マーケティング

マーケティング

2019年版インターネットの成長率と利用統計について マーケティングデータ

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、Internet growth + usage stats 2019: Time online, devices, users
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

255 views

読了時間 : 約4分55秒

インターネットユーザーは現在、世界の人口の57%を占めています。人々は毎日平均6時間42分もの時間をオンラインで過ごします。2021年までに、すべてのEコマース売上の73%が携帯電話からのものになるということです。

 

今日のインターネットは、1993年に発売された最初のインターネットブラウザの1つであるMosaicから始まり、インターネット非技術者が簡単に利用できるようにするのが目的でした。

 

1995年にeBayやAmazonなどの商用サイトが立ち上げられ、インターネットに本当の革命が始まりました。そしてこの24年間で、インターネットはその使用と有用性を飛躍的に増大させ、モバイル会計がオンラインでますます大きな割合を占めるようになっています。ここでは、今日のインターネット利用についてもう少し詳しくご説明していきます。

 

世界の人口に関する重要な事実:

・総人口:771億人

・インターネットユーザー:44億人

・モバイルユーザー:46.8億

・ソーシャルメディアユーザー:34億8000万人(前年比9%増)

・モバイル上のソーシャルメディアユーザー:32.6億人(前年比10%増)

 

 

インターネットユーザーに関する統計

1秒あたり11人以上のユーザー、または毎日100万人の割合で新規ユーザーが増え、成長しているインターネットは、現在、世界の人口の57%を占めています。これはまた、約44億人に相当します。この数字は2018年から9%の成長を示ししています。

 

モバイルインターネットユーザーは全体の約52%を占めています。

 

オンライン時間に関する統計

平均して、人々は毎日6時間42分もの時間オンラインで過ごしています。Google、Youtube、Facebook、そしてBaiduがその例です。さらに、毎日400万以上のブログ記事と5億以上のツイートが公開されていて、Google検索の1日あたりの数字は、50億近くになっています。

 

インターネット活動に関する統計

Eコマース

 

2018年には、Eコマースによる世界的支出は2兆8000億ドルを突破し、前年比で14%の成長を見込んでいます。オンライン旅行は、旅行、宿泊施設、および予約のためにオンラインで7,500億ドルを費やし、支出の最大のシェアを占めています。

 

売上高を見ると(Facebook広告)、インターネットで2018年に2.84兆ドル小売売上高になり、その数は2019年に3.45兆ドルまで増加すると予測されます。2019年には、推定19.2億人がオンラインショッピングをすると予想されています。アメリカだけでも、インターネットユーザーの80%がオンラインで購入すると予想されています。

 

Amazonは全オンライン売上高の49%以上、そしてアメリカ小売売上高の5%を占めるECコマース大企業に成長しました。

 

検索

2019年3月の時点で、Googleは92.46%の市場シェアで検索エンジン市場を支配し続けています。

続いて、Bingが2.45%、Yahooが1.82%、Baiduが0.95%となっています。Google検索の最初のポジションは、デスクトップで34.36%、モバイルで31.35%のクリックスルー率になっています。

 

広告ブロック

 

北米のユーザーの46%以上、ラテンアメリカの45%、アジア太平洋地域の52%、そして全世界の47%がデスクトップ、モバイル、およびタブレットデバイスで広告ブロッカーを使用しています。

 

広告ブロッカーの使用が増えているのは、広告が多すぎる、不適切な広告が表示される、広告が邪魔になりすぎるなどの理由によるものです。広告ブロッカーは2020年までに年間750億ドルの費用がかかると推定されています。

 

動画

 

グローバルウェブインデックスによると、インターネットユーザーの92%(40億人)が毎月オンラインでビデオを見ています。ちなみに、世界でのテレビの所有数は60億人ほどです。

 

YouTubeだけでも、毎月15億人を超えるユーザーがログインしています。

インターネットユーザーの総人口のうち:

・58%がストリーミングTVコンテンツ

・30%がストリーミングゲームコンテンツ

・23%がゲームコンテンツのライブストリームを視聴

・16%がスポーツのトーナメントを観戦しています

 

 

ソーシャルメディア

 

過去12か月だけで2億8,800万人を超える新規ユーザーがいるため、ソーシャルメディアの数は、世界中で約35億人になっています。ソーシャルメディアサイトに費やされる平均時間は、毎日約2時間22分で、昨年の2時間15分から増加しました。

 

Facebookは2018年に数件のスキャンダルを起こしましたが、ユーザー数は15億2000万人で、昨年からは9%の増加となっています。Instagramは、報告されている10億のアクティブアカウントで成長を続けています。これらのアカウントのうち、60%以上のユーザーが毎日ログインし、毎日9500万以上の写真やビデオをシェアしていると伝えられています。

 

Twitterは依然として堅調に推移していますが、2018年に900万人のユーザーの損失(2%減)を報告しています。かつて人気が高まり成長していたサイトであるSnapchatも、昨年アクティブユーザー数が10%減少し、3億6,550万ユーザーにとどまりました。

 

インターネットアクセスの優先デバイスに関する統計

音声

 

人々がインターネットとやり取りする方法も変化しています。音声制御ツール(Alexaなど)の使用が大幅に増えたものその1つです。

 

・58%のユーザーが音声コマンドを使って情報検索を行っています

・27%がウェブサイトを検索のために声を使っています

・インターネットユーザー約5人に2人が、毎月音声コマンドを検索機能に使用しています。

 

この増加は、発展途上国における識字率の低さが音声コマンド使用率の高さに起因している可能性があります。

 

モバイル

 

最も興味深い進展の1つは、モバイル使用の急成長です。2019年1月現在のモバイルのユーザー数は468億人を超え、2018年から約1億人増加しています。

 

モバイルトラフィックは、2018年のインターネットトラフィックの52.2%を占め、2017年の50.3%から増加しました。

2021年までに、全世界のモバイルEコマースが、Eコマース全体の72.9%を占め、2017年の58.9%から増加すると予測されています。これは、Eコマースの約2.32兆ドルの売上高に相当します。

 

 

中国では、Eコマース売上の約75%がモバイル機器で行われています。さらに、82%の人がモバイル機器を使用して、購入の検討をしています。モバイルはまた、Facebookの広告収入の92%を占めています。

 

デスクトップ

 

PCの使用量は減少傾向にありますが、2018年には41%のトラフィックが、2022年までに19%に減少すると予測されています。2014年モバイルインターネット利用は、モバイルデバイス上でのネットタイムの合計がわずか24%でしたが、2019年には48%になりました。

 

ウェブサイトに関する統計

 

2019年4月現在、世界中に約15億のウェブサイトがあります。2018年第3四半期のドメイン名登録数は3億4200万件に上り、前年同期比で3.5%以上増加しました。全ドメイン名の43.59%が「.com」拡張子を使用しています。

 

GoDaddyは、2018年12月現在全ドメインの19.29%を占め、ドメイン名登録をリードしています。

 

WordPressは、59.7%の市場シェアと2,260万のアクティブサイトを持ち、コンテンツ管理システムCMSの世界を席巻しています。ニューヨークタイムズ、フォーブス、そしてフェイスブックブログはすべてワードプレスのサイトです。

 

最も訪問時間の長い上位5ウェブサイトは次のとおりです。

1. Google(平均訪問時間:8分17秒)

2. YouTube(平均訪問時間:8分43秒)

3. Facebook(平均訪問時間:9分43秒)

4. Baidu(平均訪問時間:7分15秒)

5. ウィキペディア(平均訪問時間:4分11秒)

おすすめ新着記事

おすすめタグ