マーケティング

マーケティング

最新SNSトレンドを活かしたデジタルマーケティング戦略 動画・ストーリーやAIを活用

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、Digital marketing strategy 2019: How to take advantage of the latest trends
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

183 views

読了時間 : 約5分44秒

デジタルマーケティング戦略が成功するものであるためには、頻繁に改訂することが必要とされます。ここでは2019年に注目しておくべきトレンドをご紹介いたします。

 

テクノロジーは発達し続けているため、成功するマーケティング戦略を確実に練るには、最先端のトレンドを上手く活用する必要があります。今こそまさに、過去の動向を熟考し、そして最新のトレンドは2019年のマーケティング戦略にどう影響するかということを考えるべき最適な時です。

 

 

ここには皆さんが知るべきトレンドと、それをどのように現在のデジタルマーケティングに取り込むかということのヒントがあります。

 

 

映像

映像の消費は下がることはないだろうと予測されています。より多くのソーシャルプラットフォームが映像のコンテンツに対して投資額を増しており、マーケッターも視聴者を魅了するために、映像コンテンツに対してより多くの投資をしています。

 

 

しかし、明確な目的もないまま映像を制作するだけでは不十分です。

ご自身の視聴者に対し、より効果的に働きかける映像のタイプを分析する、ということにより多くの時間を費やすことを始めましょう。ショート尺の映像はソーシャルメディアにおいて効果的である可能性がありますが、ご自身の視聴者が今なお長尺の映像を見ることに興味がある場合にはどうでしょうか。

 

 

例えばインスタグラムはIGTVという、利用者が長尺の映像を見るための新たなプラットフォームを設立しました。しかしこのプラットフォームの市場はまだ発生して間もないため、よりメインの市場となる前の今が競合他社に打ち勝つ好機です。

 

 

映像の広告もまた、注目を集めるだけでなく、コンヴァージョンさえ望むことができるとされ、その試運転が現在トレンドとなっています。

アニモートによれば、映像広告は、消費者が買い物をする前に、ブランドや製品について知る主要な方法であるとのことです。

 

 

マーケターは携帯ユーザーに向けて映像を最大限に有効活用する必要性があり、行動要請は困惑させるものではなく、明確であることが要求されます。視聴者の注目を惹きつけられるようなアピール映像を創ることに注力しましょう。

 

 

より優れた映像制作の方法を知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

 

・より注目を集め、牽引する存在になる映像を制作する5つの方法

・モバイルで確固たる映像を作成する最強の方法

・パーソナライズビデオとマーケティングの将来

・グーグルやユーチューブなどにおける映像と検索、その将来

・映像マーケティングのレベルアップを図るたった3つの方法

・映像のランキングを上げるための5つの最適化の秘訣

 

 

マーケティング改善のためのAIやARの利用

人工知能はマーケティング戦略に革命をもたらしえます。すでに現在、カスタマーエクスペリエンスやパーソナライズ、分析のアプリケーションにおいてその活用を見ることができ、2019年のマーケティング戦略における秘密兵器という事ができそうです。

 

 

パーソナライズは従来以上にその重要性を増し、顧客はブランドでの素晴らしい消費体験を期待するでしょう。消費者の74%は、よりパーソナライズされた広告のためにはデータを収集されることを厭わないという興味深い結果が出ています。つまり、AIはブランドと顧客の架け橋になりうるということなのです。事実、AI産業は2022年までの各年、7.3億ドルもの成長が見込まれています。

 

 

同時に実情その段階に近づきつつあり、実際のアプリケーションから見るとより深刻な状況になりつつあるといえます。ポケモンゴーが残った背景からは、より多くの企業が、ARが顧客体験を補い、メッセージ性を強めているということが実証されました。

 

 

ARは既に多種多様な産業で運用がされており、消費者でさえもこの技術を利用する態勢が整っているということでもあります。

 

企業はARを以下のように説明しています。

・注目を集める

・ストーリー性を伝える

・カスタマーエクスペリエンスを高める

・ゲーム性を持ったプロモーションが出来る

・顧客により近づける新たな方法で契約を成立させることができる

 

ガートナーによれば、2020年までに1億人もの人々がARを利用して買い物を行うだろうと言われています。

そのため今年はARがいかにマーケティングプランに沿っているかということを模索する最良の機会なのです。

 

よりAIやARを創造的にマーケティング戦略で使う方法については、以下よりご確認ください。

 

・あなたのマーケティングを変える没入型テクノロジーの使い方4選

・モバイルアプリのマネタイズにおけるAIの役割

・これまで以上に活躍するAI、その背景に隠されたメッセージとは?

・ARを活用している企業10選

・あなたの企業はAR広告への準備ができている?診断

 

 

データ駆動型のマーケティング

多くの成功したマーケティング戦略は、その戦略を正当化するためにデータを利用しています。私たちが利用するチャンネルやプラットフォームもますますデータを利用し、データへのアクセスもさらに増大しています。

このことは正しいツールの使用によって、全てがもたらされるということを明らかにしました。

マーテックはキャンペーンの規模を改善するための挑戦や最良なタッチポイントパフォーマンスを図るためのソリューションになりえます。

 

 

データ駆動型のマーケティング戦略は戦略改善のために聴衆について知ることをサポートし、将来の施策の補助にもなります。より具体的に言うと、パーソナライズを利用したカスタマーエクスペリエンスの改善を助けること、さらにはよりメインユーザーに近づいた効果的な広告を打つことも可能にする可能性までもがあります。

 

 

その将来性については、下記の記事をご参照ください。

 

・マーテックのデータ:より良い計測やマネージングの方法

・データから見る!すぐに役立つマーケティングでは大きな挑戦の明察結果

・現実の顧客問題を解決するデータの使用方法3選

・ロイヤリティーの創造にデータを利用する方法(TGI フライデーズを参考に)

 

 

ソーシャルメディアにおけるストーリーズ機能

ストーリーズはソーシャルメディア市場において、次期の主流なトレンドとなっています。これらは既に、充分多くのマーケターズに試用を促しており、2019年にはより人気になると思われます。

 

特定のコンテンツはよりモバイルでの機能性に寄り添うようになり、ストーリー機能はほとんどのソーシャルネットワークにおいて優位性を持つようになる中で、インスタグラムはこの機能を使うことにあたり最も人気なプラットフォームになります。

実際にストーリーを頻繁に利用している人口は毎月4億人ほどおり、ソーシャルフィードにおいてストーリーを比較しているようです。

 

企業は信頼度を増すために、コンテンツのシーンを背景に用いてストーリーを使っており、その評価を楽しみ、投票を募ってカウントダウンを作成したり、それに準ずるような興味深い映像を制作したりしてフォロワーをうまく巻き込んでいます。

ストーリーはプロフェッショナルレベルの想像力を要求する必要はありませんが、いまだ多くのストーリーの中で突出したものとなるための戦略は必要とされています。

2019年は、フォロワーにより近づくための効果的な方法として、より多くのマーケターズがそのマーケティング戦略の中でストーリーに注目することでしょう。

 

より詳しくソーシャルメディアのストーリーについて知るには、下記をご参照下さい。

 

・企業がインスタグラムストーリーを活用するための7つの方法

・2018年のホリデイ広告になったソーシャルメディアストーリーを一挙紹介

・【最新】2018年のホリデイ一押し!ストーリーやモバイル、アマゾン広告に注目したマーケターズ

・ストーリーの誕生とソーシャルメディアの顔ぶれの変化

 

 

ボイステクノロジーとカンバセーショナルコンテンツ

ボイステクノロジーは年々採用率の上昇が見受けられていますが、2019年にはさらに採用度合いを増すでしょう。消費者はより多くの時間をボイステクノロジーに費やすようになるため、マーケターズはトレンドを追うことによる利益の得かたを理解することが必要になります。

 

またデジタルマーケティング戦略に取り入れる必要がある、新しいタイプのカンバセーショナルコンテンツやプロモーションも登場しています。他のプロモーション方法とは異なっているため、私たちはどのように、より多くのカンバセーショナルコンテンツを創造するかということを模索し始める必要性があります。キーワードやマーケティングの専門用語を考えるだけではもはや不十分なのです。ボイス検索は消費者が欲しているもの、ボイスアシスタントをどのように使うかということを把握しているのです。

 

IABの結果は非常に興味深く、18%のアメリカ人消費者は既に自身のスマートデバイスを所持しており、そのうち65%もの人々はスマートデバイスのない生活はもはや想像することができないと認めています。

この事実は企業にとって、このトレンドに沿った開発をすべき機会であるという合図でもあります。

 

 

より詳しくマーケティングやボイステクノロジーについて知りたい場合には、下記の記事がおすすめです。

 

・顧客がボイス検索を利用する現状に企業はついていけているか?

・とっても簡単!ボイス検索の最適化

・ボイス検索はSEO戦略に意味するものとは・・・?

・アレクサやSiriがSEOにもたらした変化とは?

【コンビニでも使える!メルペイ初回利用1000円分招待コード】
当サイト限定招待コード:CMUTDF

 
利用可能店舗:メルカリ、コンビニ、ドラッグストア等

金額:※さらにメルペイスマート払で2000円分ポイント!
友達招待でお互いに1000円分ポイント!2人以上招待でUSJ貸し切りイベントに抽選招待も!

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

無料

 

 

【Uber初回利用2000円オフクーポン】
【Uber初回利用2000円オフクーポン】
130v4g

プロモーション コードを追加するで「130v4g」を入れてください。
※プロモコードは日本国内でのみ利用可能
 
»当サイト限定の初回利用2000円オフのクーポンを使って登録はこちら!

Uber

Uber

 

【UberEats初回1000円オフクーポン】
【UberEats初回1000円オフクーポン】
ins6je2v

対象店舗:マック、ガスト、スタバ、ピザハット、松屋 等
※1000円分無料で頼めます。〇〇円以上とかもナシ!完全無料でお試しOK
割引額:1000円引き
 
»当サイト限定の初回利用1000円オフのクーポンを使って登録はこちら!

Uber Eats のお料理配達

Uber Eats のお料理配達

おすすめ新着記事

おすすめタグ