マーケティング

マーケティング

Google for Small Business:スモールビジネスのオーナーがもっとデジタルツールを使用できるようにするための新サービス

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、Google for Small Business: New launch to enable small business owners with more digital tools
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

280 views

読了時間 : 約1分47秒

「より多くの顧客に働きかけられるより効果的に運営できるデジタルツールを80%の中小企業は十分に活用していない状態である」とグーグルのスモールビジネス広告担当グローバルプロダクトディレクターはClickZに語りました。

 

同社は、スモールビジネスのオーナーがよりデジタルに詳しくなれるようパーソナライズされたプランを提供する新しいサイトを発表しました。

 

Googleは、企業が技術系大手企業のツールの中で自分たちに合うものが見つけられるよう案内する新しいサイトGoogle for Small Businessを立ち上げました。

 

ビジネス名や目標など、サイト上のいくつかの質問に回答した後、ユーザーごとにカスタマイズされたツールが選択できます。

 

検討されているツールのポートフォリオは、Google My Business、YouTube、Google広告、Googleローカルサービス広告、G Suite、Google Analytics、Google Payがあります。

 

 

 

段階的なプラン

 

質問の回答を送信した後、ユーザーは、ビジネスがオンライン上存在感を表し、もっと多くの顧客に見つけてもらえるようになり、より効率的にビジネスするのに役立つようなおすすめの製品の段階的なプランを案内されます。

 

 

さらに、このサイトでは、実践的な支援のプログラムである Grow with Googleのワークショップを案内していて、Googleの中小企業向けツールやサービスに関する最新情報もあります。

 

プランのステップの中には、Google検索とGoogleマップでビジネスプロフィールを申請することになっていてこれは無料で自分のWebサイトにつなげるきっかけになります。

 

あるいは、ビジネス用のカスタムメールアドレスを作成できるGoogleの低コストのG Suiteの生産性向上ツールを利用することになるかもしれません。また、無料のYouTubeチャンネルで顧客と動画を共有するということもあり得ます。

 

 

 

 

ほぼ半分の米国企業は企業Webサイトすらない状況

Kim Spaldingは、スモールビジネスのオーナーは「成長を支援してくれるデジタルツールがあることは知っているが、そのツールが何であるのか、どのように始めたらいいのか知らない」と語りました。

 

同氏はまた、「80%のスモールビジネスは、もっと多くの顧客に働きかけられる、もっと効率的に仕事をするのに役立つデジタルツールを十分活用していない」と述べました。

 

スパーディング氏によると、具体的な目的でいえばスモールビジネスの70%が仕事の時間を減らしたいと思っていて、65%以上が販売促進の方法を模索してしていて、47%の企業はウェブサイトすら持っていないとのことです。

 

このGoogleの新しい試みは、米国のスモールビジネスのオーナーがこれらの問題を好転させるよう願ってのことです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ