マーケティング

マーケティング

【最新の広告】ポッドキャスト広告の増加:アメリカ人の32%が視聴中

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、The rise of podcast advertising: 32% of Americans are tuning in
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

159 views

読了時間 : 約3分37秒

調査によると、米国では2019年に約1億4400万人がポッドキャストを聴いているとのことがわかっています。そしてポッドキャスト広告は、デジタル広告の他の一般的なタイプよりも4.4倍良いリコールを獲得しています。マーケティング担当者は、それほど混雑していないこのスペースに参入すべきでしょうか?

 

2001年にあった10代のAdnan Sayed殺人事件の有罪判決の話をテーマにした大ヒットポッドキャスト「Serial」の冒頭でMailChimpの広告を初めて聞いたとき、私はやっと登録しました。MailChimpのことは何となく知っていましたが、実際に使ったことはありませんでした。

 

第3話までには、製品を語る複数の声をフィーチャーした巧妙な広告を楽しむようになっており、第6話になることには、それを覚えていました。そしてシリーズの終わりには、毎週のMailChimpの広告を聞かない様にしていることに気づきました。

 

驚くべきことに、これは私だけではありません。「Serial」をめぐる会話が増えるにつれ、MailChimpの広告も注目されるようになります。マスコミはこの広告についての記事を書き、友人はソーシャルメディアでこの広告について話していました。人々はTwitterでそれをパロディ化しました。

 

テレビを見ていても、車で通勤していても、ソーシャルメディアをチェックしていても、ほとんどの消費者が数百・数千とは言わないまでも多くの広告にさらされている今、私たちはほとんどのメッセージを無視することを学んできました。

 

しかし、ポッドキャストの広告は違います。信頼できるホストが優しくあなたにオバルチンのガラスを購入するようにおすすめするとき、そのポッドキャスト広告はまるでラジオの黄金時代からの広告のようなものです。ホスト/リスナーの関係は信頼に基づいて構築されていたので、それらの賛同はゴールドのように優れています。

 

 

リスナーはポッドキャストを好む – 約1億4,400万人の消費者がポッドキャストを視聴

研究によると信頼という点では、ポッドキャストの時代はラジオの黄金時代と同じレベルの親密さに近づいているといいます。人気のあるポッドキャストのホストは非常にニッチな有名人ですが、彼らのファンは信じられないほど献身的です。私は最近、「The Dollop」というポッドキャストのライブテーピングに参加しました。私を含む何百人ものオタク(私も含めて)が座席に座って塩の歴史に耳を傾けていました。

 

Edison Researchによると、2019年には約1億4400万人の消費者がポッドキャストを聴いているとのことです。

 

アメリカ人の32%が先月にポッドキャストを聴いたことがあり、22%が先々週に聴いたことがありました。この数字は例年よりも大幅に跳ね上がっており、2014年からは122%も跳ね上がっています。しかし、リスナーがポッドキャストに視聴しているからといって、必ずしも広告を視聴しているとは限りません。それともそうなのでしょうか?

 

リスナーはポッドキャスト広告をあまり気にしていないような見解。一般的なデジタル広告よりも4.4倍良いリコールを獲得。

私の好きなMailChimpの広告の思い出は純粋に逸話ですが、ポッドキャスト広告に対して親しみを感じているのはわたし一人ではないようです。

 

ニールセンと共同のミッドロールによる最近の研究では、リスナーは他の形態のネイティブ広告を覚えているよりもはるかにポッドキャスト広告を覚えていることがわかりました。この研究では、他のデジタルメディアプラットフォーム上のスクロール広告、静止広告、ポップアップ広告などのディスプレイ広告よりも、ポッドキャストの方が4.4倍も記憶に残りやすいことがわかりました。

 

「Serial」のおかげでMailChimpのユーザーになったわけではありませんが、他にもたくさんのポッドキャストを聞いているので、ブランドの話を聞いて購入する可能性は高いと思われます。

 

ミッドロールの調査では、「ポッドキャストの広告を聞いたリスナーの購入意向が10パーセント上昇した」という結果も出ています。広告を聞かなかったリスナーの56%と比較して、61%が購入する可能性が高いとわかっています。ちなみに「My Brother, My Brother, and Me」で聞いた後、私は「MeUndies」をググってみましたが、最終的には私のスタイルではないと判断しました。

 

視聴者はポッドキャストが好きで、聞いている間は広告を受け入れているのに、ブランドがポッドキャスト広告に全面的に参入するのを阻止しているのは何でしょうか?

 

ポッドキャスト広告はどのくらいで主流になるのか?

メッセージがどのように受信されているかを知るための測定基準が無数にあるデジタルマーケティングや、明確なレーティングシステムがあるテレビやラジオとは異なり、ポッドキャストはまだ初期の状態にあります。最も効果的な測定ツールはダウンロードであり、リスナーが実際にメッセージを聞いたかどうかを確認するのは難しいのです。

 

しかし良い点としては、そのすべてが変わりつつあるということです。MediaVillageによると、ニールセン社は今夏「Podcast Listener Buying Power」製品の発売を計画しています。消費者データとポッドキャストのリスナーの洞察力を組み合わせて、広告主がメッセージのインパクトを判断するのに役立つと言われています。

 

また「Serial」を提供したNPRも最近、広告主を支援するツールをリリースしました。Remote Audience Dataは、ポッドキャストのリスナーが実際にどれだけのポッドキャストを再生したか、どのコンテンツがスキップされたかなどの情報とともに、ダウンロードに関する洞察を提供します。

 

だから、ブランドが立ち上げたビデオが「ベイビーシャーク」レベルのバイラルになると思い込んでいるのと同じように、アトランティック紙に掲載されるようなポッドキャスト広告を作成するのも間違いでしょう。

 

しかし、ポッドキャストのスペースは今は比較的混雑していないません。特定のポッドキャストにブランドを結びつけるユニークな方法を見つけることができる広告主のために、フィールドは主に未開拓のオーディエンスと結びつけるために大きく開いています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ