マーケティング

マーケティング

2019年最新 ビジネスにおけるIoT: Internet of Things (モノのインターネット)のトレンドとリスクについて

MEREHEAD

DIGITAL WEB DEVELOPMENT AGENCY. We achieve higher results through cutting-edge technologies, dazzling design, and teamwork.

本記事は、Key IoT Trends in Business in 2019: Future, Risks
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

248 views

読了時間 : 約5分11秒

 

IoTの概念は一般的な未来学のトレンドの1つですが、他の概念とは異なっています。何が異なっているかというと – 彼女が事実すでに具体化し始めているということです。しかし、現時点では実生活に深く関わっていくために十分な条件が揃っていません。それは実際にコンセプトが導入されたところを見たいと思う開発者達の楽しみを先送りにしている一方で、2019年にそのような技術開発のトレンドに対して心の準備ができていない人々を安堵させています。

 

将来のIoTの開発に関しては、さまざまなコンセプトや理論があります。エリクソン・カンパニーの一員であるアレクセイ・ターキン氏の意見は非常に興味深いものでした。彼は、ウクライナ、ヨーロッパ、アジアのITビジネス開発責任者です。技術だけでなく、その観点やリスクを分析するスペシャリストです。

 

そもそも「IoT」とはどういう意味でしょうか?

 

IoTは、特殊な機器によってインターネットに接続されている物理デバイスのグローバルネットワークです。それらの機器は特別なセンサー、情報を伝達するための装置などです。デバイスは、情報の管理、プロジェクト管理と処理を担当するセンターに接続されています。

 

IoTだけの話しをすると、2000年代半ばに形になりました。グローバルネットワークに接続されているデバイスの数がユーザーの数を超えた段階を重要な時点と見なすことができます。

 

エリクソンによれば、昨年インターネットに接続されているデバイスは160億を超えました。2022年までに、それらの数は290億のレベルにまで増加すると予測されています。おそらく、180億が直接IoTのデバイスになるでしょう。この統計は、IoTがもはや単なる未来論ではないことを示しています。

 

どのような技術がコンセプトを実行するために十分でないのでしょうか?

 

IoTのより積極的な実装とそれに関連する多くのシナリオについて、アレクセイ・ターキン氏は今のことろ十分な5Gネットワーク環境が整っていないと述べました。専門家は、次のようなタスクには第5世代ネットワークが必要であると考えています。

 

– 遅延を減らす
– 多数の接続を同時にサポートする

 

それらの欠如はIoTのコンセプトを本格的に導入することを阻んでいます。予測によるとネットワークの開発によって、異なるスペクトル特性を有する装置の同時動作が可能となります。そのような目標は断片化することによって達成することができ、その各々は特定の必要性を目的とします。

 

ターキン氏は、以下が協力関係に含まれていれば、IoTの開発は現実のものとなると考えています。

 

‐ビジネス
‐ 官公庁
‐ 電気通信事業者
‐一般ユーザー

 

現時点では、IoTの繋がりが増えているにも関わらず、それらの取り組みについて話しをするには時期尚早です。ターキン氏は、将来私たちは多数の「スマートな」デバイスとロボットに囲まれ、彼らが世界を乗っ取らないように見張るだけになると冗談をいいます。上記以外の情報も併せて、IoTに関連するリスクは間違いなくあります。それらを考えてみましょう。暗号通貨をまだ知らない場合は、ここでそれを読んでおく必要があります。

 

IoTを積極的に導入することのリスクは何ですか?

 

IoTセグメントに関連する最初のリスクは、プライバシーの境界とプライベートスペースの侵害です。グローバリズムの強い傾向がある時代には、並行してそれに反発する感情も強くなります。そのうえ、彼らの上司はその場からかけ離れたところにいるか、または科学や技術の進歩を恐れている人々です。

 

2番目のリスクは、最初のリスクと多くの面で関連していますが、技術的側面の問題により関連しています。そのような開示性は人々をより脆弱にし、サイバー犯罪のレベルを高める可能性があります。専門家によると、IoTに接続されたデバイスの80%が、外部に対して脆弱性となるでしょう。どのような方法が保護のために提案され、それらがまた人の個人空間を侵害しないのかどうか?それは予測ですが、80%という率はかなり恐ろしいです。一般的に家庭用ガジェットは、ユーザーに関する重要な情報は規則により持っていませんが、このリスクは考慮する価値があります。

 

3つ目のリスクは、将来の技術開発に直接関係しています。すべてがアレクセイ・ターキンのスクリプトに従って進み、IoTセグメントが自動手術装置、産業用機器、または輸送手段(自動運転車のこと)の範囲に影響を与える場合、混乱やサイバー犯罪が怪我や死亡につながる可能性があります。そのため、ターキン氏はこのセグメントで問題の解決にはかなり根本的な対策が必要になると考えています。

 

すなわち:
– 厳しい排出規制
– カスタム設計されたセキュリティプロトコル

 

この領域が同じように成長するかどうかは時間によって明らかになります。しかし、それはそのような専門家の意見を考慮に入れる価値があります。それは分析のための良い基礎を与えます。

 

どの分野でIoTを使用できますか?

 

IoTの使用は、家庭の領域だけでなく業界にも向けられます。たとえば、自動化された食品物流システムとオンラインの気象監視は、飢餓問題の解決に役立つと思われます。この見解は、分析を行い、収穫された作物の約半分が最終消費者に届かないという事実を明らかにしたVerizonからのデータに基づいて発言されました。自動物流はこの問題に役立ちます。また、オンラインで気象条件を監視すれば、収穫の約25%を節約できると考えられます。しかしそのような考えは現時点では仮説のレベルに留まっています。

 

私たちが家庭の領域について話すならば、それはこのように働きます:エアコンはインターネットに接続されており、休暇から戻るとユーザーは遠隔でそれを点けて、帰り着く1時間前に特定の動作モードを設定できます。アパートや家に帰りついた瞬間には、すでに必要な温度レジームに提供されています。

 

IoTの急速な発展についてユーザー自身の意見はどうでしょうか?

 

IoT上の資料の下でユーザーのコメントを分析すれば、あなたは異なる意見を見ることができます。さまざまな分野のIoTの積極的な導入を支持する人もいます。日常生活の中でそのような技術に特別必要性を感じない人も沢山います。そのような人々は多くの場合、IoTが提供できる新しい機会に反対ではありません。しかし、彼らは技術の応用のための最良の分野は産業と医学であり、家庭レベルでは必要性はないと信じています。

 

もう一つの分野での反応も忘れることはできません。これらはサイバー犯罪、およびプライバシーの侵害(政府によるものも含む)を恐れている人々です。あなたは今最小の努力で他の人が家に持っているものを確認できるレビューを見つけることができます。もちろん、そのような脆弱性を好む人はほとんどいません。この問題について、80%のデバイスが外部に対して脆弱であると専門家は話しており、一般ユーザーの大半が同意します。

 

まとめ

 

今年の現在のIoTの開発について話してみると、この業界でのプロジェクトの大規模な実装について結論を出すには時期尚早です。IoTに接続されるデバイスの数は増えていますが、未来学の分野からのコンセプト自体は実用的な実装のセグメントに移行しているところです。

 

一般的な傾向は次のとおりです。
– IoT分野では、競争の激しさが増します。業界の機能に障害があると、多くの企業がそれを辞めることを余儀なくされます。不確実性に直面しても確固たる地位を保っている企業は残るでしょう。原則として、これはビジネスにとって非常に危険なステップです。

 

– 新しいIoTプラットフォームが登場します。他の人が公に利用可能になる一方で、いくつかは専門にされ、ビジネス志向になります。
– ハッカーはできるだけ多くのデータを入手しようとします。サイバーセキュリティ業界に少しでも知識のある人々にとって、そのような関心は非常に理解しやすいものです。そのような情報は、「ダークネットワーク」において大きな需要があります。
– ブロックチェーンとIoTは互いに統合されます。現時点では、この現象の見通しについて話すことは困難です。統合自体には前提条件がありますが、来年普及する可能性は殆どありません。インターネットリソース「Hightech」からのデータによると、2019年の初めまでに、ブロックチェーン技術に基づくIoTプラットフォームの数は5%に増加するでしょう。おそらく私たちは暗号通貨とIOTAのような取引所取引とをいくつか組み合わせて使うでしょう。
– 十分な技術的能力がないため、まだ多くのIoTプロジェクトを実施することはできません。来年中に劇的な変化は見られないでしょう。

 

IoTは現在かなり新しい分野です。もちろん、これらのアイテムとしてすでにおなじみのラップトップ、タブレット、スマートフォンが含まれないのであればです。アナリストはすでに業界の見通しの可能性についていくつかの情報を提供していますが、今後どのように業界が発展するのかは後でみていきます。

おすすめタグ