話題

話題

PR

数々の失敗を肝に銘じるべし!史上最悪のエンジニアリング上の災害13選

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、13 Worst Engineering Disasters of All Time
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

259 views

読了時間 : 約5分11秒

エンジニアリングの世界では、偉大な業績とともに、数々の失敗にも直面してきました。うまく構築されたエンジニアリング・プロジェクトには精度が必要であり、エンジニアリング設計の手抜きは予期せぬ設計の失敗につながります。そして、この種の小さなミスは、100万ドルの資産や何千人もの命を失う大災害につながるのです。

 

唯一の良い点は、私たちがこうした失敗から多くを学び、失敗は将来のエンジニアリングをより良いものにするために役立っているということです。私たちが支払ったもの、失ったものはどんなことなのでしょう。この記事では、史上最悪のエンジニアリング上の災害をご紹介します。

 

13. ケベック橋の崩落

画像出典:Wikimedia

 

ケベック橋は、カナダのケベック・シティにあるセント・ローレンス川に架けられた大陸間鉄道プロジェクトでした。このプロジェクトは2度失敗し、88人以上が死亡しました。

 

このプロジェクトが最初に一般に公開されたのは1887年のことでした。1907年8月29日、架橋中のこの橋が15秒で川に崩れ落ちたのです。当局は2人の技術者を有罪とし、彼らの設計を承認した委員会にも有罪判決を下しました。この橋は1916年9月11日に再び崩壊しています。

 

12. シャルル・ド・ゴール空港の崩壊

画像出典:Wikimedia

 

2004年5月23日、オープンから数ヶ月後、ターミナル2Eの大部分が崩壊して、4人が死亡、3人が負傷しました。専門家チームがこの場所を調査したところ、当初はひとつの欠陥も見つかりませんでした。その後、調査チームは屋根の強度が足りず、金属製の柱を支えることができなかったことを突き止めたのです。再建には約1億2,000万ドルかかり、2008年3月30日に再開されました。

 

11. ハイアット・リージェンシー・ホテルの空中通路の崩壊

画像出典:Wikimedia

 

1981年7月17日、ミズーリ州カンザス・シティのハイアット・リージェンシー・ホテルには1,600人以上がティー・ダンスのために集まっており、多くの人々が連結された通路の上に立っていました。

 

これだけの観客を収容するほど、この通路は丈夫ではなかったのです。連結部分が破損し、両方の通路が1階に落下、114人が死亡しました。また、219人が負傷しています。これはエンジニアリングと建築設計における大失敗でした。

 

10. Big Digトンネルの崩落

画像出典:boston

 

Big Dig(ビッグ・ディグ)トンネルの崩落事故は2006年7月10日に発生し、26トンの天井板が車の上に落下しました。この事故で乗客が死亡、運転手が負傷しました。コンクリートの品質低下をはじめ、多くの問題が指摘されました。

 

設計上の小さなミスが原因で、Big Digプロジェクトは1年間閉鎖され、その結果、長期にわたる交通渋滞が発生したのです。崩落部分の点検、再設計、設置にかかった費用は5,400万ドルでした。

 

9. ロータス・リバーサイド・コンプレックスの倒壊

画像出典:BWBX

 

2009年6月27日、ロータス・リバーサイド・コンプレックスの一棟が倒壊しました。中国の上海にある集合住宅です。捜査当局によると、倒壊の原因は建物下の駐車場の構造にあったということです。建設業者は広大な土地の土を撤去し、それを建物の反対側に投棄していました。最終報告書によると、倒壊の原因は設計と建設に使用された材料の欠陥によるものだったようです。

 

8. サルタナ号沈没事故

画像出典:Wikimedia

 

サルタナ号は、アメリカのミシシッピ川下流の綿花貿易に使用されていた蒸気船でした。1863年にジョン・リザーベリー造船所によって建造されたものです。乗客376人、乗組員85人を含む最大積載量は1719トンでした。

 

1865年、アメリカは南北戦争での捕虜たちを故郷に連れ戻すよう、サルタナ号に命じました。わずか376人の定員のところ、2,400人以上の乗客を乗せたのです。定員が多かったため、4つのボイラーのうち3つが爆発し、1,800人以上の乗客が死亡しました。大惨事の原因は設計の不備にありました。

 

7. ディープウォーター・ホライズンからの原油流出事故

画像出典:Wikimedia

 

ディープウォーター・ホライズン【ルイジアナ州ベニス沖の石油掘削施設】の原油流出は、2010年4月20日にメキシコ湾で始まりました。爆発事故により、490万バレルの原油が海に流出したのです。

 

この事故では11人が死亡し、海洋事故最大の事故となりました。捜査当局は、ブリティッシュ・ペトロリアム(BP)社が石油タンクの壁に欠陥のあるセメントを使用したことを非難しました。BP社は環境を破壊したとして、アメリカ政府から45億ドルの罰金を科されました。2013年、民事和解部門は同社に420億ドルを請求しています。

 

6. スカイラブ

画像出典:Wikimedia

 

スカイラブは1973年5月14日に打ち上げられたアメリカ初の宇宙ステーションでした。打ち上げの際、太陽電池パネルや隕石保護シールドの喪失など、多くの損傷が見られました。

 

乗組員はその損傷を完全に初期状態に回復することはできなかったものの、長い間使用することができました。宇宙において14億キロメートルの距離を2,249日間旅した後、ようやく地球に帰還したのです。いくつかの小さな失敗により、プログラム全体で35億ドル以上の費用がかかりました。

 

5. チェルノブイリ原発事故

画像出典:Wikimedia

 

チェルノブイリ原発事故は、1986年4月26日にウクライナで発生した原子力災害です。火災と爆発により、大量の有害な化学物質がヨーロッパの最大地域に放出されました。

 

1991年、ソビエト連邦産業安全委員会は、爆発の原因として安全性の悪さを報告しました。この事故は史上最悪の原発事故のひとつとされています。この爆発で約180億ドルの損害が発生し、31人が死亡したほか、癌を含むいくつかの病気の長期的な影響も出たのです。

 

4. インドの送電網障害

画像出典:Wikimedia

 

2012年のインド大停電は、インド最大の停電でした。2012年7月30日と31日の2日間にわたり、6億2,000万人以上が影響を受けました。インドの人口のほぼ半分が影響を受け、北インドと東インドを含む22州に及んだのです。実のところ、当初はモンスーンがこの災害の基本的な原因と考えられていました。モンスーンの到来が遅れたため、電力需要が自動的に高まったのです。

 

この世界最大の停電は、ビナ~グワリオール線のサーキットブレーカー【回路遮断器】が落ちたことから始まりました。バックアップはなく、他の22州が停電になったことでこの問題はさらに大きくなりました。調査の結果、委員会はさらなる停電を防ぐため、新しい保護システムを導入することを決定しました。

 

3. タコマ橋の崩落

画像出典:Wikimedia

 

タコマ橋は、アメリカ、ワシントン州初の吊り橋です。1940年7月1日に開通し、全長は1,810メートルです。開通当初は奇妙な動きがいくつか検出されたものの、誰も問題視しませんでした。

 

1940年11月7日になって、この橋は時速60kmの風速の下で恐ろしい振動を起こし、突然崩れ落ちたのです。それでも、そのデザインは後の橋に影響を与えました。崩壊から10年後、同じ場所に高度な技術を駆使した別の橋が建設され、前の橋の材料が新しい橋の土台となっています。

 

2. タイタニック号の沈没事故

画像出典:Wikimedia

 

タイタニック号はイギリス船籍の客船でした。1912年4月2日に完成し、処女航海に出航しました。1912年4月14日深夜、当時世界最大のこの船が氷山と衝突。2時間40分後、船は完全に海に沈んだのです。

 

1,500人以上が溺死したと推定されています。イギリスでは救援基金が組織され、その額は約50万ポンド(現在の5,000万ドルに相当)に上りました。いくつかの調査では、保護システムがなかったことが溺死の大きな原因であったと報告されています。この事故の後、安全に関する新しい規則が始まりました。

 

1. ボパール化学工場の事故

画像出典:Wikimedia

 

ボパール工場のガス漏れ事故の悲劇は1984年12月3日に発生した世界最悪の産業災害です。MIC【イソシアン酸メチル】タンクの不始末により、猛毒ガスであるイソシアン酸メチルが屋外に放出されたのです。

 

50万人以上が負傷し、非公式の死者数は16,000人を超えました。この事故は世界的に注目され、工業地帯の安全性に関する最大の問題となりました。ユニオンカーバイド社のこの工場から漏れたガスは、部分的な皮膚障害から永久的な障害に至りました。この災害の影響は、マディヤ・プラデーシュ州に住む現在の世代にも及んでいます。

おすすめ新着記事

おすすめタグ