マーケティング

マーケティング

最新のFacebookアルゴリズムの仕組みと変更点は?新しくなったFacebookへの対策と運用方法を徹底解明!

Sprout Social

本記事は、How the Facebook algorithm works and ways to outsmart it
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

200 views

読了時間 : 約12分49秒

Facebookのアルゴリズムはまるでミステリーとも言われ、各社ブランドはプラットフォーム上でのその存在を常に気にかけています。

 

直近のアルゴリズムの変更による影響を直接受けていなくても、オーガニックリーチ数を分析してきているブランドは恐ろしい思いをしていることを聞いたことがあるかもしれません。ただ、これらFacebookのアルゴリズムの変更はブランドにとって必ずしも問題となる訳ではありません。

 

実際、そのようなマイナスイメージの影響は長期的なものではありませんし、2019年のSprout Social Indexによれば、Facebookは、今もなおマーケティング担当者と利用者双方にとって、最も人気あるプラットフォームです。

 

 

 

 

Facebookアルゴリズムは変更されましたが、マーケティング担当者と利用者双方にとって依然として人気第1位のプラットフォームです。最近の統計によると、FacebookはSNS広告の観点においてもマーケティング担当者にとって最良のROIを生み出しています。あなたのターゲットの顧客が既にFacebookを利用していることを考えると、その理由は大いに合点がいきます。

 

実際のところ?新しいFacebookアルゴリズムの中で生き残るためには、あなたのオーガニックリーチ強化のためコンテンツ戦略に大小いくつかの変更を加える必要があるかもしれないことを意味します。

 

 

 

最新のFacebookアルゴリズムの仕組みは?

 

 

Facebookのアルゴリズムは投稿順に応じた表示制御の中で、利用者に最も関連の深い記事を見せる仕組みです。

 

時系列でコンテンツを公開するのではなく、Facebookがあなたに関連していると判断した投稿や広告をユーザーごとに表示します。Facebookの方法論に変更が発生するたび、マーケティング担当者はパニックに陥りがちです。

 

2018年初め、Facebookのブランドコンテンツに関する発表を受け、最も影響が大きい抜本的変化が起こり、多くの企業が慌てふためきました。Mark Zuckerberg自身の発表でしたが、マーケティング担当者やブランドに対するFacebookの宣戦布告のようでした。

 

 

 

 

 

2018年のFacebookアルゴリズムの変更は、ビジネスユーザー向けのスパム対策を優先する意図ではなく、個人利用者における友人や家族との関連性を中心にコンテンツが再設計されています。この変更に対してFacebookのマーケティング戦略を見直さなければならず、言わば法の下に会社とブランドを束縛するようなものです。

 

2019年におけるFacebookアルゴリズム変更内容とマイルストーン

 

Facebookアルゴリズムはもちろん今も日々進化を遂げています。以下に2019年に実施されたFacebook変更の簡単な内容です。

投稿、メッセージ表示の理由を把握できる?Facebookは2019年3月にユーザーが特定のオーガニック投稿や広告が表示される理由を探る仕組みを提供します。これは、ブランドがターゲットを絞り込み、フォロワーとの交流促進に繋げていけることを示唆しています。

 

 

 

 

フェイクニュースとの戦い

 

「フェイクニュース」や誤解を招くコンテンツに対し、Facebookの闘いはこれまでも十分伝えられています。2019年4月、Facebookはフェイクニュースと闘うため、コンテンツの真否を確認する方法(手作業)について発表しました。

 

これがブランドに直接影響を与えることはないかもしれませんが、プラットフォームに対する信頼と透明性の重要性は伺い知れます。不要な物議を醸している、またはスパムの類いと認識されてしまえば、取り返しようのないストライキ運動が発生してしまう可能性があります。

 

 

フィードバックの個人的調査

 

パーソナライゼーションと関連づけは、Facebookアルゴリズムにおける最優先事項です。2019年5月、Facebookはユーザーのフィードバックを集約しコンテンツの関連性を紐付ける調査を実施することを広く発表しました。

 

ビジネスページに対する影響に関して、Facebookは次のような見解を提示しています。

 

「今回の変更はFacebookページや友人への表示の増減を左右する意図ではありません。友人の投稿など、ユーザーに表示する情報を彼らにとって価値があると思われるものとする意図です」

 

これら取り組みによって、「いいね!」やコメント、その他エンゲージメントはすべて、フォロワーにとって有益と見なされうるブランドにとっても価値ある行為として良い循環が生まれます。

 

 

Facebookアルゴリズムに順応するための9つの戦略

 

これらのFacebookのアルゴリズムの変更は、同時にブランドにおける順応方法も示しています。

 

一見煩わしいかもしれませんが、あなたがSNSに傾ける多大なるエネルギーを最大限有効活用するためFacebookの重要性は看過できません。新しいアルゴリズムの目標にはより有用なインタラクションを促進するという意図も含まれ、その達成のために各ブランドは高品質なコンテンツを宣伝していくことが期待されています。

 

どうやって実現させましょう?その戦略のヒントを9つのポイントに分けて解説させていただきます。

 

 

 

1.投稿のタイミングを完璧にマネジメントする

 

新しいアルゴリズムはエンゲージメントの獲得数に最も重きを置いています。すなわち、投稿のタイミングがこれまで以上に重要となるということです。

 

エンゲージメントを最大化するため、ブランドはカレンダー機能を駆使し、ベストなタイミングで投稿を行うことに固執するべきです。

 

 

 

 

もちろん、これらのデータは全てを左右するものではなく、オーディエンスたちからより多くのエンゲージメントを得てきたかを示す数字に過ぎません。しかし、あなたの投稿をより多くのフォロワーの目に触れるようにするためプラスの働きをもたらすデータであることに変わりはありません。

 

そして、Sproutではフォロワーたちがより多くアクティブであるタイミングで投稿することをスケジューリングする機能を提供しています。これはあなたにいつ投稿するか思案する時間の節約を可能とし、重要なエンゲージメントを促進することに繋がります。

 

 

 

 

2.コンテンツ戦略の中心を動画にする

 

あなたは既にこのフレーズを数百万回聞いたことがあるかもしれませんが、我々は敢えてそれを強調します。(なぜ?今なおマーケティング担当者が動画の流行に乗り切っていないためです。)

 

私たちに諦めさせないでください。

 

Facebook本体も、他のプラットフォームコンテンツと比較したとき、動画コンテンツはユーザーによるエンゲージメントやインタラクションを促進に効果的であると述べています。また、最近の動画ランキングの更新により、その重要性はより鮮明になりました。

 

つまり、動画はユーザーの視線を惹き付けることにおいて最適です。マーケティング担当者があらゆる形やサイズの動画を取り入れることができます。よって、必ずしも膨大な予算をつぎ込む必要もありません。

 

例えば、SharpieはInstagram用の動画コンテンツをFacebookページにも同時活用する方法を紹介しています。これら短編作品も、入念に制作されたものを超える動画の力をを証明しています。

 

 

 

このプラットフォームでは Facebookライブを活用して、視聴者にとってより魅力的でリアルタイムなコンテンツを作成することも促進されています。ライブ動画があなたのファンやフォロワーに視聴を促進する意図の通知を行い、これによりあなたの動画も目立たせることができます。

 

それがすぐに使える仕組みであろうと方法提示のチュートリアルであろうと、ライブビデオは今日のブランドにとっては強力な媒体であることを意味します。

 

 

 

 

簡単に仕掛けを作ることの出来る、ループ動画も参照してみて下さい。Warby Parkerは、ほんの数秒で作成できるエンゲージメント向上効果抜群の短編動画を頻繁に配信しています。

 

 

 

この場合、Facebookのアルゴリズムを巧妙にすることではなく、プラットフォーム自身が目指すものに基づいています。つまり、Facebookはコミュニケーションを促進すべく、ユーザーの注意を引く投稿を適時発信することに重きを置いています。

 

 

より視覚的なコンテンツを効果的に作成する場合は、利用可能なオプションが非常に多いので、動画を作成することは非常に簡単になっています。

 

 

 

3.リンクを外す前に協議する

 

 

最新のFacebookアルゴリズムの更新の一環として、Facebookのシステムをテストしようとしていると見なしたマーケティング担当者を罰しようとしています。

 

 

例えば、Facebookはエンゲージメントの呼び水と見なされる投稿には明示的に成敗することにしました。コメント、タグなどを求める投稿もかつては当たり前のことでしたが、Facebookはこれらがスパムの温床として機能しているとの認識を示しています。

 

 

 

 

これらの投稿の正確な分析にはまだまだ時間がかかるかもしれませんが、ブランドはそれについて無知ではなく顧客との意味ある会話を行うように努めるべきです。Facebookは私達ユーザーの双方向の議論を駆り立てるコンテンツを望んでいます。

 

例えば、ディスカッションという点でユーザーを先導しながら、投票を促すこともできます。Loot Crateからのこの遊び心溢れる仕組みは、コメントやシェアの形でたくさんの愛用者を獲得しました:

 

 

 

実際、ある特定の投稿に対する質問に取り組むことは、コメントを求めることなく自然にコメント投稿を促すための有用な方法です。Milk Makeupがその投稿の1つとしてシンプルな質問を用いることをヒントとして提示しています。

 

 

 

 

また、ブランドは議論の価値があるタイミングでコンテンツを投稿すべきです。物議を醸しているコンテンツはまさにそれをなし得ていると見なせますが、怒らせたり疎外感を与えたりするリスクを回避するような程度を押さえておくべきです(明らかに政治的な要求をされたり、「衝撃的な」コンテンツを見せられたりすることを想像してください)。

 

 

Sprout Socialの最近の調査によれば、あなたの聴衆があなたの社会的・政治的問題に対する姿勢に批判的であれば、あなたのブランドを購入したり他の人に推薦する可能性は低くなると言えるでしょう。

 

 

 

 

Delishのように、大量のディスカッションやシェアを促進する話題のレシピサイトや話題の記事を定期的に投稿するブランドを考えてみましょう。この種の投稿は、フォロワーからの返信を受け取るのに最適といえます。

 

 

人々がそのコンテンツ上で会話ができるようになればなるほど、Facebookのアルゴリズムはあなたのコンテンツを有機的に特徴付けることに有益です。

 

 

 

4.従業員とブランドのファンが自社コンテンツを更に推奨することを奨励する

 

あなたがFacebookプラットフォームでマーケティングを始めて以来、そのアルゴリズムを攻略するための鍵は実はあなたの目と鼻の先にあったのですが、多くのブランドはそれを見逃しています。それは自社の従業員です。

 

従業員にフォーカスした施策は、今まで以上にアルゴリズムとの関連性が増しています。Facebookは企業より友人や家族の投稿を優先付けているため、あなたも従業員個人に対する施策を始めるか、持っているならそれを復活させるべき時期に差し掛かっています。

 

Facebookページのアクセス範囲は、あなたのファン/フォロワー数により制御されます。あなたがアルゴリズムへの新しい変更に適応しようと取り組みに着手したすぐはコンテンツのリーチ数は減少しているでしょう。

 

従業員達に対しあなたのコンテンツをFacebook上でシェアすることを奨励すれば、リーチ範囲は直ちに拡大します。それだけでなく、その投稿はあなたの企業からの投稿としてではなく友人や家族からの投稿として見えるので、利用者が実際にそれに目を通し読む可能性も16倍高くなります。

 

 

 

 

あなたのブランドがあなたの従業員よりもかなり多くのフォロワーを持っているとしても、あなたがそれらのより多くがあり、そして彼らがより高いエンゲージメントを得ると考えるとき、それは価値を見るのは簡単です。

 

従業員にあなたのコンテンツをどのように誘導してシェアさせるかが課題です。多くの場合、メールで依頼するだけでは不十分です。Facebookにアクセスし、メッセージを入力してシェアするには、時間も手間もかかります。さらに、中には共有することを依頼されたこともさっぱり忘れ、二度とその電子メールをチェックすることもないでしょう。

 

このような状況に対しては、Bambuのように従業員向けのプラットフォームを用意するのが得策です。

 

Bambu makeは、従業員が自らの個人的なFacebookページでコンテンツを非常に簡単にシェアすることができます。コンテンツについての基礎情報を設定し、任意のメッセージを投稿に含めるよう提案することも容易です。

 

 

さらに、従業員がログインするたびにシェア対象の推奨コンテンツがストリーム表示され、理想の時間に投稿することもできます。

 

 

Facebookのアルゴリズムを活用して企業エンゲージメントと従業員の推奨を強化していく方法について更に知りたい場合、こちらのwebinarに登録(無料)してください。

 

 

5.外部リンクより写真やタグを優先する

 

 

文化慣習的なナレッジは、Facebookがブランドを自身のプラットフォームコンテンツとして維持することよりもオフラインでリンク付けすることを推奨します。

 

事実、特に動画の場合、Facebookがリンクでネイティブコンテンツと結びつけている状況が多く見られます。

 

投稿にリンクを含めるとフォロワーのフィードに残ります。とは言っても、各種コンテンツでフィードは最新状態に保たれます。後からリンクを外すと、マーケティングの観点から見ても悪い形であるだけでなく、最新のFacebookのアルゴリズムに照らしても得策ではありません。

 

例えばビジュアルコンテンツはFacebookの様々な活用事例と関連しており、87%以上のエンゲージメントを獲得に有利とされています。そのため、すべての投稿に、何らかの画像を含める必要があると言えます。

 

 

ハッシュタグを使って印象づけを強化したり、別のページをリンク付けすることもできます。どちらの方法でもリーチ拡大に役立ちます。

 

繰り返しになりますが、あなたの最終的な目標はエンゲージメント向上です。リンク自体が「こっちを見て」と主張するものではないですよね?

 

 

6.各投稿をユニークにする

 

企業は日常的にFacebookを投稿することもあり、独自コンテンツを打ち立てることが一般的に求められます。

 

そのとき、何度も同じ投稿を掲載することがブランドのPRに繋がるか、一度の掲載で内容が十分伝わるか配慮が必要です。

 

ソリューションとは?

 

初心者向けの提言ですが、繰り返し投稿を行わずしてフォロワーにそれらをリマインドするため、投稿におけるユニークなフレーズを作り上げることを考えてみましょう。最初にそのフレーズがうまく機能すれば、2回目または3回目はタグや質問などに切り替えて新たなアプローチが有効活用できます。

 

 

同じ投稿を繰り返すことなく古い作品をフィードに再導入するためのもう1つの戦略として、コンテンツの再利用が挙げられます。

 

再利用と言いながら全く新しいものに作り変えるためのヘルプツールは多数存在します。

 

例えば、CanvaやAdobe Sparkを使用し、投稿記事からの引用をカスタムグラフィックに変換可能です。Lumen5またはAnimotoを使用すれば動画をブログの記事に再利用可能です。

 

Sproutのソーシャルスケジュールでは、Facebookに投稿しているコンテンツの種類をあなたが確認するときにも有用でカレンダー機能が簡単に活用できます。

 

 

 

 

 

7. Facebookグループで会話する

 

Facebookのページリーチ数の減少が取り沙汰され、2018年には平均2%という低いオーガニックリーチが報告されたとされますが、これはおそらくマーケティング担当者にとって最大のダメージでだったでしょう。

 

しかし、このことは企業Facebookページを武器にすることは不可能であるという意味でしょうか?

 

そうではありませんが、多くのマーケティング担当者がFacebookページからグループ機能の活用にシフトしていることは合理的です。ファンやフォロワーがグループに参加したとき、グループ内での議論では必ず発生します。ある意味、あなたのグループに加わる顧客はあなたのブランドのコンテンツに関わる可能性に直結しています。

 

問題解決とコミュニティの教育に注力するマーケティング担当者にとって、グループはページを一から始めるよりも容易かもしれません。

 

 

 

8.ターゲットとするオーディエンスを絞り込む

 

Facebookの利点はあなたがオーディエンスに集中できることです。

 

オーディエンスが広範囲に及ぶ場合は、興味や地域によって視聴者を細分化することを検討しましょう。Facebook(およびSprout)では、投稿ごとに表示範囲を設定できます。これは当初あなたのリーチ数を減少させるかもしれませんが、結果的にはあなたのエンゲージメントを増大するかもしれません。特定ファンとの関連性を戦略的に微調整できるものと捉えて下さい。

 

 

 

良い事例として、あなたが複数都市にまたがってイベントを開催する国営企業の場合を例示します。シンシナティの人々は、あなたがマイアミでイベントを主催していることを気に留めないかもしれません。

 

このとき、シンシナティのファンだけに表示を限定するということは、実際に参加する可能性のある人のみに投稿を提供するということとなります。これにより、それら投稿へのエンゲージメント向上の可能性が高まります。

 

 

9. 有料プロモーションに投資する

 

企業が自社のリーチ改善に注力すべきであることは当然ですが、Facebook広告の力も軽視すべきではありません。

 

良いニュース?

 

データによると、Facebook広告は圧倒的なROIを生み、実に93%のマーケティング担当者が取り入れています。ターゲティングと非常に多くのクリエイティブなオプション機能を誇るFacebook広告は、他のプラットフォームとは異なり、マーケティング担当者の自由度も守ります。

 

上記ヒントをいくつか取り入れることで、フォロワーの注目を集める動画広告が作成できます。

 

 

 

Facebookのメモ情報が非常によく機能し、低いクリック単価を誇るコレクション広告の例も見られました。

 

 

有機的な取り組みとFacebook広告を組み合わせることで、双方のメリットを活かすことができます。「有料で遊ぶ」プラットフォームとして採用するためのブランドの広告塔となっているため、長期的には合理的な考えです。

 

Facebookの有料プロモーションが初心者である場合は、Facebookの広告戦略にはGoogleガイドから学ぶことができます。Sproutの有料レポート機能では、各種キャンペーンを細かく分類して、ROIを目指すことができます。

 

 

 

 

まとめます!

 

新しいFacebookのアルゴリズムについてどう思いますか?

 

SNSを取り巻く状況と同じく絶え間なく変化するFacebookのアルゴリズムは、企業のコンテンツ戦略再考を要求します。より真実に迫るための変化と言えるでしょう。このような変化に適応することこそSNSマーケティングの本質です。

 

また、Facebookのベストプラクティスを攻略したマーケティング担当者は、リーチ数の面で報われる可能性が高くなります。

 

【セレキュトのおすすめpickup】
 
■クリエイターの実績、知識はあるけどいい仕事が見つからない方におすすめ!
 【レバテックフリーランス】
 ・案件数業界最大級、エージェントの理解が深い、発注額高、圧倒的低マージン、単価アップ交渉◎
 ・エンジニア勉強会の開催有り、就業後もサポート有り
 ・年収が上がったクリエイター多数
 ・案件)【Deep Learning】AIプロダクト開発の求人・案件/~900,000円/月 など
 ⇒レバテックフリーランスを見てみる
 
■今のクリエイター技術をもっと向上したい方におすすめ!
 【デジタルハリウッドSTUDIO by LIG】
 ・あのWeb制作のプロ集団「LIG」が運営の上野・池袋のWebクリエイター育成スクール
 ・6ヶ月で未経験からwebクリエイターへ、転職サポート◎
 ・映像教材はいつでもどこからでも受講可能
 ・LIG監修のオリジナル映像講座や特別LIVE授業など特典盛りだくさん!
 ・無料相談会受付中!
 ⇒デジタルハリウッドSTUDIO by LIGを見てみる

おすすめ新着記事

おすすめタグ