話題

話題

PR

世界初の太陽光発電パネルを敷き詰めた道路が大惨事に

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、World’s First Solar Road Turned Out To Be A Total Disaster
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

436 views

読了時間 : 約2分0秒

⚫︎2016年、フランス政府は500万ドル以上を投資して全長1kmの長いソーラーロードを建設した。

⚫︎このモデルは、エネルギー効率、経済面でも優れておらず、実行可能ではないことが証明されている。

⚫︎道路がひび割れて損傷したため、試験は終了した。

 

201612月、フランスで世界初のソーラーロードが開通した。それはばかばかしいほど高価なプロジェクトで、フランス政府は520万ドルを投じて、3万平方フィートのソーラーパネルからなる全長1キロメートルの長い道路を建設した。この道路はフランスの大手土木会社Colas社によって建設された。道路建設と軌道建設を専門に扱う。同社は5年以上前から独自のソーラーロードテクノロジー、Wattwayに取り組んでいた。

 

フランスの環境省は、この道路が地元の町トゥルーヴルの街灯に十分な電力を生み出すだろうと述べた。実際、政府は今後5年間で1000kmの高速道路を太陽光発電パネルで舗装する計画を立てていた。「ソーラーロード」の試みはまだ3年も実現しておらず、政府の大胆な計画が行われることはなさそうだ。

 

Global Construction Reviewのレポートによると、複数の亀裂が発生しており、磨耗による損傷のために2018年には道路の大部分 (90メートル) を解体しなければならなかった。

 

稚拙な計画と拙速な設計

フランスのノルマンディーでは、太陽光パネルで道路を建設するというアイデアはまったく印象的ではない。というのも、この地域は日照量が最も少ないからである。年間の日照日数は50日以下。

最近、フランスの日刊紙 Le Monde は、太陽光発電パネルが重量車による消耗に耐えられないと報じた。激しい雷雨にも耐えられず、地元住民には騒音が大きすぎたため、制限速度を時速44マイルに下げざるを得なかった。さらに悪いことに、技術者たちは落ち葉の影響を考慮しておらず、パネルの発電能力が制限されていた。

 

建設会社によると、太陽光発電パネルは7 mmの多結晶シリコン層で保護されており、厳しい環境でも機能するという。

 

しかし、これらのパネルは開業当初から緩んだり、細かく割れたりしている。当初、ソーラーロードは毎年15 kWh近くのエネルギーを生み出すことを目的としていたが、これは毎日5,000世帯を照らすのに十分な量である。その代わり、この設備は2018年に78,397kWhしか生産せず、20197月末までに38,000kWhにも満たなかった。

画像提供:Fabrizio Bensch/Reuters

 

電力販売による利益は年間10,500ユーロ以上と推定されているが、2017年には4,550ユーロ、2018年には3,100ユーロ、2019年の第一四半期には1,450ユーロしか得られなかった。「プロジェクトの経済的・技術的要素は明確に理解されていなかった。

 

屋根の上のソーラーパネルのように、すでに存在し、利益性が高い解決策を革新するために何百万ドルも費やすことは、まったく理にかなっていない。」—Network for Energy Transitionの副社長Marc Jedliczka氏。

 

試験はこれで終了した。WattwayEtienne Gaudin最高経営責任者は、このモデルは市場では売買されないだろうとLe Mondeに語った。長距離の交通には向いていない。その代わりに同社は、電動自転車の充電ステーション、バス待合所の照明やCCTVカメラ用の電力を生み出すモジュールの小型化に注力する予定だ。

おすすめ新着記事

おすすめタグ