マーケティング

マーケティング

【市場構造独占に成功した企業】その後と今日の姿

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、11 Best Examples of Monopoly In Different Industries
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

304 views

読了時間 : 約8分21秒

独占という言葉は古代ギリシャ語の2つの言葉に由来しています。”単一 “を意味するMonosと “販売 “を意味するPoleoです。大まかに訳すと、「単一の売り手」を意味します。独占とは、売り手が1人に対し買い手が多数いる市場構造と定義することができます。売り手は、代替品がなく、競争相手がいない独自の製品を持っています。

 

動詞 monopolize は、組織が競合他社を排除して価格を上げる能力を獲得するプロセスを意味します。法律では、独占とは実質的な市場権力を持つ単一の事業体のことです。経済学では、独占とは単一の売り手のことです。独占は業界ごとに異なりますが、似たような特徴を持つ傾向があります。

 

例えば:

・ソロセラー: 市場全体が1つの会社により賄われ、その会社が業界になること。

 

・参入障壁が高い: 参入障壁が高い。競合他社は、高額なスタートアップコスト、特許、政府の規制などの理由で簡単に市場に参入することができない。

 

・プライスメーカー: 独占企業は、自社製品の価格を自由に設定して値上げすることができます。

 

・規模の経済性: 大規模な製造や流通ネットワークにより、独占企業は同業他社よりも低コストで製品やサービスを提供することができる。

 

独占は、しばしば地域や国のインフラを迅速、効果的、効率的に発展させるのに役立ちます。しかし、組織が支配的になりすぎると(競争の余地がほとんどなくなると)、その組織の品質やサービスが低下することがあります。時には、消費者コストの上昇や腐敗した行動につながることもあります。

 

一般的に、米国の法律では、製品やサービスの唯一の提供者である組織を止めたり罰したりすることはできませんが、その地位を維持するために偏った慣行や不公正な慣行を使用している企業を罰することができます。

 

このような市場構造については、例を用いて説明するのがよいでしょう。以下、様々な業界での独占の最も一般的な例をご紹介します。

 

 

9. スタンダード・オイル

 

 

米国石油精製市場の9割近くを獲得

 

1870年にアメリカの実業家ジョン・デイヴィソン・ロックフェラーとヘンリー・フラグラーによって設立されたスタンダード・オイルは、石油の精製、輸送、販売を行う会社です。競合他社が多数いたにもかかわらず、米国市場の90%近くを獲得することができました。

 

1910年には世界最大の石油精製会社となりました。同社は生産と物流を合理化し、価格を引き下げて競合他社を圧迫しました。スタンダード・オイルは、積極的な価格設定を用いて他の企業を脅かし、独占を形成したとして非難されました。

 

1911年、米国最高裁はStandard Oilを、複数の反競争的で乱用的な行為により石油産業を独占していたとして有罪判決を下しました。裁判所は、シャーマン独占禁止法(1890年)に基づき、同社を解散しなければならないとの判決を下しました。その結果、スタンダード・オイルは34の事業体に分割され、その中にはシェブロン・コーポレーション、エクソンモービルなどの会社が含まれていましたが、これらの会社の中には現在でも年間数千億ドルの収益を上げている会社もあります。

 

ロックフェラーはそれぞれの新会社の株を25%ずつ所有していました。そして、ガソリン自動車の登場により、彼の個人的な富は急上昇しました。1913年には彼の資産は9億ドルにもなり、その年の米国GDPの2%以上を占めていました。

 

 

8.カーネギー鉄鋼会社

 

 

米国で長年にわたり鉄鋼業を独占

 

アンドリュー・カーネギーによって設立されたカーネギー鉄鋼会社は、19世紀後半にアメリカで圧倒的な鉄鋼サプライヤーとなりました。同社は、一貫して最新の技術手法を取り入れた垂直統合型の製造プロセスを利用していました。

 

鉄鋼はコモディティ製品であるため、低コスト生産がビジネスを成功させる鍵となります。カーネギーは2つの方法でビジネスモデルを実践しました。1つ目は、石炭、石灰、鉄鉱石などの原料供給の保有。もう一つは、生産性の向上と生産能力の拡大による圧倒的な規模の生産です。

 

カーネギーは鉄鋼業界で長年にわたって独占経営に成功しました。1901年、JPモルガンはカーネギー・スチール・カンパニーを買収し、USスチールに統合しました。会社は4億9,200万ドル近くで売却され、そのうち2億2,600万ドルがアンドリュー・カーネギーに支払われました。この取引により、アンドリュー・カーネギーは史上最も裕福な人物の一人となりました。

 

買収後、USスチールは鉄鋼生産市場の60%を手に入れましたが、中小企業の革新性と効率性が高まるにつれ、時とともに減退していきました。しかし、USスチールは今でも年間120億ドル以上の収益を上げ、29,000人以上の従業員を抱えています。

 

 

7. ルックスオティカ・グループ

 

 

眼鏡業界を完全な独占状態に陥れたとして告発されました

 

ルックスオティカはイタリアの眼鏡会社で、眼鏡のデザイン、製造、販売を行っています。主な製品は、処方箋フレームとサングラスの2つ。

 

レイバン、プラダ、ラルフローレン、ヴェルサーチ、アルマーニエクスチェンジ、シャネル、オリバーピープルズ、ブルガリ、バーバリーなどの人気ブランドがあります。実際、数十億ドル規模の世界的な眼鏡業界の主要ブランドの80%近くを支配しており、年間180億ドルの収益を上げています。

 

ルックスオティカは、ブランドの大規模なポートフォリオだけでなく、眼科保険グループであるシアーズやターゲットの光学部門も所有しています。それが、過剰な製品価格、独占を行っていると非難されてきました。

 

2018年、ルックスオティカはフランスに本拠地を置く国際的な眼科光学機器会社であるエシロールと合併、単一事業体であるエシロールルックスオティカを設立、その時価総額は680億ドルに達しています。さらに、エシロールルックスオティカ は世界市場の30%のシェアを持ち、年間10億組近くのフレームとレンズを販売しています。

 

 

6. Google検索エンジン

 

 

インターネット検索エンジンはGoogleが88%以上のシェアを独占

 

20年以上前、Googleはインターネットを検索するための革新的な方法として登場しました。グーグルの登場から久しく、今日は、毎年数千億ドルの収益を生み出すインターネットの独占門番、ゲートキーパーです。

 

グーグルは、検索と検索広告の独占を倫理的に守っていないとして何度か告発されてきました。例えば、米国司法省は、アップルのような他のテック大手と取引を行い、独占的なビジネス契約や契約によって競争を抑圧しているとして、グーグルを告発しています。

 

同社は、Googleをデフォルトの検索エンジンにするために、複数の携帯キャリアや携帯電話メーカーと取引を行っています。また、創業以来数百社の中小企業を買収しており、その多くはGoogleが米国の検索市場の88%以上を占めるのに貢献しています。

 

しかし、Googleは常に「競争はクリックするだけで終わり、サービスは何千もの小さな企業を助けてきた」と主張し、自分自身を擁護してきました。

“人々がGoogleを利用するのは、強制されたり、代替案が見つからないからではなく、選択したからである。” – グーグルの最高法務責任者、ケント・ウォーカー氏

 

 

5. YKK

 

 

ジッパー・ファスナー製品の90%を製造

 

YKK(吉田工業株式会社の略)は、世界最大のファスナーメーカーです。世界71カ国、100以上の拠点で建築製品、プラスチック金物、ファスナーアイテム、産業機械などを製造しています。同社は、全世界のジッパー・ファスナー製品のほぼ90%を生産しています。その製品は、PCケースからジーンズまで様々なものがあります。

 

YKKの成功は決して不当なものではなく、何十年にもわたって高品質の製品を提供しながら、納得のいく価格を維持してきました。その価格設定は、競合他社が市場に参入するのを困難にしており、安い労働力とコストのかからない資本をたくさん持っている中国人ですら、この業界に参入できていません。

 

中国の衣料品メーカーのほとんどが日本のジップを輸入しているというのは信じがたい話です。この奇妙な事実の背後にある理由が何であれ、YKKは競争の激しいコモディティ化した産業を独占してきたのです。

 

 

4. サウジアラムコ

 

 

サウジアラビアの巨大な国営石油の独占は2兆ドル以上の価値にものぼる

 

既存の独占企業の多くは、グローバル産業を完全に支配しているわけではありません。その代わり、ある地域や国で大きな資産を支配しているのです。この種の現象は、国有化として知られており、銀行、運輸、エネルギー部門でしばしば行われています。

 

国有化された主要資産の一例として、サウジアラビアの多国籍石油・天然ガス会社であるサウジアラムコが挙げられます。年間利益は880億ドルを超え、世界最大の収益企業です。同社は、1日あたりの石油生産能力1位、原油埋蔵量は2位であり、世界最大の炭化水素ネットワークであるマスターガスシステムを管理、サウジアラビアの100以上の油田・ガス田を管理しています。また、世界最大の陸上・海上油田(ガーワー油田、サファニヤ油田)を運営しています。

 

1988年から2015年、サウジアラムコだけで世界の産業用温室効果ガス排出量の4.5%近くを占めています。

 

 

3.デビアス

 

 

1世紀以上にわたり、ダイヤモンド原石の流通量の80%をコントロール

 

1888年に設立されたデビアス社は、長きに渡り独占を行っていました。同社は、ダイヤモンド採掘、ダイヤモンド取引、工業用ダイヤモンド製造に特化しています。

 

デビアスの創業者セシル・ローズは、19世紀後半に数十のダイヤモンド鉱山を購入し、南アフリカの鉱山を独占しました。これが、世界のダイヤモンド市場におけるデビアスの独占の始まりでした。ローデスは、鉱山とダイヤモンドの両方を他社から購入し続けました。彼は様々なサプライヤーと契約を結び、世界のダイヤモンド市場の85%ものシェアを獲得しました。

 

しかし、1950年代末になると、カナダ、オーストラリア、ロシアでいくつかの新しい鉱山が発見されました。例を挙げると、オーストラリアのアーガイル・ダイヤモンド鉱山やロシアのアルローザ国有鉱山などは、次第にデビアスの流通経路を迂回するようになりました。これにより、デビアス社は世界の供給をコントロールすることが非常に難しくなり、その結果、世界のダイヤモンド生産量の30%近くを販売しているにもかかわらず、シェアを失い始め、最終的にはダイヤモンド市場においての独占を失いました。

 

生産量では現在、デビアスグループは約22%の市場シェアを持つ第2位の生産者です。一方、アルローザ社は世界のダイヤモンド採掘量の27%を占めています。

 

 

2. Microsoft

 

 

ブラウザを無料で提供することで独占したと非難される 

 

世界で最も成功しているソフトウェア企業の一つであるマイクロソフトは、事実上すべての近代国家から反競争的で独占的な行為であると非難されています。ブラウザ(インターネットエクスプローラー)のソフトを無料で提供することで独占を築いたとして告発され、ライバルのネットスケープの崩壊につながりました。1998年、司法省はこのような独占行為を行ったとして、マイクロソフト社を独占禁止法違反で提訴しています。

 

さらに、マイクロソフト社のWindowsに付属するフリーソフトウェアプログラムが、競合するウェブブラウザの市場を制限しているとの疑惑も浮上しました。また、同社は、アプリケーションのプログラミング・インターフェースを操作して、他のウェブブラウザよりもInternet Explorerを有利にしていたかどうかも問われました。この訴訟では、相互運用性よりも、捕食的手法と市場参入障壁に焦点が当てられていました。和解では、マイクロソフトは他のテック企業とコンピューティングインターフェースを共有することに合意しました。

 

2004年、マイクロソフトは、Windowsオペレーティングシステムの支配力を乱用したとして、欧州連合から4億9,700万ユーロの罰金を科せられました。同社は罰金を全額支払い、Windows Media Playerを搭載していないWindows XPの新バージョンをリリースしました。

 

 

1. AT&T

 

 

米国とカナダで70年以上にわたり電話サービスを独占

 

AT&Tは現在、世界最大の通信会社であり、米国では携帯電話と固定電話サービスを提供している大企業です。ワーナーメディア買収後、AT&Tも世界最大のメディア企業となりました。その歴史は、1877年にアレキサンダー・グラハム・ベルによって設立されたベル電話会社の一部として始まり、後にAT&T社となりました。

 

AT&Tは20世紀のほとんどの期間を通じて、アメリカとカナダの両方で電話サービスを独占し、1910年代、同社にはスローガンがありました。

 

One policy, One system, Universe service一つのポリシー、一つのシステム、宇宙のサービス

 

その後70年間このスローガンは、AT&Tの理念となっていました。20世紀初頭には、いくつかの小規模な電話会社を買収しました。独占禁止法規制当局からの規制を回避するため、同社は連邦政府との間で「キングスベリー・コミットメント」と呼ばれる協定を結びました。この協定により、同社は1984年まで独占的に運営することが可能となりました。

 

米国対AT&T独占禁止法違反事件(1974年に開廷、1982年に閉廷)により、AT&Tは地域事業会社7社と、長距離サービスを重視したより小規模な新AT&Tに分割されました。

おすすめ新着記事

おすすめタグ