マーケティング

マーケティング

これからのマーケティング戦略に必須!知っておきたいデジタルマーケティングのトレンド12選

MEREHEAD

DIGITAL WEB DEVELOPMENT AGENCY. We achieve higher results through cutting-edge technologies, dazzling design, and teamwork.

本記事は、12 DIGITAL MARKETING TRENDS YOU NEED TO KNOW FOR 2021
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

73 views

読了時間 : 約5分36秒

いつになっても、すべての人間関係の中心は「人」でした。今も、そしてこれからも、すべての企業のマーケティングにおいても、中心となるのは「人」です。マーケティングの対象は同じでも、その手法は変わってきています。


今日では、デジタル・マーケティングはプロモーションの中心です。企業はどのように技術がトレンドを変えているのかを知らなければなりません。デジタル・マーケティングの利点を生かしてどのように戦略を立てればよいのでしょうか。


パーソナライゼーション

顧客は日々多くの広告を目にしますが、そのほとんどが分類されていないため、それが迷惑になっています。特に、無関係な広告であればなおさらです。だから、最近ではパーソナライズしたアプローチが重要になってきています。パーソナライゼーションとはどういうことでしょうか。



1.適切なタイミングでコンテンツを配信する
2.広告は興味に特化したもの
3.顧客のジオロケーションに応じて配信する
4.ブランドや商品に対する消費者行動を分析することが重要



言い換えれば、パーソナライズマーケティングは以下に基づいて顧客個々にアプロ―チします


・過去の行動
・人口統計
・興味
・個人データ



なぜ、すべての広告にパーソナライズが重要なんでしょうか。顧客は時代に限らずイライラすることに時間を取られたくないからです。すべての人間関係の中心は「人」でした。今も、そしてこれからも、すべての企業のマーケティングにおいても、中心となるのは「人」です。マーケティングの対象は同じでも、その手法は変わってきています。自動的にニーズを探してくれるビジネスが必要なのです。

 

インフルエンサーマーケティング

インフルエンサーマーケティングはプロモーションにおいて重要であると長年言われています。伝統的なマーケティング方法では、TV広告で世界的有名人がでることがトレンドでした。この方法はいつでも効果的なので、デジタルマーケティングで利用されても違和感はないでしょう。


しかし、マイクロインフルエンサーという新しい方法が存在します。原則として彼らはYouTubeやSNSのブロガーです。マイクロインフルエンサーはニッチなニーズをとらえ中小企業向きです。

例えば、Lays chipsのCMでメッシやロナウジーニョのような有名人を起用しています。しかし、ローカルな牛乳製品にはそのような予算はありません。なので、フードブロガーやインスタグラマーと協力するのです。

 

 

ユーザー生成コンテンツ

単純で安価ですが、デジタルマーケティングの効果的な方法の1つです。UGC(ユーザー生成コンテンツ)はブランド評判を高めます。方法は、ユーザーが特に契約などはせずとも、ブランドの情報をシェアします。彼らが本当にその製品が好きだからです。


この方法は、今だけのトレンドではなく数年前から実施されています。しかし、どのようにコンテンツを促進するのでしょうか。


・顧客のコンテンツを出来るだけ沢山リポストする
・特別オファーを作る
・寄付をする
・チャレンジを作る


Web上で有名なものならなんでもこの方法を実施できます。

 

チャットボット

どのブランドも高品質なユーザーサポートを用意するべきです。長い間、企業からの回答方法は2つの方法しかありませんでした。メールと電話です。しかし、これらの方法が最近では非効果的になっている理由が以下になります。

 


 1.顧客はすぐに返答が欲しい
 2.質問は時々単純なものなので、電話やメールするのをためらう
 3.多くの顧客が同じ質問をするので、単調なことに社員が嫌気をさしてしまう。


このような理由から、次のデジタルマーケティングのトレンドはチャットボットです。数年前に登場しましたが、まだ改善の余地があります。最近では、ほとんどの企業サイトが関連する回答を即返すことで質問を特定する最新のチャットボットを搭載しています。

 

拡張現実

拡張現実は最近でてきたトレンドです。多くのデバイスが比較的最近この機能に対応するようになりました。拡張現実によって、検索エンジンで「どこで食事をするか」と入力しているユーザーの画面に、多くのカフェやレストランが表示されます。


同じように、洋服店や食料品、スポーツ用品などの情報を入れたアプリを作成することも可能になります。

しかし、この技術にはまったく別の用途があります。例えば、Appkeでは、ある製品が自分の部屋や職場でどのように設置されるか見ることができます。自動車会社も駐車場にどのように車が置かれるかに利用できます。


顧客が未購入の商品を所有しているかのように見せかけるのです。


コンテンツはマーケティングの基本

検索エンジンと顧客両方をつなぐものの1つは、クオリティの高いコンテンツです。このコンテンツが広告になるかどうかは問題ではありません。ブランドに顧客を惹きつける目的があります。

もし、クオリティの高いコンテンツを作るとしたら、顧客とやりとりし、ニーズを知ることが出来ます。加えて、面白いコンテンツは顧客のマインドを普通の広告から引き離す事が出来るかもしれません。


2つの原則を覚えといてください。
1.多ければ良いわけではありません。適切な感覚で投稿しましょう。
2.投稿の中に製品と関連のある情報を載せましょう。

 

動画制作

動画は最も価値のある<製品>です。Youtube、Facebookライブ、NetflixのようなプラットフォームやInstagramのIGTVでさえもブランドや製品について伝える機会になります。さらに、テレビから電話へ転送出来るので、リーチを顕著に増やすことが出来ます。


Wyzowlの調査では、95%の顧客が製品の特徴サービスの説明動画を見ているという結果を示しています。つまり、動画を投稿することで常に顧客とやり取りができるということです。
ビデオでは以下の事を強調すると良いでしょう

 


・ブランドの歴史を伝える
・簡潔に商品の良さを伝える
・特定のイベントに顧客を招待する


加えて、ライブ動画には注意が必要です。ライブ動画は多くのWEBユーザーに人気です。Instagramもライブストリーム機能の成功が証拠です。多くにユーザーが録画動画よりライブ動画の方が3倍長い時間視聴しています。

 

 

ショッピングポスト

ソーシャルメディアからオンラインショップにアクセスしてもらうにはどうしたらいいでしょう。この疑問は、数年間ビジネスの鍵となって来ました。しかし、今はその必要はありません。なぜなら、投稿から直接製品を買うことができるからです。


このような投稿はユーザーが製品を買うまでのアクションを削減します。なので、ダイレクトメッセージを送ったり、WEBサイトを入力する必要がないからです。価格、サイズの情報と注文するリンクが投稿にあります。


60%のInstagramユーザーはソーシャルネットワークを使って新しい製品を探しています。Pinterestユーザーの70%も同じ回答をしています。どちらのプラットフォームもこの事実を考慮し、買い物可能な機能を搭載しています。


ソーシャルネットワークの人気拡大とその役割を考慮すると、このような投稿は全ての企業にとって重要になってくるでしょう。

 

データビジュアライゼーション

動画コンテンツとは異なり、シンプルな画像やグラフを使って特定のデータヴィジュアライゼーションに注意を払う必要があります。例えば、顧客に最新の成果をテキストではなく円グラフで伝えるなどです。


従来テキストは常に重要なマーケティング要素となるでしょう。しかし、ヴィジュアル要素が無ければ効果は減ります。意味のある画像やグラフは常に追加のインタラクションです。ユーザーはより有用な情報を得られ、サイトやソーシャルメディアページでより多くの時間滞在するでしょう。

 

オムニチャネルマーケティング

何にお金を費やすかを人々は今まで以上に考えています。顧客を大切にし価値を提供してくれるブランドに投資します。その理由として、購入前に顧客はリソースの質を分析するからです。
そのため、出来るだけ多くのソースをブランドの促進に費やすことが重要です。オムニチャネルマーケティングは以下のことを可能にします


・潜在的顧客を追跡できる
・ブランド認知向上
・詳細に注意できる
・顧客についてより多くの情報をゲットできる。

 

ヴィジュアルサーチ

携帯のアルバムを開きスクリーンショットのフォルダーを見てみてください。ほとんどの人が100枚近くのスクリーンショットが保存されてるでしょう。Lionの画像は服やデジタル製品などのスクリーンショットです。Pintarestでの検索の画像を使い、その製品を作ったブランドを特定する事ができるでしょう。そして、もし欲しい場合は購入もできます。



ヴィジュアルサーチは単純なアクションでは無いですが、デジタルマーケティングの一つです。Pinterestのアカウントを持っているブランドの多くはリーチを増やし売上を上げています。


顧客はこの機能を昔から利用しています。ブランド名を忘れてしまったり、的確な検索ワードが思いつかない時に特に利用されます。2021年のトレンドです。

 

 

メッセンジャーを通じたやりとり

最初に紹介したトレンドに戻りましょう。パーソナライズ広告です。顧客情報を作るためには必須です。バイヤーとコミュニケーションを取る1つの鍵となります。なので、多くの企業がメッセンジャーを使って顧客とコンタクトを取るのです。


第一に、顧客とより親密なコンタクトを確立するチャンスです。第二に、要望や苦情をサマリ統計より直接に把握する事ができます。第三に、顧客に向き合っていることを示せます。そして顧客は常にブランドが自分達の意見に聞き耳を立ててほしいと思っています。


なので、今すぐFacebook、WhatsApp、Instagramにアカウントを開設して、顧客にメッセージを送るべきです。Eメールが顧客とのつながりに効果が失われているので、メッセンジャーはそれに代わるものとなっていくでしょう。

 

2021年への準備

2021年のマーケティング戦略を考えるのは今がちょうどいいタイミングです。(もしまだやってないなら)ゴールをいくつか定め、達成に向けた手段を考えることです。


もし、訪問数や売上を上げたいなら、このリストが役に立つでしょう。強豪他社もこのトレンドを試していることを忘れてはいけません。つまり、これは無視することができないトレンドなのです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ