マーケティング

マーケティング

20のクールなGoogleのトリック 2020年

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、20 Cool Google Tricks You Should Try In 2020
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

134 views

読了時間 : 約6分25秒

Googleは世界最大の、最も使用されている検索エンジンであり、主要な検索エンジンプロバイダーの間で87%以上の市場シェアを持っています。 年間1.2兆件を超える検索を処理しています。

 

Googleは私たちの生活を永遠に変えてしまいました。 今日、Googleが存在しない世界を想像することは困難です。 何十億もの人々が毎日Googleを使用しており、尋ねられれば、おそらく検索エンジンに関するすべてを知っていると言うでしょう。

 

ただし、ほとんどの人が知らないのは、Googleは便利なツールで、予約やメッセージの送信から現在地の追跡まで、さまざまなことができるということです。

 

Googleは、その名前から連想されるような信じられないほどの功績と画期的な出来事に加え、楽しくて明るい面でも知られています。

Googleは製品やサービスに、多くの隠れ機能、ジョーク、デマを追加しました。

 

よく隠されている、いくつかのクールなGoogleのトリックをまとめました。検索して、自分で体験してみてください。いくつかはモバイルデバイスでは機能しない可能性があります。

 

20. The Answer To Life, The universe, And everything(生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え)

1979年、イギリス人作家のダグラス・アダムスが小説 「銀河ヒッチハイク・ガイド」を書きました。 彼は小説自体よりも有名になった冗談を書き加えました:「生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答えは42です」。

 

Googleは質問者に同じ答えを与えることによって、小説に同意しています。

 

19. Askew(傾斜)

‘askew’という用語の意味がわからない場合は、Googleがユニークな方法で説明しています。 検索ボックスに’askew’と入力すると、検索結果ページが左から右に傾いてしまいます。

 

18.Anagram(アナグラム)

アナグラムを検索すると、奇妙な提案が表示されているのに気づくでしょう。 Googleはあなたが実際に探しているのを示唆するために、文字を再配置します(’nag a ram’)。

 

基本的にアナグラムは、単語やフレーズの文字を並べ替えて、新しい単語やフレーズを作成する一種の単語遊びです。

 

Googleがそれを行う理由を、理解していただければ幸いです。’define anagram’を検索すると、「もしかして:’nerd fame again’(オタクの名声、再び)」と表示されます。

 

17.Recursion(再帰)

コンピュータ・サイエンスでは、recursion(再帰)とは、直接的または間接的にそれ自身を呼び出す機能を指します。自己参照は、Googleオタクを楽しませる一種のプログラミングの気晴らしです。検索バーに’recursion’(再帰)と入力すると、おそらく’recursion’(再帰)を検索するつもりであったことが示されます。

 

16.Once In A Blue Moon(ブルームーンに一度)

ブルームーンは、月の2番目の満月(または季節の3番目または4番目の満月)です。頻繁に発生するわけではありませんが、ある程度の規則性で発生するため、言い回しにパンチがあります。現代の用法の言い回しは、月の色とは関係ありません。

 

多かれ少なかれ周期的に起こるので、この疑似周期を頻度に変換することが可能です。通常、ヘルツで測定されます。

 

検索エンジンに’once in a blue moon’と入力すると、Googleは頻度を表示し、2.71542689年ごとにブルームーンが期待できることを伝えています。

 

15. The Loneliest Number(孤独な数)

Googleによると、1は’the loneliest number’(最も孤独な数)です。 また、’the number of horns on a unicorn’(ユニコーンの角の数)も1です。

実際、いくつかのGoogleのトリックの結果を計算できます。 たとえば、‘the number of horns on a unicorn plus the loneliest number’(ユニコーンの角の数プラス最も孤独な数の角)は2を返します。

 

14.Google Logo History (Googleロゴの歴史)

‘Google logo history’(Googleロゴの履歴)を検索すると、現在のロゴから1998年に使用されたロゴまで、会社のロゴに関する変更のスライドショーが表示されます。

 

13. Google In 1998(1998年のGoogle)

 

‘Google in 1998′(1998年のGoogle)では、Google.comが最初に立ち上げられたときの、初期のデザインを紹介しています。 ヤフーのような感嘆符が付いたレトロな外観です。 何かを検索すると、現在のGoogleに戻ります。

 

12. Blink HTML(HTMLを点滅させる)

‘blink HTML’、’blink tag’、または’<bling>’を検索すると、Googleの検索結果ページでこれらの単語が点滅します。

 

11. Festivus(フェスティバス)

‘Festivus’と入力するとサインフェルドのファンは予期しない扱いを受けます:装飾されていないアルミニウムのフェスティバスポール。 検索結果の左側に表示されます。 ポールはページの下から始まり、上で終わります。

 

これは、アメリカの連続ホームコメディ・テレビシリーズ、サインフェルドのエピソードに触発された、新たな休日の伝統への賛辞です。ジョージ・コスタンツァの父親は、商業化されたクリスマスに取って代わるために、どのようにフェスティバスを始めたかを語っています。

 

10.大きな数字を発音する

大きな数字を入力する場合は、接尾辞として’= english’を追加してください。 Googleは数字をアルファベット形式で表示します。 13桁まで機能します。

 

9.Tic Tac Toe(三目並べ)

‘Tic tac toe’(三目並べ)はゲームを表示します。このゲームは、3つのレベルで友達やコンピューターと対戦できます。 ゲームを見つけるための代替の検索フレーズは、’shall we play a game’(ゲームをしましょう)です。

 

Solitaire(ソリティア)、Minesweeper(マインスイーパ)、Snake(スネーク)など、魅力的なゲームがたくさんあります。

 

8.Spinner(スピナー)

‘spinner’(スピナー)を検索すると、双方向の回転するホイールが表示され、プルダウンメニューでホイールの番号を設定できます(2〜20の間)。 右上のトグルボタンでハンドスピナーに切り替えることができます。 回転させるには、回転運動を再現するだけです。

 

Mediate(仲介)、Color picker(カラーピッカー)、Metronome(メトロノーム)、Flip a coin(コイン投げ)、Rall a die(サイコロ投げ)などの簡易なツールがあります。

 

7.Super Mario Bros(スーパーマリオブラザーズ)

‘Super Mario Bros’(スーパーマリオブラザーズ)を検索すると、点滅する「?」ブロックのナレッジグラフが表示されます 。 クリックすると、古典的なコインの音が出ます。 そして、100回クリックすると、懐かしい驚きが待っています。

 

6. フレンズの登場人物

Googleは人気のアメリカのホームコメディ・テレビシリーズ、フレンズの6人のキャラクターに隠れ機能を埋め込みました。Joey Tribbiani、Rachel Green、Ross Geller、Phoebe Buffay、Monica Geller、Chandler BingをGoogle検索すると、それぞれのナレッジグラフに異常が見られます。

 

これらの変わった画像をクリックすると、標準の結果リストを引き継ぐ、楽しい小さないたずらが発生します。

 

5. I’m feeling curious(私は好奇心が強い)

Googleは完全なる退屈バスターであり、時間を浪費するようなものではありません。代わりに、楽しみながら一般的な知識を培い、興味深い事実を学ぶことに役に立ちます。

 

検索バーに’I’m feeling curious’(私は好奇心が強い)または’fun facts’(おもしろい事実)と入力すると、Googleはソースリンクと共に短い事実を約1〜4文で表示します。 ‘ask another question’(別の質問をする)をお好きなだけクリックして、無数の興味深い事実を表示することができます。

 

4.Animal Sounds(動物の鳴き声)

アルパカ、もしくはラクダの鳴き声を知りたいと思ったことはありますか? ‘animal sounds’(動物の鳴き声)と検索するだけで、ブラウザで直接再生できる動物のセットが表示されます。

 

3.Do A Barrel Roll(バレルロール実行)

検索バーに’Do a barrel roll’(バレルロール実行)または’z or r twice’(zまたはrを2回)と入力します。驚くことなかれ、ウェブページのコンテンツは360度宙返りします。 これがGoogleバレルロールと呼ばれるものです。

 

2.Wizard Of Oz(オズの魔法使い)

Google本社でこっそりカーテンの後ろを覗くと、多くのオズの魔法使いのファンを見つけるでしょう。 そして、愛されている物語の魔法使いの偽物とは異なり、Googleはあなたをオズに連れ帰り、再び戻す力を持っています。

 

‘wizard of oz’(オズの魔法使い)を検索すると、Googleは赤いスリッパが表示します。 クリックすると、ウェブページが竜巻のような効果で回転します。 その間、ジュディ・ガーランドが「家のような場所はない」と言うのを聞くでしょう。

 

エフェクトが終了すると、ビンテージのWebページと、赤いスリッパの代わりに竜巻が表示されます。 竜巻をクリックすると、ページが再び回転し、すべてが初期状態に戻ります。

 

1. Thanos(サノス)

‘Thanos’(サノス)もしくは’Infinity gautlet’(インフィニティ・ガンレット)を検索すると、Googleはインフィニティ・ガントレットが付いたナレッジグラフを表示します。 クリックすると指が鳴り、検索結果の半分が分解されます。 もう一度クリックすると、以前に分解された結果が復元されます。

 

これは、怪人のサノスがガントレットを使用して宇宙の生命の半分を殺戮したマーベル・エンターテインメントのアベンジャーズ:無限大戦争への言及です。 映画の後半では、アベンジャーズはガントレットを使用して、サノスによる死と破壊を取り消しました。

おすすめ新着記事

おすすめタグ