マーケティング

マーケティング

アクセスにおけるクライアントの役割

speckyboy

Speckyboy is an online magazine for designers with its focus on sharing helpful resources, exploring new techniques, sharing useful tips, and inspiring you to build a better web.

本記事は、A Client's Role in Website Accessibility
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

289 views

読了時間 : 約3分39秒

ウェブデザイナーの仕事は、誰でも自由に、サイトにアクセスできるようにすることだろう。今の時代、皆がサイトを運営したり見たりできるー際立って技術を持っていなくても。

 

だが、どんなに多くの時間を割いても一人で議論を進めたり、技術を磨くのは難しい。それに加え、クライアントにどれだけ購買意欲を持ってもらうかを意識しなければならない。こういった理由から、アクセス権の価値と重要性を考える必要がある。言わずとも、その問題を無視すれば、損害を得ることになる。

 

今までの説明を踏まえて、ガイドラインを読み進めよう。

 

 

シンプル イズ ベスト

ウェブサイトのアクセス件数が伸び悩む原因は、過剰な情報が盛り込まれすぎていることにある。特に、アニメーションやJavaScriptなどのプログラミング言語を使っているものは、人気が出ない。

 

 

こういった高度な技術を要するものは、とても光って見えるのでその要素を加えてないと言うのはとても難しいことである。しかしながら、デザイナーは一教育者である。クライアントが重要な要素を理解できるようにするのが大切なのである。

 

 

今まで話したキーポイントから考えると、サイトのデザイン性で利便性が埋れてしまうのはいけない。そのバランスがうまく保たれる。それに加えて、ジンプルさを重視するとより良い。

 

 

私がここで言う、シンプルさと言うのは殺風景という意味ではない。基本亭な情報が含まれつつも読みやすく、強調すべきところには色をつけるなどコントラストを意識したものがいい。

 

 

こういった要素が考慮されつつも、さらに良い要素が加わることで見ているユーザーがよりわかりやすいサイトを作ることができる。

 

アクセス可能な内容を表示しよう

クライアントにアクセス権についって意識を向けさせることが、一つ目のステップである。そこから私たちの力量が試される。

 

 

誰と仕事をするかで、アクセスできる内容の構成の中でもっとも重要になってくることが決まってくる。このポイントはよく見逃されがちなのだ。ウェブサイトの構成にアクセス出来るとしても、実際の内容に関してなんでも出来るという保証はない。

 

 

わかりやすいテキストにする

もしクライアントにウェブサイト構成のテキスト内容を提供しようと思えば、シンプルで的確な説明をする必要がある。消費者向けや法人向けに作られたウェブサイトほど、シンプルなものが好まれる。ユーザーは大学の勉強ほど内容のつまったものを求めてはいないのだ。

 

 

アクセスしやすいファイルにまとめる

ウェブサイトにあるすべてのものが、テキストやイメージ画像ではない。その中には、PDFやWordなどのファイルも含まれる。

 

 

もちろん、HTMLを使わない特定のアイテムもあるのでそれは考えて選ぶべきではあるがPDFはすべてのテキストを含んでおり、HTMLにも転換可能である。しかしながら、違うファイルなら印刷可能などといったアイテムも存在する。

 

 

そういう場合は、それらのドキュメントにアクセルできる機能を持たせるべきである。例えば、クライアントにスキャン可能なファイルを送るなどがある。そこで問題になりうるのが、選択できないファイルをスキャンしなければならない時だ。その結果として、クライアントはスキャンリーダーで、ファイルを読むことができなくなる。それで、読みやすさが変わってきたりする。

 

 

理想的な解決方法としては、スキャンされていないオリジナル版のファイルをクライアントに見つけてもらうというのが良いだろう。こうすることで、ファイルの内容にアクセスしながらも。PDFに転換することも可能になる。そうしなければ、テキストを感知する為に使うOCRなどに傷や問題が生じてしまう。

 

 

経過を意識しよう

ウェブサイトのアクセスを伸ばすには、いい習慣を身に付けることだ。ウェブサイのすべての領域を管理しているクライアントにとっては、その過程を作ることが必要となってくる。これはウェブデザイナーが支援できる領域でもある。

 

 

一方で、アクセス可能な内容に焦点を当てることは大切なことである。その詳細まで話し合う価値がある。画像のalt属性は、容易になくなってしまう可能性があるので、習慣にする為にクライアントの一般的な仕事業務に組み込む必要があるだろう。

 

 

文字をわかりやすく読みやすく配置するのを考えると、ウェブデザイナーにとってはクライアントの好むが多種多様なので、その都度合わせるのは重労働である。すごく冒険的な構成に魅力を感じる人はいないが、この問題は避けて通れない。

 

 

タイポグラフのいくつかの要素は、変化していく。それを踏まえて、クライアントはある程度ルールを把握しておく必要がある。フォントは読みやすいものを心がけて、文字サイズや色も気を使う必要がある。

 

 

そして、追加でプラグいにゃ他のソフトウェアをインストールすることで潜在的にある問題点が見つかる。Wordpressなどのプラットフォームには無料のプラグインがある為、何ができるかを見たい衝動に駆られて「インストール」ボタンを押してしまうような目論見がそこにはある。明記しておくが、ウェブサイト自体にではなくいくつかの要素がアクセス数に影響していると心に留めておいてほしい。

 

 

総体的に、クライアントのトレーニングには他のアプローチの方法もある。例えば、アクセスのチェックリストをクライアントに渡し、何度も見返すことができるものもある。

 

 

従順なクライアントが差を生み出せる

 

デザインや開発能力の使用は、私たちにとって大きな重要なころである。その上で、クライアントの役割を考えることが大切になってくる。これらが積み重なって、アクセス数に影響してくるのである。

 

 

終わりに、知識を共有していこう。知れば知るほどうまくできるようになる。したがって、クライアントが学べるように時間を割くことで、アクセスすることに対して、より良い決断ができるようになるのである。

おすすめ新着記事

おすすめタグ