マーケティング

マーケティング

ウェブブラウザ業界で勝ち残るのはどれ?現在の状況とChromeの独占について考える

speckyboy

Speckyboy is an online magazine for designers with its focus on sharing helpful resources, exploring new techniques, sharing useful tips, and inspiring you to build a better web.

本記事は、Imagining a Single-Browser Web
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

531 views

読了時間 : 約4分3秒

競争は、人々の中から最高のものを引き出すとよく言われます。レースをしているのか、ソフトウェアの構築をしているのかにかかわらず、他の人が同じことをしていることを知ると、さらに多くのことをすることができます。そこで進歩と革新がもたらされるのです。

 

しかし、最近のウェブブラウザ業界をちょっと見てみると、明らかに勝者が1人に絞られてくるでしょう。

 

この記事の執筆時点で、GoogleのChromeブラウザは市場シェアの64%以上を占めています。その後は、AppleのSafariが離されて位の16%、Firefox(5%)と(gasp)Internet Explorer(4%)となっています。そしてMicrosoftのEdge(2%以下)が間もなくChromiumエンジンに切り替わることで、Googleはさらに勢いを増しています。

 

これらの数字が長期にわたって保持され続けられれば、これらの競争相手の多くが脚注を付けられるのみの存在になり、Googleの優位性はほとんど問題視されないでしょう。では、ウェブデザイナーにはどんな影響を与えるのでしょうか?

 

これまでの経緯

 

何年も前に、マイクロソフトが全ウェブを統括する会社になると考えられていました。その後、FirefoxとChromeが登場し、変化が起きました。独自コードでは圧勝でしたが、数々の規格のサポートがされていなかったブラウザ(Internet Explorer)から、実際にウェブの規格準拠に向けて動いた2つのソフトウェアにユーザーが移っていったのです。

 

これら2つの新しいブラウザは両方ともデザイナーにとってのデフォルトソフトウェアとなり、最新の機能を追加され、使用できるようになりました。パワーユーザーは、遅くてバグのあるInternet Explorerよりも、使いやすさとスピードを優先したこの選択に満足したのです。

 

しかし、状況は劇的に変わりました。マイクロソフトは、ブラウザ市場では少しばかりプレーヤーです。Firefoxは革新的ですが、Googleのモノリシックリーチがないため、苦労しています。 Safariは、主にiPhoneユーザーにとってデフォルトのオプションであるために健闘しています。事実、Safariはモバイルで市場の約26%を占めていますが、デスクトップの4%弱となっています。

 

iOSは約28%のユーザーであるのに対し、Android(Chromeが通常デフォルトのブラウザです)が70%を占めているため、この数字はモバイルOS市場と一致しています。

 

モバイルユーザーはデフォルトのオプションを使用する傾向があることを示していて、広く使われているモバイルOSでのデフォルトオプションになっていなければ(マイクロソフトとFirefoxのMozillaはデフォルトになっていないので)、トップになるのは難しいことでしょう。

 

1社が方向性を決めるようになると

 

Googleがウェブの方向性を決める機会がますます増えています。これは、私達が何年もの間、研究で見てきたものですが、Chromeが優位に立ち、その興味がさらに強くなってきています。

 

これは、Chromeが何か悪い製品であることを示唆するものでも、Googleがあまり前向きなことをしていないことを示唆するものでもありません。しかし、前述のマイクロソフトの懸念と同じように、ウェブブラウザの方向性をコントロールする会社を1社だけ持つことは理想的ではありません。これは本当に「開かれた」ウェブではないからです。

 

そして、マイクロソフトがIEでやろうとしたのと同じように(後に米国政府とトラブルを起こすことになります)、Google(そしてGoogleほどではないもののアップル社)も他のものをインストールすることもできますが、OSとブラウザを結びつけており、反競争的な流れを生み出しています。

 

それを以上に、ウェブデザイナーにとって、この1社だけの台頭は、単一のエンティティを喜ばせるようにサイト構築をしなければならないことを意味します。それが前提になっているようなものです。ある会社が遠く先を行くリーダーであるとき、人々はそれに従うしかないのです。

 

もちろん、それは簡単です。しかし…

 

真剣に検討しないといけないソフトウェアが1つしかないということは、多くのデザイナーにとっては、それぞれが独自のバグや癖を持っている大量のブラウザを扱うことよりもストレスが少くて済むでしょう。

 

ブラウザのテストで節約できる時間のことを考えてみましょう。 「Chromeで動作するんだから、十分でしょう」と言うこともできます。また、CSS Gridなどの最先端の機能を、古いブラウザのフォールバックに対処することなく使うこともできます。これは良いことです。

 

マーケットリーダーが1人でやっている分には、良いことで終わるでしょう。ただし、新しいHTMLまたはCSS標準を本当にサポートしたくない場合はどうでしょう。もしWordPressのようなCMSに入り込んでいたら、そして突然、それを使って構築されたサイトがそれほどうまくいかなかったとしたらどうでしょう?

 

これらは現実離れしたシナリオかもしれませんが、それでも、起こらないとは言い切れません。Googleのような会社が自制心を示してくれればよいのですが、1つの会社が物事を少しやり過ぎる可能性は常に存在します。

 

問題は、彼らが行き過ぎている場合、ユーザが他のブラウザに向かって反対方向に走ることは可能でしょうかか?そして、彼らが逆へ走るための代替策はあるのでしょうか?

 

もう独占状態になっているのか?

 

統計的には、Chromeは間違いなく市場を支配しています。そしてGoogleがすでに私たちの日常生活(そして生計手段)の大部分を占めているので、Googleのあらゆる決断の影響を感じないでいるのは難しいでしょう。今の状態は、シングルブラウザの世界であるように感じます。

 

それでも、別の「ブラウザ戦争」が近づく可能性があると考える理由もあります。 Firefoxの最新バージョンは、まだ市場シェアが低いものの、競争力が高い製品です。これが質を維持すれば、成長のする能性は大いにあります。そして、Appleがモバイルユーザーの大部分を保持している限りは、Safariはなくならないでしょう。

 

また。規制の可能性があります。Googleには多くの機関の警戒の目が光り、ポリシーの変更は製品の将来に大きな影響を与える可能性もあります。大事なことを言い忘れましたが、もう1つには消費者の気まぐれな性質というものもあります。何事も永遠にはトップにとどまらず、人々は魅力的な、また好きなものに素早く移動していきます。Chrome(またはAndroid)が停滞すれば、かなりの数のユーザーが他の場所に目を向けていく可能性もあるのです。

 

お使いのデバイスにデフォルトで付属しているかどうかにかかわらず、自分の好きな製品を使いましょう。ウェブはただデフォルト設定に頼っているだけかもしれませんから。

おすすめ新着記事

おすすめタグ