやゼルダの伝説のリンクと並んで、ソニックはゲーム界では最も影響力のあるキャラクターのひとつでしょう。

 

ソニックマニアは、以前のソニックシリーズと同様に2Dのサイドスクロールプラットフォームです。プレイを開始するにあたって、それぞれに得意技があるソニック、テイルズ、ナックルズの中からキャラクターを選択します。

 

ゲームは12のレベルとゾーンにわかれており、そのなかの8つは以前のソニックシリーズのリミックスゾーンとなっています。プレイヤーはソニックとテイルズを同時に動かすか、セカンドプレイヤーにテイルズを操作させるか選択出来ます。

 

 

10. ドンキーコングカントリー:トロピカルフリーズ

 

トロピカルフリーズはドンキーコングカントリーのシリーズ(ドンキーコングがお連れと一緒に様々な島へ旅行し、ボスを倒す内容)の中では前半に発売されたものです。

 

ゲームのプレイ方法やコントロールの方法は以前に発表されたものと同様ですが、アイテムをピックアップして敵にあてる方法などに改良がなされています。そのうえ、ディディーコングがジェットパックとともに登場していて、ドンキーコング・クランキー・ディクシー・フランキーコングもその中で一緒にゲームすることができます。

 

 

最後のボス戦は難しい戦いですが、多大なボーナスをゲットすることが出来ます。しかし疲労度が高い場合は、もう少し楽しいモードに切り替えることも用意されています。

 

 

そのモードでは、キャラクター(ファンキーコングのみの選択肢があります)はダブルジャンプや空中停止をし、ポイントも増やせます。

 

 

9. マリオカート8デラックス

マリオカート8デラックスは、既存のマリオカート8を任天堂スイッチ用にバージョンアップさせたものです。ゲームの中では、シリーズのゲームと同様で、マリオワールドのキャラクターでカートレースに参加します。

 

本ゲームでは既存のシリーズと比べて、追加のダウンロードコンテンツとプレイ内容の変更、グラフィック要素の改良がなされています。

 

またマリオカート8デラックスのバトルモードの内容も改良されており、8つの新しいエリアの追加とプレイヤーが同時に2つの武器を持つことができるようになりました。ドライボーンズ、キングブー、クッパジュニア、スプラトゥーンの少女たちなどのキャラクターがバトルモードの中で追加されています。

 

私の個人的な意見としては、マリオカート8デラックスは任天堂が発表したレースゲームの中で最もおもしろいゲームだと思います。

 

8.セレステ

ゲームジャムで面白いゲームが制作されていないわけじゃない、と、セレステが大ヒットしたことで証明されました。セレステは当初、よくあるピクセルアートのプラットフォームだと思われていましたが、そんなことはありません。

 

ストーリーは危険な山々へと旅をはじめるマデリンという少女を中心に進んでいきます。プレイヤーは邪魔ものから少女を保護しながら山の頂まで彼女を連れて行くことが目標です。ジャンプしたり壁を登ったりする以外に、マデリンは空中ダッシュの得意技も持っています。

 

ゲームはいままで経験したことないほど楽しく、大抵の2Dプラットフォームのゲームとは違って、新しく自分で道を開拓するか既存の道を進むか、幻の壁に隠れている道を進むか選べます。

 

セレステの素晴らしさは、ずば抜けて素晴らしいサウンドと音楽によって演出されています。私の経験からしても、セレステはおそらくゲーム業界の中で1、2を争うほどのサウンドトラックを作り出しました。

 

7. デッドセル

デッドセルは城を爆発してそこから抜け出し、ゾンビを操ることからゲームがスタートします。プレイヤーはゲーム中に様々なサイズや形の敵と遭遇していきます。

 

最終のボスは合計で4人おり、そのうち3人を倒す必要があります。新しい武器や、甲冑、パワーアップはゲームが進むうちに手に入れることができます。また永久的なパワーアップは、特定の肉体部分を交換することで得られるというルールとなっています。

 

デッドセルは、レベルが上がるまでに何度も死ぬ点がソウルシリーズと共通しています。そのことによってプレイヤーは、レベルを上げたりボスを倒すための新たな方法を試すことができるのです。

 

 

6. イントゥー・ザ・ブリーチ

 

イントゥー・ザ・ブリーチは、武装した冷酷なモンスターを倒すストラテジーゲームです。これらのモンスターを倒す為に、あなたの指揮命令で動く兵士が乗った未来型の巨大マシーンがプレイヤーには与えられます。ゲームが進むごとにそれらの兵器はアップグレードしていきます。

 

それぞれのミッションの前に、いくつかの目標を割り当てられます。ゲームの内容の主な軸は一般の建物で、巨大マシーンの電力源であります。プレイヤーはどんなことをしてもそれを守らなければなりません。

 

私がこのゲームを実際にプレイした際、8×8グリッドプラットフォームでよく作成できたなと感嘆するクオリティだと思いました。本当に小さいのです。

 

 

5. スーパースマッシュブラザーズ アルティメット

サーパースマッシュブラザーズシリーズの中で最新のゲームがこちらです。あらゆる面で既存のゲームを超えてきています。ここでは、8人のプレイヤーが各々キャラクターを選択します。

 

どのキャラクターも体力数値はゼロの状態から始め、対戦相手にきちんとヒットしたときにその体力数値は増えます。その数値が低いものになったなら、その相手を簡単に倒せるでしょう。

 

どのバトルも時間制限、スタミナ、体力数値のストックによって勝敗は決まります。初期段階として、決められた時間内で敵を倒すことができたら勝ちです。あとの2要素はどれだけバトル中に維持できるかにかかっています。

 

 

 

4. ディアブロⅢ エターナルコレクション

ディアブロⅢは対戦を中心としたロールプレイングゲームです。プレイヤーは恐怖の主であるディアブロをそれぞれの戦い方で倒します。このゲームの中には7人の輝かしいヒーローが存在していて、そのなかからあなたは選択することができます。

 

大勢のひとがこのゲームのストーリーの大ファンですが、もしゲームのストーリーを楽しみたいのではないなら、その意見も無視して結構です。しかし、戦いの途中で得た戦利品があればなお高ポイントとなります。

 

 

さらに、プレイヤーは簡単に自身の体力状況、武器のアタックスピード、ボーナスの状況を確認することが可能です。

 

 

 

 

3. ベヨネッタ2

ベヨネッタ2は先ほどと同様、対戦中心のゲームで、プレイヤーは天使と悪魔と戦うベヨネッタを操作します。ベヨネッタの武器はその乱闘スキルと銃操作です。

 

 

このゲームには敵を倒すためのさまざまな技があります。その中でも特別なのはトーチャアーアタックで、拷問具を使って敵を懲らしめます。その他の技といえば、アンブランクライマックスで、一瞬にしてベヨネッタからの敵への攻撃のダメージ具合を上げることができるものです。

 

そしてウィッチタイムは、ベヨネッタが攻撃を受けた際に使い、敵の動きを遅くするものです。それによりベヨネッタが反撃する時間を稼げます。

 

 

ベヨネッタ2は正確で流れるようにスムーズな動きで、ハードコアアクション好きのゲームファンにはたまらない作品です。しかしすこしセクシーすぎるキャラクターといきすぎたジョークがこのゲームの流行を妨げています。

 

 

 

 

2. スーパーマリオオデッセイ

2017年に発売されたスーパーマリオオデッセイは、マリオがピーチ姫を助けるために異なる世界を行き来するストーリーで、有名なプラットフォームゲームです。この作品は、マリオ64とサンドボックス3Dマリオゲームのあらゆる要素を洗練させた内容といえます。

 

 

マリオの他のゲーム同様に、キャッピーという動く帽子とマリオの新技であるサイドキックを登場させています。このキャッピーを他のキャラクターに向けて投げると、そのキャラクターのパワーをゲットすることができます。キャッピーはまた武器としても使うことができたり、ジャンプ台として使うこともできるのです。

 

 

本作はプロの技術で2Dのオールドスタイルなゲーム内容を新しい3Dの世界で活用しています。

 

 

 

1. ゼルダの伝説:ブレスオブザワイルド

このロングランシリーズであるゼルダの伝説の中でも、ブレスオブザワイルドは最も優れた作品です。同時に任天堂スイッチのゲーム内でもベストと言えるでしょう。

 

 

前作に引き続き、ブレスオブザワイルドはハイラル王国を探検しながらパズルを解いたり、アイテムを集めたり、ミニゲームをしたりします。

 

 

本作ではプレイヤーは多方向にキャラクターを動かすことができることによって、信じられないほどの自由と冒険の感覚を実現することができます。多方向に移動できることによって他のゲームでは得られないような満足感を得ることができるのです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ